お店の「空いている」時間はいつ?混雑を回避するポイント!

この記事は約6分で読めます。

お店の「空いている時間」はいつなのか。

気になる人もいると思います。

確かに、お店が混雑していると
なかなかのんびり店内を見ることができなかったりしますし、
待ち時間なども長くなってしまって、
あまり良いことはないと思います。
(お店側からしたら、常に空いているのも問題ですが…笑)

では、”少しでも空いている時間”に
お店を利用したい!という場合は
どうすれば良いのでしょうか。

その点について、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

混雑している時間帯はお店によって異なる

まず、全てのお店が
「この時間なら空いていますよ」という
時間帯はザンネンながら、あまりありません。

お昼以降~夕方ぐらい等々
「空いているお店が多い時間帯」は
ありますが、それでも、お店によって
取り扱いしている商品も違いますし、
客層も、セールなどの時間帯も異なってきますから
「絶対にこの時間なら空いている」
と、全てのお店に共通している時間帯は
存在していません。

お店ごとに混雑している時間帯は異なるので、
混雑していない時間帯にお店を利用したいのであれば
それぞれのお店ごとに「この時間帯なら
空いているかな?」という時間帯を
自分なりに見つけていく必要があります。

見極めのポイントをそれぞれ見ていきましょう

お昼前後は混雑しやすい

お店にもよりますが
”お昼前後”は比較的混雑しやすいです。

何故なら、昼食を食べる時間帯だからですね。

飲食店は当然、混雑のピーク時間の一つですし、
スーパーやコンビニなど、昼食になるものが
売られているようなお店は、
当然ある程度混雑してしまいます。

また、会社などの”休憩時間”と重なるために
食料品以外が売られているお店も、
オフィス街などである場合や、
近くに大きな会社がある場合などは
休憩中の方が買い物に来るなどして
混雑する可能性も十分にあります。

もちろん、↑に全く当てはまらないような
お店の場合はあまり変化がない場合も
ありますが、お昼前後は、お店の種類によっては
大混雑することになるので、
注意が必要です。

スポンサーリンク

夕方以降~夜のはじめの時間帯

これも、混雑しやすい時間帯です。

理由としては
「晩御飯の買い物」に来るような人が増える時間帯で
あることや、
「仕事帰り」「学校帰り」の人が
買い物にやってくるため、
特に平日は、そういう人が一斉に自由な時間
(仕事や学校が終わったことによって)に
突入しますから、どこのお店も混雑しやすくなります。

生活必需品などを取り扱っているスーパーなどは
勿論ですし、
娯楽商品などを扱っているお店も、
会社帰りなどによる人はいるでしょう。

ゲーム店やカードショップなど、
”学校帰りの子供たち”が集まりそうなお店も
この時間帯にはかなり混雑しますので
混雑を回避したい場合に関しては、
注意が必要ですね。

当然、飲食店などに関しても、
仕事帰りの人や、学生さんなどで、
ある程度混雑することが多いです。

特に通勤通学の人が通るような道にあるお店だと
混みやすいですね。

開店直後

開店直後のタイミングは、お店によっては
混雑しやすいタイミングです。

特に、激安のお店や、
評判のお店などは、開店時間前後は
かなり混雑している可能性もあるために、
注意が必要な時間帯の一つです。

書き方はあまりよくないですが
「それほど人気のないお店」は
寧ろ開店直後も空いているのですが
人気のあるお店の場合は、
開店直後は特に混雑しやすいタイミングの
一つになっていますから、注意が必要なのです。

開店直後のラッシュが終わる時間帯を
見計らってそのお店を利用する、
というのが有効的な対処法の一つに
なるのではないでしょうか。

そのお店独自のセールなどの時間帯

お店によっては「タイムセール」など
特定の時間に商品を安売りするような
セールをやっているところもあります。

また、飲食店などの場合でも
ランチタイムなどなど、時間限定の
メニューなどが存在する場合がありますね。

そういった時間帯は
全く人気のないようなお店なら別ですが
ある程度利用者がいるようなお店の場合は
やはり、混雑しやすいです。

タイムセールなどの最中には
場合によっては大混雑する可能性もあるので、
タイムセールの商品を狙うのであれば
話は別ですが、そうでない場合は
そういった時間帯は避けるのも、一つのポイントです。

スポンサーリンク

お店ごとに「混雑しやすい時間」も考える

お店の取り扱い商品や
形態によっては、↑で紹介したような時間帯以外にも
混雑する可能性は、当然あります。

自分が利用しようと思っているお店ごとに
「そういった事情がないかどうか」考えてみて
「この時間は混雑するな」というような
時間があるのであれば、
混雑を回避したい場合は、その時間を回避しましょう。

情報収集も一つの方法

お店がどの時間に混雑するかどうかは、
最初にも書いた通り「お店」によって
大きく異なります。

↑で書いたような時間帯が、全体的に混雑しやすい
時間帯ではありますが、
それ以外の時間帯が混雑するお店も当然ありますし、
上に書いたような時間帯でも混雑しないような
お店もあります。

こういった点は、お店ごとに色々異なるので
「そのお店はどうなのか」を調べるしかありません。

有名なお店であれば
大体の目安の時間帯(混雑具合)が記載されていることも
多いですが、
マイナーなお店の場合は、自分で実際に足を運んで
感覚的にだんだんと覚えていくしかない場合もあります。

混雑状況を確認できるサービスを提供しているような
お店もあるにはありますが
これは稀なので、最終的には個人個人で感覚を
掴んでいくしかありません。

チラシ・人気商品発売日は終日混むケースも

「例外」で終日混雑するような日や、
「いつもは空いている時間帯」にも混雑するような日も
あります。

その「例外」についてもお話していきます。

・チラシが入った日
スーパーなど、チラシが入った日は
「いつもは空いている時間帯」であっても
混雑する場合があり、いつも以上にお店が
混みあっている場合があります。
チラシの特価商品目当てであれば
仕方がありませんが、そうでない場合は
日付をずらすのも方法の一つです。

・人気商品の発売日
そのお店に関係する人気商品の発売日は
開店直後を中心に、終日混雑する可能性が
ありますので、混雑を回避したい場合は
注意をしてください。
例えば、本であれば人気漫画の最新刊が発売された日、
ゲームであれば人気ゲームの最新作が発売された日、
などなどこういった日は混雑しやすいです。

・時期的なもの
お店によってはクリスマスシーズンに混雑したり、
年末年始に混雑したり、
特定のイベントの際に混雑したりすることもあります。
このような場合は、その時期に利用したいのであれば
諦めるしかありませんが、
もしも別の時期でも良いのであれば
↑のような時に混雑してしまいそうなお店は
利用を避けるなど、自分自身でうまく工夫していきましょう。

このような「例外」についても
しっかりと理解しておきましょう。
↑のような条件に当てはまってしまう場合は、
普段は混雑していない時間帯であっても
お店がいつも以上に混雑しているような可能性も
十分に考えられます。

まとめ

お店の混雑している時間帯を
避けるためには、上のようなポイントを理解した上で、
あとは、自分の利用しようと思っているお店ごとに
「このお店は何時ごろが空いているのか」を
利用するうちに、理解していくことが
大切になります。

もちろん「運」の要素もありますが
「大体この時間が空いている」ということは
同じお店を利用していると、
だんだんと見えて来るかとは思います。

タイトルとURLをコピーしました