結婚適齢期はいつ?時代によって変化する適齢期!

結婚適齢期(けっこんてきれいき)

皆様はいつだと思いますか?

これは、正直言ってしまえば
勝手に騒がれているだけのものであり、
「何歳までに結婚しないといけない」ということは
ありませんし、結婚しないこと自体が責められる、
だとかそういうことでもないと思います。

昔は結婚しないと~、みたいな流れもありましたが
現代においては結婚はあくまでも自由であり、
”生涯独身”という選択を選ぶ人が増えてきた、
というのも事実です。

では、現代における適齢期とはどのぐらいなのか、
それを見ていきたいと思います。

結婚できる年齢

結婚できる年齢はいくつからなのか。
基本中の基本ですが、
現代においては男性18歳から、女性16歳から
結婚することが可能になっています。

が、成人年齢の引き下げが行われる(18歳から
成人扱いになります)ことから、
この年齢にも見直しが入る見込みで、
2022年をめどに、男女ともに結婚は18歳から
ということになるようです。

一方、結婚の上限年齢と言うものは
存在していませんから、50歳でも60歳でも、
極論を言えば100歳でも、
お相手が見つかって、ちゃんと手続が出来るのであれば
いつ結婚しても構わないわけです。

あまり早すぎると…

確かに18歳・16歳から結婚できるとは言え、
現代ではあまり早すぎる結婚は、逆に
色眼鏡で見られる可能性もあります

「何かあったのかな…」だとかそういう風に
見られてしまうわけですね。
昔では、そのぐらいの年齢でも決して
早くはなかったかと思いますが
感覚的に、現代だと20前半での結婚でも
「早い」と感じられる風潮があると思いますから
20を超える前に結婚することは、とても速いですし
あまり一般的ではなくなりつつあるために
逆に変な目で見られてしまったり
そういうイメージをもたれてしまう危険性は
高いのではないかと思いますし、
実際に私の勤務先では、18で結婚している
アルバイトスタッフさんがいましたが、
最初は「嘘」だと思われていたぐらいです(汗)

変な噂にもなっていました。
仮に何かがあったのだとしても、
何も無かったのだとしても、
そういった偏見を持たれる可能性は
充分にある、ということになりますし、
そういった部分からも考えると
”あまりにも早い結婚”は
適齢期、とは言えないでしょう。

遅いと子供は諦めるしかなくなる

結婚は何歳でも自由ですが
(18を超えている必要はありますが)、
年齢を重ねれば子供を作ることは
難しくなります。

産む側の年齢にしてもそうですし、
あまり年齢を重ねると、
親としての務めを果たすことも
難しくなります。

そのため、もしも子供が絶対に欲しい!
というのであれば、ある程度
早い段階での結婚は必要になるでしょう。

ただ、結婚ってしようと思って
簡単にできるようなものじゃないのも事実です。
行動しないと出会いもないのは事実ですが、
どんなに結婚を目指しても、こればっかりは
運の要素もありますから
子供が欲しい!欲しい!と思っていても、
結局、結婚することができずに
年齢を重ねてしまう、という人もいるでしょう。

子供のことを考えるのであれば
30歳前後ぐらいまでには結婚して、
というのが体力面なども考えると、
最適なのではないかと思います。

もちろん、それ以上でも子供を授かることは
可能ではありますが、どんどん確率も
下がって行きますから、その点も
考えておかなくてはなりません。

ただ、これは
あくまでも”子供が欲しい”場合のお話です。
子供について特に考えていないのであれば、
特に急ぐ必要もないと思いますし、
40歳でも50歳でも、何歳でも
結婚しようと思ったそのタイミングこそが
結婚の適齢期なのではないかと思います。

子供ができないのに結婚する意味はあるのか?
なんてことを言う人もいると思いますが、
逆に、子供がいなきゃ結婚する意味はないのか?と
聞き返したいところです
子供のことを視野に入れない結婚であれば、
別に急ぐ必要は何もないでしょう。

結婚したくなったらする、でいい

結婚なんて、無理してするものではありません。
無理して結婚して、一生後悔するようなことに
なってしまう可能性も十分にありますし、
幸せとは程遠い家庭になってしまう可能性もあります。

また、時折、婚活に狂ってしまって
他のことが手つかずになってしまったり
婚活自体がストレスとなってしまうような人も
見かけますが、そこまでする必要はまったくもってありません。

自分が結婚したいか、
それとも現状では特に何も思わないか。
これが一番大事なことです。

世間的な結婚適齢期の意見は
色々とありますが、
そんなことに惑わされていては時間の無駄です

いつ適齢期か。

これは
「自分自身が結婚したいと思えた時」であると思います。

結婚する気が湧かないのであれば
何も無理する必要はありませんからね。

もちろん、自分が結婚したい時に、
相手がいないのであればまず相手探しには
なりますが、したいと思ったときに
結婚のための行動をする、ということで
良いのではないかと思います。

決して、誰かに強要されたりして
するべきものではありませんからね

世間体的な適齢期は?

自分自身の結婚適齢期は
自分が「結婚したい」と思ったとき。
それで良いかと思います。

では、世間体を気にするならば、
どうなるのでしょうか。

まず、最初にも書いた通り結婚は18歳(16歳)から
可能になっていますが、
正直、あまり早く結婚しすぎると、今の世の中では
「早い」「何かあったのか」とそういう印象に
繋がってしまいます。
世間体を考えるとなると、あまり良いタイミングでは
ないかと思います。

では、20歳を越えたらどうか。

これも、最近では「早い」というイメージを
持たれるパターンが多くなってきているかと思います。
まだまだ経済的にも不安を持たれる年齢ですし
昔とは違って晩婚化も進んでいますから
あまり20前半での結婚、ということも
一般的ではなくなりつつある、というのが
現在の世の中であるかと思います。
今後も、この傾向はさらに強まるかもしれません。

と、するならば、25歳~35歳…
このぐらいが世間的な結婚適齢期…
ということになるのではないか、と思います

逆にそれ以上の年齢になると、今度は
偏見などが心配な点の一つです。
独身者に対する偏見は消えてきているとは言え、
やはりまだまだ変形を持っている人はいます。

特に30代後半だとか、そういったタイミングだと
結婚を急かされたりそういう人も出てくるかもしれません。

結婚するつもりがなければそのままスルー
しているしかありませんが、ある程度の年齢に
行くまでは周囲は少し騒がしくなりますが
我慢しましょう。

40、50となれば、誰も何も言わなくなるでしょう。

もちろん、その後も結婚しちゃいけない!という
決まりはありませんから、自分自身で急に
結婚に対する考え方が変わったりしたら
別に結婚したって良いですし、
世間的な適齢期なんて、別に気にしなくたっていいのです。

自分が適齢期だと思っているのであれば
そのタイミングが適齢期なのですから…

まとめ

結婚適齢期は、具体的な決まりはありませんし、
時代によっても変化していくでしょう。
実際に現代における結婚適齢期は昔と比べると
遅くなっていると言えます。

ただ、適齢期云々に惑わされることなく、
自分自身が結婚したい!と感じるタイミングこそが
自分の結婚適齢期ですから、
あまり世間体世間体気にするのではなく、
じっくりと考えて行動することをおすすめします。

できなきゃできないでいいや、ぐらいの方が
変に気負ったりもせず、楽かもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする