お金をかけずに漫画を読む方法はあるの?漫画の節約術!

日常生活

店員Kです!

漫画を無料で読めてしまうサイトなどが
最近では問題になっていますね。
確かに、作者の方や出版関係者の方からしてみれば
とんでもないことだと思いますし、
これが通ってしまえば、漫画関係の業界は衰退していく
ばかりだと思います。

ですが、読む側にとって、無料で読めれば…という気持ちも
分からなくもないですし、
特に学生時代や子供時代は、お金もなかなかないものですからね…。

漫画を合法的に無料に読む方法や、
お得に読む方法をまとめていきたいと思います。

漫画を読む際の節約術

最初に、人によって色々な考えがあるとは思いますが、
無許可でアップロードされたサイトなどを見ることはできる限り、
避けた方が良い事だと思います。
今現在の時点で、閲覧している側が処罰されたりだとか、
そういう話は聞きませんが、
こういったものが今後増えていけば、見ている側にも何らかの罰が
与えられるようになるかもしれません。

ですが、漫画をできるだけお金をかけずに読みたい、という人が
居るのも事実だと思いますし、
何に関してもなるべくお金はかけたくない!という人も多いでしょう。

もちろん、法律的にも何の問題もなく、無料で漫画を
読む方法はないわけではありません。
かなり古い…というか昔からある方法にはなってしまいますが、
今回は、合法な範囲内で漫画を読む際の節約術
(無料で読む方法や、安く済ませる方法)をご紹介していきます。

①人から借りる

友人などに自分の読みたい漫画を持っている人が居るのであれば
それを借りてしまうのが、良いかと思います。
もちろん、漫画を読んでいる友人が居る、という条件付きには
なってしまいますが、もし心当たりのある人物が身近にいるのであれば
貸してもらうように、もしくは見せてもらうように
お願いするのも一つの方法だと思います。

もちろん、相手がダメ!と言えばダメですが、
ある程度仲が良ければ見せてもらうこともできるかもしれません

ただ、いつも自分が借りる側で得ばかりしていると
相手に不平不満が募るかもしれませんから、その点は
注意しておきましょう!
相手との人間関係がこじれないように、程よく貸し借りをすることが
大切だと思います。

他にも、貰う方法もありますね。
読み終わった漫画で要らないものがあれば、くれる人も居るかもしれません。
自分から「くれ~!」と言うのはちょっとアレですから、
くれそうな雰囲気がある場合に限った方が良いかとは思いますけれど…。

②図書館などで読む

流石に最新の漫画が置いてあるようなところはあまり
無いとは思いますが、図書館などで一部漫画が置かれているところもあります。

そういった図書館を利用することができれば、
限られた種類の漫画にはなってしまいますが”無料”で読むことも
可能になります。
もしも近くに図書館があるのであれば、それを確認してみるのも
良いのではないでしょうか。

図書館であれば期日を守れば、何度でも借りることができますからね…。

③出版社のサイトなどのサービス

サイト上で、合法の無料漫画が出ている場合もあります。
無料会員登録が必要な場合など、色々あると思いますが、
メーカー公式サイトだったり、公認のサイトだったりすれば
無料で漫画を読んでも、問題視されることは
100パーセントありませんから、そういったサービスを
利用してみるのも方法の一つです。

ただ、全ての漫画を全て自由に読める、だとか
そういうサービスは現状ありませんから、
その点はある程度、我慢するしかないかと思います。

④病院などの待合室で…

病院などの待合室に漫画が置かれているケースもあります。
理髪店などにも置いてありますね。
そこに”自分の読みたい漫画”がある可能性は少ないとは思いますが
”無料なら読んでもイイかな”という漫画ぐらいなら
あるかもしれません!

漫画を無料で読みたい!というのであれば、
病院や床屋などの待合室で読むのも一つの方法です

まぁ、この方法は病院や散髪などの用事がある場合にしか
使えない方法ですけれど(汗)

中古で購入する…

これは「無料」ではなくなってしまいますが
漫画を中古で購入する方法…。

まぁ、基本中の基本なので
”言われなくても分かってるよ”という人がほとんどだと思いますが、
漫画も新品で購入するよりも、中古で購入した方が
当然のことながらある程度値段は安くなります。
人気漫画や最新刊などだと、中古でも50円ぐらいしか変わらないような
ケースもありますが、古い漫画作品だと中古で100円で
売られている場合などもありますから、
そういったものを狙うのも良いですね。

新刊の場合も、有名な漫画であれば比較的早く中古も来るでしょうから
中古狙いをするのも有効的な手段です。
数少ないお小遣いなどで漫画を買う、という場合は、
例え50円などでも嬉しいかとは思います。

まとめ

漫画などの創作物も、それで生活している人が居るわけですから
本人や、会社側に許可なく、勝手に無料で読まれてしまう、というのは
漫画の業界の衰退を招きかねない行為です。

ただ、お金があるのに無料で読みたがっている人はともかく、
お金が無くて無料で読みたい…という人の気持ちは分からないでもないです。

が、現実的には↑のような方法しかありませんから
やっぱり、無料で好きなように漫画を読みまくる!というのは
難しい事だと自覚して、ある程度諦めるしかないのが現実です。

商品として描かれた漫画を無料で読めるほど、
世の中は甘くはない…ということですね…。