リッチな生活など夢のまた夢。その日暮らしの自営業!

店員Kです!

自営業を始めたいと思っている皆様。
自営業になればリッチな生活ができる!
なんて思っていませんか?

実は、自営業の世界はそんなに甘くはないのです。
リッチな生活どころか、本当に”その日暮らし”の状態に
なってしまうことも多く、
実際に自営業者の多くは何年もしないうちに
倒産しています。

それが現実であり、
その日暮らしをするのがやっと、という自営業の人が
非常に多いのが現実なのです。

自営業の実態をご紹介していきましょう。

生活していくのがやっと…!

これが、多くの自営業者の実態です。
本当に生活していくのがやっと…、ということですね。
なぜ、そんな風になってしまうのか。

それは、
自営業の世界が厳しい世界だからです。
もちろん、準備不足だったり、
やっつけで開業してしまって失敗する人もいるのですが、
多くの場合はそうではありません。

色々な調査をして、
準備をして、万全な状態で開業するのに失敗
してしまうのです。
そして、その日暮らしの生活が始まってしまうわけですね。

リッチな生活からは程遠いその日ぐらしの生活。
本当に、1日1日やっていくのがやっと。
そういう生活になってしまうのです。
悲しいことですが、それが、現実です

その日すら暮らせないことも…

もっと言えば”その日暮らし”が出来ていれば
まだ良い方だと言っても良いでしょう。

自営業者の中には
”その日暮らし”すらできない人も少なくはありません。
そう言った意味では、まだその日暮らしが出来ているだけでも
幸せなのです。

”自営業はその日暮らしがやっと”
そんなことしか書いていないと、
まぁ、最悪の状態になってもなんとかなるだろう、と
楽観視してしまう人も出てくるかもしれませんが、
それは間違いです。
その日暮らしすらできない人も居ます。

借金まみれになってしまったり、
生活を維持することが出来なくなってしまったり、
最悪の場合、自ら命を…なんてことになってしまうケースも
あるのです。

もし、自営業の道に進もうと考えるのであれば、
最悪中の最悪まで、考えなくてはいけないのです。
そうでなければ、後で後悔することになります。
必ず、地獄の底まで見てから、
自営業を始める決意をすることをおすすめします。
失敗した自営業者の末路は
”その日暮らし”などではありません。
もっともっと、深く、辛い末路が待っているのです。

輝いて見えるのはどうして?

中には、自営業者が輝いて見える!という人もいるでしょう。
ですが、それにもからくりがあるのです。
自営業の世界は光り輝く世界などではありません。

それでも、なんとなく羨ましく思ってしまう
気持ちは分かります。
しかし、それには理由があるのです。

まず一つは現状への不満。
サラリーマンだったり、その他だったり、色々あると思いますが
現状に満足していないと、別の世界が綺麗に見えてしまうものです。
隣の芝生は青い状態でしょうか。
自営業も、外から見える良いものです。

次に、成功談のお話。
ネットなどを見ていると、成功談だったり
輝かしい生活だったり、そういうものをよく目にすると思います。
テレビのニュースなどでもそうです。
ですが、これに騙されないで下さい。
なぜ、成功談が多いか。それは成功談の方が美談になるからです。
注目を集めますよね?
また、失敗した人は「失敗しました~!」なんてわざわざ
言いたくない人も多いと思いますし、
そもそもそういう精神状態じゃなかったり、余裕のない人も
多いのです。
そういった理由からも、成功談の方が、自然と多くなり、
”成功している人が多い”と錯覚してしまう人が多いのです。
実際には、そうではありません。
失敗している人が多いのです。

最後に、周囲のお話。
自分の知り合いや、よく行くお店などの自営業のお話から、
自営業は良いものだと勘違いしてしまっていませんか?
しかし、人間はプライドや見栄の塊です。
周囲にいる自営業者は見栄を張っているだけで
実際には赤字かもしれません。
言葉だけを鵜呑みにして信じない方が良いですよ!

こんなところでしょうか。
輝く世界に見えるかもしれませんが、
自営業の世界と言うのは、これまでに多くの自営業者を
飲み込んできた「魔物」です。
その魔物に自分が飛び込む勇気はあるのかどうか、
よく考えて決断することです。
本当に厳しい世界だということを忘れてはなりません。

どのぐらい苦しいのか?

自営業はどのぐらい苦しいのか。
イマイチ実感のわかない人も多いかと思います。
その一端をお話します。

その日暮らしとは、
その日暮らしていくのもやっとの状態です。
正直、その日暮らしだとしても、
自営業の状態を維持できる、ということは
実は”まだマシ”な部類に入るのも事実です。
本当に苦しい状況では”その日暮らし”すらできませんからね…。

まず、自営業者の中には、
自分の仕事をやりながら、アルバイトをしたりしている人も居ます。
これは何故か。
簡単に言えば、そうしないと生きていくだけのお金を
稼ぐことができない、ということになります。

生きていくためのお金を稼げなければ、
それで稼いでいくしかありません。
ただ、それをすると2つの仕事をやっているようなものになりますから
かなり厳しい状態になってしまうのも事実です。

実際に、アルバイトを掛け持ちしていようと、
していなかろうと、
休みナシで働くことになってしまうような自営業者の方は
結構存在します。
何故、休まないのか。
それは、ブラック企業とは異なる理由です。
”休まない”のではなく、”休めない”ということですね。

休めば、お金が手に入らない。
だから、休めない。

そうして、サラリーマン時代よりも
厳しい環境で働くことになってしまう、なんてことも
実際にあるのです。
自営業になれば、時間の自由が効く!みたいなイメージを持つ人も
いるかもしれませんが、あまりに生活が苦しくて、
ずっと仕事をしていなと生きていけない、
ずっと仕事をしていて、ようやくその日暮らしが出来る…!
そんな過酷な状況下で働くことになってしまう人もいるのです。

また、食事面にも影響が出る可能性も。
お金が無くて昼食を抜いたり、
昼食におにぎり1個にしたり、
そういうような影響も出てきます。
まさに、その日暮らしです。

そして、おにぎり1個でも食べることができていれば、
それはまだ幸せな方だということも事実です。
おにぎり1個すら食べられないほどに苦しい生活を
強いられる人も実際に自営業者には居ます。

本当に苦しい世界

自営業の世界に飛び込むのであれば
本当に苦しい世界であることは理解しておかなくてはいけません。
”その日暮らしができるなら”なんて軽い気持ちで
飛びこまないようにして下さい。

”その日暮らしすら”できない可能性もありますし、
そういう人もたくさん存在するのです。
もし失敗したらサラリーマンに戻ればいいや、も甘い考えです。
再就職できるかも怪しいですし、
場合によっては、借金を背負って、その後の人生に多大な
影響を及ぼしてしまうか可能性だってあるのですから…。

まとめ

その日暮らしの自営業者は実際に多く存在します。
ご飯をまともに食べることもできず、
毎日休みナシで朝から晩まで働く…
しかも、ブラック企業とは異なり、
休んだり、身体を壊せば収入も途絶えます。
もちろん、労働基準監督署の管轄外ですから
助けてくれることもありません。

相当に厳しい世界である、ということを
理解してから足を踏み入れないと、
本当に後悔することになりますから、
その点に関しては、要注意ですし、
しっかりと現実を知っておかなくてはなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする