ツイートできない!原因と対処法は?まずは落ち着いて!

日常的にツイッターを利用している人は
とても多いと思いますが
そんなツイッターでツイートしようとしたときに、
当然「ツイートできない」という状況に
なってしまうと、焦る人もいると思います。

ツイートができない、という状況には
色々な原因が考えられます。

私も5年以上ずっとツイッターを使っていますが、
何度かそういう場面もありました。

こちらではツイッターでツイートできない場合の
考えられる原因と対処法をご紹介していきます。

原因と対処を知る!

ツイートできなくても、
まずは慌てず、冷静に対処するようにして下さい。

必ず何かしらの原因はありますし
原因によっては簡単に対応することもできます。
”ツイートができない”状況になってしまった場合
その原因としては、下記のようなものが
考えられますので、それぞれご紹介していきます。

また、どのようにすればツイートできるのか
という点についてもご紹介していきます。

初歩的なお話も多いですが
案外、慌てていると初歩的な部分をミスしていて
ツイートできなくなっている可能性も
ありますから、注意するようにして下さい。

文字数オーバー

ツイッターにおけるツイートは140文字までに
なっています。
そのため、この文字数をオーバーしていると
当然、ツイートができなくなってしまいます。
ツイート画面に残りの文字数が表示されているので
それを見れば一目瞭然ですが、
一応確認してみてください。
URLなどを添付すると、それでも文字数が
減るので、そこのところも注意です。

もしも文字数オーバーしている場合は
ツイートの文字を削るか、2回に分けて
ツイートするかして、文字数を減らすことで
ツイートできると思います。

同じツイートを送信している

ツイッターでは同じツイートを
繰り返し送信することができませんので、
同じツイートを繰り返している場合
「このツイートはすでに送信済みです」と
表示されてツイートを送信することができません。
時間が経てばツイートできるようになりますが
短時間(数時間空いていてもダメ)の間に
同じツイートをツイートしようとすると、
上のような文章が出て、ツイートできません。

例えば、
「いってきます!」と午前中にツイートして、
午後にもう一度出かける用事があったので、再度
「いってきます!」とツイートしようとすると
はじかれる、ということです。

この場合の対策としては
2回目に「いってきます!」と言う場合は
「いってきます!!」にするなどして
ほんの少しで良いので、ツイート内容を
変更することで対処しましょう。

制限されている

何らかのツイッター規約に引っかかったりするなどして
制限されてしまっている可能性も考えられます。
また、ツイッターの規約に引っかかっていなくても
「ロボットでないことの確認」をさせられることもあり、
そういった場合にはツイートが、確認を終えるまで
できなくなる可能性があります。

正常に画面が表示されているのに
ツイートできない、おかしいな、と感じる場合、
一度ツイッター画面を閉じて再度開いたり、
更新するなどしてみると、
↑のような、ロボットテストの画面になったり、
ロックされた場合はロックの表示が出てくることもあります。

ロボットテストの場合はただ、テストすれば
良いだけ(場合によってはチェックを入れるだけのことも)ですが
ロックや凍結の場合は、段階によっては
運営にメールなどを送り、解除してもらう必要が
出てきてしまう場合もあります。

更新したり、再度ログインしても
凍結やロック、テスト画面が出てこなければ
これ以外の可能性であるかと思います。

ネットが切断されている

あなたのネット環境が
何らかの理由で切断されてしまっている
可能性も考えられます。
ツイッターを開いたときまではネットに
繋がっていたけれど、その後
接続が切れてしまった状況ですね。

ネットに繋がっていなければ、当たり前のことですが
ツイートすることはできません。

お使いのネット環境によって確認すべき点は
異なりますがネットがちゃんと繋がっているのかどうかは
確認しておきましょう。
ツイッター以外のサイトにもアクセスできなくなっていれば
ネット環境に何か問題が起きています。

画像などの添付が上手く行っていない

画像などをつけてツイートしようとしている場合で
それがツイートできない!というのであれば
他のツイートができるのかどうかを確認
してみてください。

もしも、画像をつけずにツイートすることが
できるのでれば、
画像のサイズが大きすぎるなどの
問題があるのかもしれません。
他の画像でも試してみて、
それはツイートできるのであれば、
画像自体に問題があると考えるのがふつうですね。

また、不具合で画像つきツイートが
出来なくなってしまうようなこともありますが、
これは後述のように、
個人では何もすることはできませんから
ひたすら復旧を待つ、ということしかできません。

ツイッター自体のトラブル

ツイッター自体に障害が起きてしまい
ツイートが出来なくなることもあります。
一部地域だけだったりすることもありますから
「他の人がツイートできている」状態でも
障害が起きている可能性は十分にありますし
全国規模で一時的にツイートできなくなるようなことも、
最近では一度ありました。

そういった場合は「待つ」しかありません。
基本的にツイッターで障害が発生してしまった場合
個人でどうこうすることはできませんから
対策としては「待つ」ことしかできません。

もしもどうしても誰かに何か連絡を
しなければ!という場合、
ツイートができないならDM、DMも使えない
状態になっているのであれば
他のSNSで繋がりがあれば他のSNS、という感じで
他の連絡手段を探すしかありません。

ブラウザやアプリが古いケース

お使いのブラウザやツイッターアプリが
古く、何らかのバグが発生してしまっている、
と言う可能性も考えられます。
この場合に関してはブラウザやアプリを
更新することによって、
症状が回復する場合があります。

自分がどのようなブラウザ、アプリを
使っているのかは人によって
様々だと思いますが、何故かツイートできない、
原因も分からない!という場合は
一度ツイッターのアプリを削除して
再度インストールを行う、などの方法を
試してみると、良いかと思います。

URLに問題があるケース

URLをつけたツイートをした際に
ツイートができなくなる場合、
そのURLに問題がある場合があります。

これは、ツイートが有害なURLだと
ツイッター側が判断していることによって
起こります。
「他のサイトのURL」をツイートしてみて
ツイートできるのであれば、
ツイートできなかった方のURLが有害だと
判断されている、ということです。

もしも他のサイトもダメなら
一時的な障害である可能性の方が高いので
しばらく時間を空けて、またツイートしましょう。

なお、URLが有害だと判断されてしまっている場合
ツイッターのヘルプセンターに問い合わせるか
(本当に有害なサイトの場合は諦めて下さい)、
URLの短縮のサービスなどを利用することで
対処することができます

まとめ

ツイートできない原因として考えられるのは
このあたりの原因になります。
それぞれの項目を確認してみて
思い当たる部分があるのであれば、
その対処をしてみましょう、

が、最終的にどうにもならない場合は
対応に時間がかかる場合もあると思いますが
ツイッターのヘルプセンターなどに
相談を行ってみるしかありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする