答えを写す時のコツを伝授!ばれにくい答え写しのポイント5つ!

学校関連

店員Kです!

学校の宿題などで、
「面倒くさいから答えを写してしまおう!」と
思ったことはありませんか?

実際に写したことがある、ないは別として、
誰でも一度ぐらいは「答え写そうかな…」という誘惑に負けた(?)
ことはあるかと思います。

ですが、この答え写し、普通に答えを写しただけでも
ばれてしまいます。

正直なところ、答えを写す人なんてたくさんいるでしょう。
ですが、先生のちゃんと、そのあたりのことは分かっています。

ですから、宿題などで答えを写す場合には
なるべくばれないように心がけましょう!

答えを写す際にばれないようにする方法

では、ここからは「答えを写す」際に、ばれないように
する方法を書いていきます。
算数だとか、数学だとかそういうものの宿題だったり、
その他の宿題だったり、モノは色々だとは思いますが
気を付けるべき点は同じです。

…まぁ、こんなこと書いているので、言ってしまいますが
私も答えを写したことはあります(笑)
その時に使っていたテクニック(?)も一緒に
ご紹介していきますよ!

絶対にやってはいけないこと

ばれないようにするためのポイント…の前に
絶対にやってはいけないことを書いておきましょう。

それは「答えの丸写し」です。

答えを写すのは構いません。
ですが「丸写し」はしてはいけません。

それは何故かと言うと、
答えと全く同じことが書かれていれば、当然
「答えを写しました!」と言っているようなものです。

先生は今までに何百人、ベテランの先生だと
何千人もの人の宿題をチェックしているわけです。

そのため、先生からしてみれば、
あ、この子は答えを写しているな!なんていうのは
簡単に分かってしまうのです。

特に、答えを丸写ししているような子のものは
「あ~なるほど」と簡単に気づかれてしまいます。

そうならないためにも、色々と工夫する必要があるわけです。

ただ、工夫しても、
答えを写す側が思いつく、ということは当然先生も
そのぐらいは分かっているとは思います。

ですが、
答えを写したのか、それとも写していないのか。
ここのところの判断が難しくなれば、先生も何も言ってこないでしょう。

「写した”かも”しれない」のレベルであれば
先生は恐らく何も言ってきません。

と、いうことで
「この子は写した」ではなく「もしかして…」程度に抑え、
”答えを写している”とばれないための方法を
見ていきましょう。

①消しゴムで修正する

小細工…と言う言葉がぴったりかもしれませんが、
一度、わざと間違った答えを書いたりして、
それを消しゴムで消しましょう。

消す前の答えは「わざと」間違ってください。
正しい答えを一度書いたあとに消す、とかそういうのではなくて
「あ、ここ間違えた!」みたいな雰囲気のことを書いて
それを消すのです。
で、なければ意味がありません。

もちろん、全ての問題でこれをやる必要はありません。
3分の1とか、半分とか、そのぐらいの割合で大丈夫です。

何でこんなことをしないといけないのかと言うと、
普通に問題を解いていれば、必ず1問2問は途中で間違えたことに
気付き、消しゴムで消して、書き直すものです。

もちろん、超天才!みたいな人も居るかもしれませんが
基本的には、それはあまりないでしょうし、
消しゴムを使った痕跡が一切ないものに関しては、
「答えを写した」と判断されても仕方がありません。

②全問正解しない

上で書いたような消しゴムを使う方法を使っても、
不自然に”全問正解”している場合は怪しまれます。

特に、普段から、あまりテストの点数などが良くない場合だったり、
苦手教科の宿題だったりする場合は、より一層の注意が必要です。
「何でこの子が全問正解できるんだ?あ、答え写したのか!」と
なるのは分かりますよね?

なので、ある程度、問題を間違えてください。

また、間違える時も、
「他の問題は全部完璧なのに、間違えた問題だけ空欄」とかは
バレバレですから、してはいけません。

答えを見ながらうまく途中まではあってるけど、間違えた…!だとか
”ちゃんと解こうとして間違えた”雰囲気を演出してください。

そこまで気にしすぎる必要もないと言えば無いのですが、
少なくとも、
”全問正解”で宿題を提出したり(普段から全問正解キャラなら良いですが…)
間違えている問題だけ、空欄にしたり、そういうことは無いように
しましょう。

③字が汚すぎるのはNG

あくまでも「普段通りの字」で書くように心がけてください。
答えを写すだけで書いていると、どうしても字がどんどんと雑に
なっていったり、答えを見ながら書いているために、
字体が不自然に斜めになっていったりしてしまいます。

そういう部分にも、敏感な先生は居ます。

字があまりにも汚い場合は、
あ~この子は写しながら書いているな、とばれてしまう可能性も
ありますから、特別綺麗にする必要は全くありませんが、
あくまでも”普段通りの字”を維持するようには心がけて下さい。
あまりにも汚い場合は、バレバレです。

④答えが複数あるものは注意!

文章問題だとか、数学の複雑な計算式を解く過程を書くものだとか
そういう問題には注意してください。

解き方がいくつかあったりする数学の問題を
答えそっくりそのまま全部書き写したりすれば、明らかに
「答えを写しました」と言っているようなものですし、
文章で答える問題を解答の例文そのまま写すのは論外です(笑)

分かるのであれば、答えとは少し違った解き方をしておくことで、
”本当に問題を解いた”というリアリティを出すことができます。

…が、万が一全く問題についていけない!という場合は、
それらの問題は「途中で間違える」などして、
解答と全く同じ答えばかりにならないように、注意することは
必要だと思います。

⑤自分の学力に合ったやり方を…

どういう意味かと言うと、極端な例で言いますが、
普段、数学のテストが0点の生徒が、突然、数学の問題集を
全問正解したり、7割正解したりしたらおかしいですよね…。

流石に常に0点、なんてことはないと思いますから
上の例は極端な例ではありますが、
例えば普段、3,40点ぐらいの生徒が、9割の問題を
宿題で正解したらおかしいわけです。

これは、先生もすぐに気づくでしょう。
そのため、自分の普段の成績と合うぐらいの
問題正解数に抑えておくことが大切です。

答えを写すのは良いこと?

まぁ…良いことで無いのは確かです。
確かに、実際に問題を解かなければ、その教科での成長は
できませんし、問題を解いた経験を積むこともできません。

答えを写しているだけでは
「ここがこうなのか」という理解にも繋がらないので
その点も良くはありません。

けれども、それでも「宿題をやらない」よりはましです。
「面倒くさいなぁ~」となってしまって宿題そのものを放棄
してしまうぐらいであれば、答えを写してでも宿題は
やるべきだと思います。

人間、一度放棄すると、堕落していってしまいますし、
答えを写して宿題などを提出した場合でも
「こいつは絶対に写している!」となってしまわなければ、
成績にはなるはずです。

ですから、褒められた行為ではないですが、
やむを得ない場合は仕方ない事かもしれません。

ちなみに、受験勉強などで答えを写していても
流石にそれは意味ないですからね…!

まとめ

以上が答えを写す際のコツでした。
上記のことを守っていれば
「ん?怪しいな…」と思われてしまうことはあったとしても
「答えを写しただろう!」とまでなってしまう可能性は
限りなく下げることができます。

答えを写しているのがばれると、以降の先生の監視が
厳しくなりますし、成績に影響する可能性も否定は
できませんから、気を付けておきましょう!

コメント