どこからが浮気?その答えとアウトな行動の数々を紹介します。

恋愛・人間関係

店員Kです!

浮気とは、どこからが浮気なのか。
そう思っている人も居るかと思います。

浮気がいけないことだと言うことは、
浮気をしている方にも、薄々は分かっているはずです。

「浮気は良い事だ!」なんて言う人はまず居ないでしょう。

分かっていながら、浮気をしてしまう。
元々、特定の相手と付き合えるような器では無かった、
残念ながらそれが現実だと思います。

まぁ、それはさておき、
今回はどこからが浮気なのか。
それを見ていきましょう。

どこからが浮気になるの?

一言で浮気!と言っても、その定義は曖昧です。
例えば、手をつないだら浮気だろ!という人も居れば、
一緒にデートしていても浮気じゃない、という人も居るでしょう。
感覚は人それぞれです。
法律上、浮気がどこからか、なんて決まっているわけでもなく、
これは浮気になるのか?浮気にならないのか?と心配しながら
日々を送っている人も居るかもしれません。

ですが、浮気とは相手を傷つける行為です。
浮気をする可能性があるのであれば、最初から結婚したり
特定の恋人を作らない人生を送ることをおすすめします。

そうすれば、誰からも責められることもないですし、
誰も悲しむこともないでしょう。

…と、話がそれましたね。
どこからが浮気なのか、それを考えていきましょう。

相手がそう感じたら…

「浮気」とは、自分が浮気なのか、そうでないのか
決めるものではありません。
それが浮気なのかを決めるのは、恋人、もしくは結婚相手です。

自分が浮気じゃない!と思っていても、相手が浮気だと思ったら
それは浮気なのです。
これが真実なのではないかと思います。

自分がいくら「手をつないだだけだ!」と言っていても、
相手が「浮気された…」と感じたら、それはもう、世間的にどうであれ、
相手からすれば浮気なのです。
もう、後戻りはできません。

一度「浮気された」と感じた人に、何を言っても
それはもう言い訳でしかなく、既に時は遅いのです。
お相手の方からすれば「浮気された」ということは事実として
記憶に刻まれて、心の傷として残るでしょう。

浮気はどこから?と気にしている人は勘違いしています。

「浮気」とは自分が決めるものではなく、
浮気される側が決めることなのです。

会社におけるパワハラだってそうです。
被害者側がパワハラだ!と言えば、本人に悪気がなくても
それはパワハラとして扱われる世の中です。

浮気においても同じこと。
被害者側が「浮気された!」と言えば、本人に他意がなくても
それは浮気として扱われる世の中です。

少しでも罪悪感を感じたら…

相手が気付いていなくても、
自分自身が「罪悪感」を感じたら、それは浮気です。
普通であれば、罪悪感など感じません。
心の中で、少しでも「悪いなぁ」だとか、そう思うのであれば
それはやましいことがある、ということです。

普通に仕事上の付き合いだったり、友達関係だったりする場合は、
罪悪感など感じることはありません。
何かを感じる、ということは自分自身、心のどこかで突っかかるものが
あるということですから、気をつけなくてはなりません。

恋人や家族に言えるのかどうか?

浮気かどうか、自分で測りたいのであれば、
自分の行動を家族にしっかりと言えるかどうか考えてみて下さい。
もちろん、最初にも書いた通り堂々と家族に伝えても、
伝えられた側が浮気だと思えば、それは浮気です。

少しでも心に迷いがある場合は、
自分の行動を家族・恋人にしっかりと説明できるかどうか。
これを考えるべきです。
もしも話すことができて、家族や恋人も「そっか」と言うのであれば
それは浮気にはならない、OKラインなのかもしれません。

ですが、話すことができない!と感じるのであれば
やはり、心のどこかに引っかかる部分があるのでしょう。
そうでなければ、話すことができるはずです。

どうでしょう?
ご自分の行動を家族や恋人に話すこと、
もっと言えば、見せることができますか?
できないのであれば、それは浮気と言っても良いと思います。

普通の関係…

普通では考えられない…という行動を書いておきましょう。
これらがある場合は要注意です!
自分をしっかりと見直してみましょう。

・仕事の相談時の注意
仕事の相談という名目で浮気の始まりになるヒトも多いです。
仕事の相談をするのに、異性と2人で食事に行く…
これは残念ながら危険な行動ですし、勘違いされても仕方がありません。
仕事の相談であれば、最悪、会社でもすることができます。
もしも自分にお相手がいるのであれば、それを自覚するべきでしょう。
その気がなくても「勘違いされる行動」をすることは罪なのです。
どうしてもなら、3人で相談するとか、そういう道も選べるはずです。

・2人で出かける
仕事や学校の人たち…
基本、普通の関係であれば2人で出かけることはしません。
昔から気が知れた友達、というなら話は別ですが…
隠れてコソコソしているようならアウトです。
勘違いを避けるためにも、普通は男女でプライベートに会ったり
することはしないはずです。既婚や恋人持ちならなおさらです。

・相手に触らない
普通は、相手に必要以上に触りません。
普通の関係であれば手をつなぐことなんてしません。
もちろんそれ以上の接触もしません。
手をつないで「浮気じゃない!」と言われても、
普通は同僚や同級生相手に手をつないだりしませんからねぇ。
疑われても仕方のないことです!

・プライベートな連絡
連絡先交換は問題ないと思います。
仕事上、交換が必要なこともあるのは、私にも分かります。
ですが、プライベート以外の会話は、普通の関係であればありません。
「仕事の話題のついでに1文雑談」ぐらいならともかく
「仕事の話題なしの会話」をし始めた時点でアウト。
私も店長時代、色々な方とやり取りしましたが、
仕事の話題が0のやり取りなんて一度もしませんでしたよ。

こんなところでしょうか。
この辺りの行動がある方は要注意です。
浮気ロードに向かいつつありますよ!

浮気って悪い事?

良いか、悪いかで言われれば悪い事でしょう。
良い事なわけはありません。

よく、浮気をしている人の中には
自分を正当化しようとしている人も居ますが
浮気が正しい事になる理由なんて、この世に一つも存在しません。

家庭で縛り付けられていて癒しを求めた
⇒浮気は逃げ。話し合って必要ならば離婚するべき。

相手からしつこくアプローチされた
⇒セールスだって断るはずです。
アプローチされたって断れば良いですし、
ストーカーまがいなら警察に相談するべきです。

ただの友達関係
⇒周囲から誤解されてはダメなのです。
 浮気かどうか、自分が決めることじゃありません。

…と、どんな言い訳をしても、ダメなものはダメなのです。

浮気をすれば相手は悲しむでしょう。
子供がいる場合は、もはや最低と言わざるを得ません。

どこからが浮気か、こんなことを気にする時点で
残念ながらかなり危ないです。
普通の人は「浮気がどこからか?」なんて考えることもせず、
当たり前のように浮気しませんから…。

まとめ

浮気はしてはいけない行為です。
法律上に浮気を縛ることはできませんが、
それでも人間としてやってはいけないことはたしかでしょう。

チンパンジーだとかゴリラとは違うのです。
本能のまま動くのであればそれは人間である意味すら
疑われてしまいます。

人間には、他の動物以上の知性があるはずです。

浮気がいけないことであることは心の中で分かるはずですし、
人であればそれを自制できるのではないでしょうか。

どこからが浮気か。
その答えは「相手がそうだと感じたら浮気」
と、いうことだと私は思っています。

疑われるようなことをしてはいけないのです!

(何もしてないのに病的に疑うような方が相手の場合は
また別問題ですけれど…)