競合店が近くに出来てしまったお店が受けるダメージとは?

店員Kです!

お店にとって怖い事の1つが
「競合店が近くに出来ること」です。

これは、お店の未来を変える要素になりかねませんし、
今まで順調だった経営を転覆させるぐらいの大きな要素です。

しかしながら、やってくる競合店を阻止することはできません。
地域にオープンしようとするお店の阻止なんて、
できませんからね…。

特に、個人経営のお店の場合は、
自分の人生をも破壊されてしまうレベルの
重大な出来事であることには間違え有りません。

では、競合店が出来ると、どのような
ダメージを受けてしまうのか、を見ていきましょう!

スポンサーリンク

競合店が出来てしまうと受けるダメージ

自分のお店の近くに競合店が出来れば
ダメージを受けることは免れられません。
プラスにするのは難しいでしょうし、
受ける影響のほとんどが、マイナス要素であることは
間違えないかと思います。

それだけ、競合店と言うモノは恐ろしいものなのです。

私も、競合店が自分のお店の近くに出来てしまって、結局最期には
ほぼ同じ時期に共倒れする結果になってしまいました。

競合店が出来ると受けてしまうダメージを
実体験を元に、書いていきます。

①売り上げの低下

当然のことながら、売り上げの低下は避けられません。
競合店が出来て、売り上げが上がった!などという
ケースはほとんどないでしょう。
少なからず、売上的なダメージは受けます。

例え、あとからやってきた競合店が、
評判が悪かったとしても、です。

例えば本屋なら、その地域で本を買う人の
人数は基本的には限られているのです。
そして、新しく本屋が出来て、今まで1軒しか
なかった本屋が2軒になれば、当然、お客さんは分散します。

どんなに常連客な方だったとしても、
近場にもう1軒本屋が出来れば、一度は見に行くのが
人間心理というものでしょう。
その後に、戻ってきてくれるか、そっちのお店をメインで
利用するようになるのか、それとも両方を利用するのか、
いずれにしてもプラスにはなりません。

たまにしか地域に来ないような方は、当然、競合店の方に
足を運ぶ人も居るでしょう。

競合店が出来たからと言って、
お客さんの絶対数はほとんど変わらないので、
当然のことながら売り上げは分散し、低下することになります。

私のお店でも、競合店が出来てからは実際に、
売上分散により、売上が低下しています。

②どうしても比べられる

競合店が出来れば、良い部分も、悪い部分も、
どうしても”比べられる”ことになります。
これは、避けられない事実です。
良い部分で比べられることは良いですが、
悪い部分で比べられると、なかなか苦しいものです。

特に、自分が個人店で、相手が大手チェーン店などだと
どうにもならない部分も多いですからね。
店の品揃え、規模、サービスの量などなど、
どうしてもかなわない部分もあるのです。

しかしながら、お客様の側からすれば、
そんな個人的な理由なんて関係のないことですから、
当然のことながら「ここがダメ!」「あっちの店の方が」と
なるわけです。
それは、普通の心理です。

が、そう言われてしまっても、どうにもならない!というのも
また現実。
どうにもならない欠点で比べられる、ということも
本当に出てくるので、そこもまた、辛い所です。

③価格競争が起きる

競合店が出来れば起きることの一つ。
それが価格競争です。
消費者側の心理として、1円でも安い所から買いたい!という人も多いです。
勿論、中にはこちらのお店の方が雰囲気が良いから、という人も居ますが、
全員が全員そうではありませんし、
実際にお金で選ぶ人も多いです。

もちろん、安い方から購入する、ということは悪い事じゃありませんし、
当然のことです。
私だって、買う側の立場であれば、少しでも安い方から
買おうとすることだってあります。

そのため、競合店が出来れば、
必然的に価格競争になってしまうことは
本当にあります。
お互いの店舗の価格を見に行きあって、
価格を下げていったり、
「あっちのお店では〇〇円だった」と言われて
値下げすることになったり。

不毛な争いが始まるわけです。

しかも、厄介なのが、その争いに乗らないと、
どんどんお客さん離れを起こすことですね。

もちろん、価格以外の面で勝負!でも良いのですが
それだけだと人がついてきてくれないのも現実です。

が、価格競争を繰り返せば、最終的には
共倒れすることになり…
とても、難しい問題なのです。

④利益が下がる

これは、当然のことですが、価格競争が起きれば
商品の儲け、粗利の部分が下がって行きます。
当然、お店としての利益は下がるわけですね。

利益が無ければお店は生きていくことができません。
なので、利益が下がることは”終わり”に直結してしまう
可能性のある、重大な要素です。

とは言え、価格を下げないとお客さんが減り、
粗利どころか売上そのものが無くなってしまったり
することもあり、非常に難しい判断を強いられることになります。

この点も、厳しいダメージの一つになりますね。

⑤勘違いが増える

競合店が出来る、ということは”似たようなお店が近くにできる”と
いうことです。そうなると何が起こるか。
”勘違い”が起きます。

例えば、競合店側が広告などを入れたりして、
あなたのお店を競合店と勘違いしたお客さんが
「広告に〇〇セールって書いてあるのをみたのですけど」みたいな
感じでやってきてしまうパターンですね。

もちろん、それは自分のお店じゃないことを伝えれば、
それで解決な時もありますし、
むしろ、勘違いでお店にやってきてくれれば、
それで売上に繋がる場合もあります。

ですが、「じゃあいいです」のような感じになることも
当然ありますし、
酷い場合は、何故かクレームをつけられたりするようなことも
あります。

広告以外でも、店の名前を間違えられたりだとか、
似たようなお店がもう一つあるからこその
トラブルや勘違いなども、よくあることなので、
競合店が近くに出来てしまった場合は、
そういった部分とも向き合っていかなくては
ならなくなってしまいます。

⑥買取などをやっているお店は…

お店によっては、買取などをやっているお店も
あるかと思います。
買取をやっているお店にとっては、
競合店が出来ることは”さらにダメージが増える”ことを
意味しています。
それはどのようなダメージか。

買取に来るお客様の数が減少する、というダメージです。
当然のことながら、同じような商品の買取をやっているお店が
同じ地域に出来れば、商品を売りに行くお客さまも、分散します。
また、価格競争なども発生するため、
買取のお客様の数は半減するでしょう。

買取価格を上げることで競合店に差をつけることはできますが、
それをやると、今度は利益を得ることができず…
非常に難しい判断を迫られることになります。
また、中古の買取店にとって、買取は命のようなものですから、
それを、半減させられる、ということは
非常に大きな大打撃となることは間違いありません。

買取店、もしくは買取専門店にとっては、
入荷の方面でもダメージを受けることになり、
問屋などから商品を仕入れているお店異常に
厳しい状況に陥ることになるのです。

まとめ

競合店が出来ることがプラスになることは
まずありません。
何らかのマイナスになることがほとんどでしょう。
しかしながら、最初にも書いた通り、
競合店が自分のお店の近くにやってきてしまうことを
阻止することはできません。
出来てしまったら出来てしまったなりの対策も
必要になります

ただでさえ小売業は厳しい時代です。
競合店の登場は本当に、トドメを刺すような
自体になってしまうことも、あるのです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする