地震の未来 地震を恐れることの無い未来は来るのかどうか…。

日常生活

店員Kです!

地震・・・。
恐ろしい災害ですよね。

地震に限らず、台風もそうですし、大雨、洪水、大雪、そして
日本ではありませんがハリケーンもとても恐ろしいものです。

一番怖いのは自然現象と誰かが言っていましたが
その通りかもしれません。

人間は対話できますが、
自然と対話することはできませんからね…。
自然災害の規模によっては人間の力では対応しきれないことだって
あるでしょう。。

今回は地震対策の未来を考えていきます。
非現実的な理想論も書きますので、
あくまでも”理想の未来”、空想上のお話であるということで
お願いします!

もしも本当に実現できたらいいな、レベルのお話です!

地震の未来

地球上で地震が無くなることはないでしょう。
まぁ、地球のシステムを100パーセント把握している人間なんて
居ないでしょうから、予期せぬことが起きて
地震の発生が無くなる可能性も0ではありませんが、
恐らくそんな奇跡のようなことは起こらないでしょうし、
人類はこれからも地震と向き合っていかなくてはならないと思います。

地震が無くなるとき、
それは地球が無くなるときだと思います。

未来の地震対策は…?

未来の地震対策について、個人的に考えてみようと思います。
実現可能、実現不可能関係なく書いていくので
小学生が考えたレベル(?)の突拍子もないものもありますが、
お許しください(笑)

ただ、100年前、今のスマホだとか、ネットショップだとか
そういうのが実現しているなんて、誰も予期できなかった
でしょうから、これから私が書くことももしかしたら
本当に実現するかもしれないですね…

100年後の未来、もしこのブログが残っていたら、
その時の人たちが読んで
「こいつ、当ててやがる」となるのか、それとも
「なんだこのブログは、ははは!」となってしまうのか…
気になるところです^^

…と、地震対策の未来、
こんなことが実現すれば良いな、というのを書いていきます!

地震予報…?

現代の科学では地震予知は基本的には出来ません。
あくまでも「かもしれない」ぐらいが限界ですし、全然騒がれていない場所で
地震が起きていることもよくあります。
今現在の世の中で地震予知だのなんだの言っているところは、
大抵が確実な根拠が無かったり、予測期間が長かったり(数か月ぐらい)、
予測範囲が広かったりと、憶測に基づくものしかありません。

せいぜい、緊急地震速報が限界ですね。

ですが、未来はどうでしょう。
そのうち、天気予報ぐらいのレベルには、地震が予知できるように
なるのかもしれません。
さらに技術が進めば「地震の発生」を確実に捉えるなんてことも…。

天気予報のように地震予報が外れてしまっては
困るかもしれませんが、
それでもある程度事前にわかればとてもありがたいことだとは
思います。
地震予報士、なんてのが出て来たりして…。

耐震技術の向上

まだまだ相当先だとは思いますが、
耐震技術はこれからもどんどん上がって行くでしょう。
そのうち倒壊する建物なんて無くなると思いますし、
損傷の出る建物も無くなるのかもしれません。

建物自体が安心して中に居られるようなレベルにまで
強くなれば、地震による被害や損失は相当減ることに
なるとは思います。

ライフライン関係の耐震対策も、向上すれば
停電や断水なども無くなるでしょうから、
本当に、影響は大幅に下げることができると思います。

地面についていなければ…

極端な話、地震って「地面から1ミリでも離れていれば」
無影響ですよね。
空気の震えとかは別として、
中に浮いていれば、振動が伝わってこないわけですから…。

技術的に相当厳しいと思いますし、
まるでファンタジーのようなお話ですが
1ミリでも空中に浮かんでいる街を作ることが、
もしくは今ある住宅や土地を浮かせられるような夢の技術が出来れば、
人々の記憶から「地震」などと言うモノが消える日も来るのかもしれません。

津波も対策

未来では津波の対策も進んだりするのでしょうか。
防波堤もどんどんハイテクになって、地震が来たとしても
津波のために海岸沿いから離れたりしなくても済むように
なる時代も長い目で見れば来るかもしれません。

そうなれば、安心ですけど…
まぁ、現実的には相当難しいですよね…。

地球の内部構造に…?

今の時代で考えれば絶対に無理!と言いたくなるようなことですが
もしも今後、技術が恐ろしいぐらいにまで発展すれば、
地球のプレートそのものに何らかの影響を与えることで
地震が来ないようにする方法なども出来そうな気がするような、
しないような…。

少なくともそういうことが仮にできるようになったとしても
今後数百年単位で時間がかかるとは思いますが。

根本的な解決方法はこれですよね。
地球のプレートだとか、内部構造の活動に人間が干渉できるように
なったその時、
人類は地震の恐怖から解放されることができるかも…しれません。

ただ、個人的には、それをやってしまうと、
欲にまみれた人?だとか、利権だとかで、
地球そのものをダメにしてしまうような気がして
ならないのですが…。

発電に利用する?

そのうち、↑のようないずれかが実現すれば、
地震は怖いものではなくなって、
有効活用できるものになるかもしれません。

今の世の中では考えられませんが、
地震とは膨大なエネルギーの放出です。

もしも、それを完全に回避する、
(たとえば上で書いたような空中都市的ななにかとか)
が出来るようになったのであれば、
地震を利用した発電などもできるようになるのかもしれません。
地震発電所…みたいな感じでしょうか。

あまりにも現実離れした考えではありますが、
100年後、200年後ともなれば、今の時代を生きる人から
すれば、ありえない、信じられないようなものが出来ているのは
間違えないと思います。

未来の教科書には
「昔は甚大な被害を出していた地震
 今では~」みたいなことも、もしかしたらあるのかもしれません。

地震のない新しい場所?

今では人類は月に行くのが限界ですが、
もしもそのうち、宇宙を自由に旅できるまでに技術が発達すれば
(私には想像もできませんが…)
地震の無い新しい惑星だとか、宇宙にステーションを作ったりだとか
そういうこともできるようになるのかもしれません。

地球以外の惑星も、宇宙には膨大な数あるわけですから
どこかに必ず地球みたいな環境の惑星もあるにはあるのだと思います。
人類が滅ぶまでにこれを見つけ出すことができるか、だとか
もしそういう惑星があっても、地球と同じように既に
誰かが住んでいるのではないか、とかいろいろ気になることも
ありますが、もしも別の惑星が見つかれば、
もしかすると、その惑星には地震というものが存在しない可能性だってあります。

以前、過去の記事で、地球から移住するためには?(こちら
という記事を書きましたが、これらが実現できれば、移住して、
地震の無い惑星に…なんて可能性も0ではないと思います。

そんなことあり得ない!という人も居ますが、
地球の科学なんて、地球から見たものですし、
宇宙には人が知らないような事柄もたくさんあるはずですから、
何が起こったとしても、全くおかしくはないと思います。

まとめ

「恐らく無理だろう」ということをズラズラと並べてみました。
ただ、地震予報ぐらいは、何年かかるか分かりませんが
もしかしたらそのうち実現するかもしれないですね。

ですが、少なくとも私や、皆様が生きている間に、
これらのことが実現することは無いと思います。

やはり、今を生きる人間に出来ることと言えば、
日頃からしっかりと備えておくことぐらいしかないのだと思います。

コメント