深爪の原因とは?予防方法と深爪が招く最悪の結果!

日常生活

店員Kです!

皆様は深爪になったことはありますか?
私は何回か深爪になったことがあります。

深爪になるととても痛いですし、
気分の良いモノではありません。

今回は深爪についてまとめていきます。

深爪になってしまう原因、
そして深爪にならないための予防方法、
深爪になっていると、どうなってしまうのか、
それらを見ていきましょう。

深爪とは?

深爪とは、爪を短く切りすぎてしまった状態のことです。
爪には白い部分があると思います。
あれをほとんど切りすぎてしまった状態が「深爪」ですね。

深爪なんて、どうでも良い!と言う人も居るかもしれませんが
私も経験があるのですが、集中力を欠いてしまうぐらいの
痛みが出てしまうこともあります。

深爪を甘く見てしまうと、
大変な結果を招くこともありますし、
油断はならない存在です。

深爪について、見ていきましょう。

深爪の原因は?

これは単純に「爪の切りすぎ」です。
ついつい爪を短くしたい!と思ってしまうかもしれませんが、
程よい長さにとどめておくことをおすすめします。

もちろん、爪を伸ばしすぎれば伸ばしすぎた場合の
問題もあります。

ですが、深爪には深爪の問題点もありますから
気をつけなくてはなりません。

原因をまとめておくと

「爪の切りすぎ」
これは自分自身の切り方によるものですね。
ついつい爪を切ってしまう気持ちも分かりますが、
程よい長さにとどめておくことをおすすめします。
短く切ってしまう癖がある場合は、
少しずつ、切る量を減らしていくようにしましょう。
いきなり切る量を大幅に減らすのは大変でしょうから、
少しずつ切る量をセーブしていきましょう。

「爪を噛むことによる深爪」
指の爪を噛むクセがある人も居ますよね。
爪を噛む行為を頻繁に繰り返していると、
爪が削れていき、結果的に深爪になってしまう
可能性もあります。

原因としてはこの2つでしょうか。
あとは何らかの原因で、爪を傷めてしまった場合も
考えられますが、
主な理由としてはこの2つだと思います。

深爪の予防方法は?

深爪の予防方法としては、
「爪を短く切り過ぎないこと」
そして「爪を噛むクセを直すこと」この2つです。

上でも書いたとおり、爪を切るにしても、
爪を噛んでいるにしても、一度クセになってしまっている
ことを直すのは容易ではありません。

ですが、爪を短く切りすぎることと、
爪を噛むクセ、どちらか一つでもあると深爪に
なってしまう可能性は高いです。

なので、少しずつでも良いので意識して、
爪を噛んだり、短く切りすぎたりしないようにしましょう。

切るのは、自分で切るときに注意しないといけませんが、
噛むのは、手袋などをしておけば、ある程度予防することが
できます。

たとえ、無意識で爪を噛んでいるのだとしても、手袋を
していれば「あっ!」ってなると思いますからね…。

だんだんと噛まないようになってきたら、
手袋を外すなどしましょう。

爪の白い部分が多すぎる場合や、特殊な条件でどうしても
深爪になってしまう!という場合は医療機関に一度
相談してみるのも一つの方法です。

深爪になってしまったら?

深爪になってしまった場合は、なるべくその部分を
傷つけないようにしましょう。

爪の部分は、非常にデリケートな部分なので、
扱いには気をつけましょう。

菌による感染なども起きかねないので
なるべく手を汚いままにしないようにすること、
痛みが強い場合などは、市販の消毒液などを使って、
消毒しておくことなどをおすすめします。

また、深爪になってしまった部分に
絆創膏を貼っておくのも良いと思います。
特に、指を使う仕事などをしていたり、
手が汚れる仕事などをしている場合は、
そこから菌が入り込んでしまう可能性もあるので、
要注意です。

後は放っておいて、爪が伸びて来るのを待つしかありません。
爪をかじるクセがある場合は、それ以上爪を噛んでしまったり
しないように注意しましょう!

深爪から起きること

深爪になってしまうと起こりうる可能性のあること…。
一つは「痛み」ですね。
私も深爪になったとき、一度だけ結構な痛みになって
しまったことがあります。
集中力がそがれるぐらいの痛みではあったので、
結構日常生活の邪魔になります。

…大抵の場合は「痛み」だけで済むとは思いますが、
場合によっては菌が感染することによる、腫れを伴う痛みや、
爪が巻いてしまう巻爪の現象などが起こってしまうことも
あるほか、最悪の場合はそれらが原因による
歩行に支障が出る事例などもあるようです。

恐ろしいことですね…。

上でも書いたとおり、ほとんどの場合は「痛み」程度の
症状で済むものではありますが、
重症化してしまう可能性も0ではないので、
そこのところにはしっかりと注意して、
深爪を繰り返さないようにすることが大切です。

まとめ

深爪も侮ってはいけません。
侮っていると、後々、重要な結果を招いてしまう可能性もあります。

歯でもそうですし、
爪でもそうですが、
全体からすればとても小さな部分でも、
そこから発される痛みというのは尋常じゃないこともあります。

本当に、集中力が削がれてしまうような痛みに
襲われることもありますから、
爪でも歯でも、侮ってはいけません。

深爪に繰り返しなってしまう場合は、
爪きりや、噛むクセがある場合はそれを改善することで
深爪防止できる場合がほとんどだと思いますから、
自分で意識して注意するようにしましょう。

コメント