マスク転売は違法じゃないの?対策方法を徹底解説!

この記事は約6分で読めます。

マスクの転売…
新型肺炎に伴い、
マスクを大量に買い占めて
それをネットで高値で売りつける
行為などが蔓延しています。
(今回は新型肺炎の際に書いていますが
今後も新型ウイルスなどが流行したり
既存のインフルエンザなどが大流行したりすれば
同じことが起きるでしょう)

オークションサイトや
メルカリなどを除いてみれば
分かると思いますが、
恐ろしい値段で出品されているマスクや
救いようのない商品説明などが
書かれているものもあります。

では、マスクの転売は違法ではないのかどうか、
何か対策する方法はないのかどうか、
それを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

法律上問題はないのかどうか?

倫理的な部分などをすべて排除して
法律上だけでお話しするのであれば、
残念ながら「問題はありません」。
マスクを大量に購入すること自体に
(お店が禁止していなければ)
違法性はありませんし、
マスクをネットオークションなどで
販売すること自体も、違法性はありません。
定価よりも高額で売る場合も
騙すような行為をして売っている場合は
別ですが、最初からその値段を掲示していて
購入者側がその値段を見て買う場合は
違法行為とするのは、おそらく無理でしょう。

そのため、法律上は
「問題がない」ということになってしまいます。

違法にすることはできないの?

これは、現時点では
難しいことかと思います。
せいぜい、「マスクの転売をしないでください」と
発言することが、行政などで対応できる
限界になるでしょう。

と、いうのも、現時点では転売を
取り締まる法律はないからですね。
急に法律を作ることはできないでしょうし、
現時点でマスクの転売を禁止することは
不可能かと思います。

スポンサーリンク

今後、法律で転売を阻止することは?

これも、結構難しいことであるかと思います。

転売そのものを禁止する、
ということは厳しいでしょう。

「転売目的なのか」
それとも「純粋にいらないものを売っているのか」
この境界線が非常に難しいからです。
厳しい法律で取り締まることは可能ですが、
それをやってしまうと、自分のいらないものを
中古で売ったりすることもできなくなりますし、
転売目的ではない転売…
(例えば人からもらったとか、買ったけどいらなくなったとか
懸賞で当たったとか、ポイントで貰ったとか)も
アウトになってしまいます。
そうなると、悪質な行為をしていない人にも
影響が出てしまうことになりますから、
厳しい法律で取り締まることは現実的には
難しいはずです。

そうなると、”悪質な転売”をピンポイントで
法律で制限する、ということになりますが、
緩い制限だと、悪質な転売をする人間は
必ず抜け道を見つけますし、効果が出るのか疑問です。

と、いうことで、法律的にマスク転売を
阻止するというのは
今後も現実的には厳しいでしょう。

サービス側で対策する

対策方法としてはまず、
サービス側で対策する、ということです。

オークションサイトやメルカリなどのフリマアプリなど
そういったサービスの運営側が対応することです。
例えば、マスク転売は、メルカリが控えるように
通達を出していますし
悪質なアカウントは削除する可能性があるとしています。


快適 マスク ふつうサイズ 65枚

明らかに”こいつは転売だ”と思えるような
出品者のアカウントを削除するなど、
オークションサイトなどで対策を強化することで
ある程度の効果は望めるでしょう。

これであれば法律が変わらずとも、対応できるはずです。

ただ、ヤフオクやメルカリなど以外にもたくさん
そういうサービスはありますし、
個人で売ることも不可能ではないですから
完全対策は難しいと思いますし
「どこからを転売と扱うか」の見極め
運営の負担、それに伴うトラブルなども
あると思いますが
厳しく対応することで
一定の効果は出せるのではないでしょうか。

店側による対策

マスクを販売するお店側も
対策をすることができます。
既に対策されているお店もあり、
購入制限などをかけているお店も
ありますね。

もちろん、購入制限をかけても
転売屋は、多数のお店を回ったり
購入制限をかける前に
(転売してる人は情報収集能力が高いので
品薄が騒がれ始める前に大量購入したり
することも多いようです)買ってしまったり
することもありますが、
それでも購入制限は一定の抑止になるでしょう。

普通の範囲内で購入する分のマスクの数を
考えて、それに応じた対応を
店側がしていく、ということも
大事なことのひとつになるはずです。

私も店員経験(マスクは関係ないですが)が
ありますが、明らかに転売屋だなコレ…
って人は結構分かりますから、
購入制限をかけることで
お店側も、一定の転売屋対策を
することができます。

まぁ、お店としては転売屋だろうが
何だろうが売上的には
あまり変わらない(カードを使われれば別)ですが、
やはり、対応できるのであれば
した方が、望ましいのは事実ですね。

スポンサーリンク

個人で出来る対策

個人で出来ることは限られています。
お見せやネットサービス運営者のように
転売屋にある程度のダメージを
与えることはなかなか難しいです。

とは言え、個人でも
転売屋対策をすることは
可能と言えば可能です。
一人の力ではどうにもなりませんが
多くの人がそういう対応をできるようになれば
転売屋は全滅します。

対策としては「買わない」ことですね。
転売屋が商売できるのはなぜか。
それは転売屋から買う人間がいるからです。
誰も転売屋を相手にしなくなれば
当然、転売屋は商品を手に入れても
売るルートが無くなり、最終的には
消滅するでしょう。
ですが、世の中には転売屋から買う人が
たくさんいます。
転売屋から買う人こそが、転売屋の
エネルギー源になっているので、
「買わない」ことを徹底すれば、
転売というものは無くなるわけです。

もちろん海外に売るだとか、
そういう手段もあるとは思いますが
それでも、国内で「誰も買わない」ようになれば
かなりの大打撃となり、
転売屋の数は大幅に減るでしょう。

と、いうことで
定価を超えている商品に関しては
「一切買わない」ということを
徹底するのが、個人ですることのできる
1番の転売屋対策になる、というのは
紛れもない事実です。

転売屋から買いたい!と思ってしまわないために
大事なことは、日ごろからある程度備蓄しておく、
ということですね。
マスクの場合、1箱や2箱程度買っておいておくだけでも
だいぶ違いますし、
1、2箱あれば(医療関係者や仕事で使う場合除く)
万が一何かがあって品薄になっても
品薄が解消されるまで、ストックのマスクで
持つでしょう。

普通の時に、数箱購入する程度では
品薄を誘発することには
繋がらないですから安心して買って大丈夫ですし、
備えをしておけば、品薄になっても
慌てる必要もなく(永遠に品薄が続くことはないですからね)
転売屋から買う必要もなくなるわけですし
マスクがなくて困ってしまう、ということにも
ならないわけです。

普段から自分の用途に応じて
ある程度のストックをしておき、
「転売屋からは一切買わないようにする」
ということが、個人ですることのできる
対策になりますし、
とても大事なことになってきます。

まとめ

マスクを転売すること自体は
残念なことですが違法にはできないのが
現状です。
法律の改正なども期待はできそうにないですし
難しい感じなので、
お店・ネットオークションなどのサービス・個人で
それぞれ対策を行い、
転売が困難な状態にしていく、
ということが一番の近道になるかと思います。

ただ、現実的には、なかなか難しいのも
事実(1か所や一人がやっても、他が対策しなければ
結局、打撃にはならない)なので、
厳しい状況は今後も、続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました