祝日が増えると困ること。祝日の不便な点を語ります!

店員Kです!

祝日。皆様はちゃんと休めてますか?

休めている人も居れば、
祝日なんて関係なく仕事だよ!という人もいると思います。

まぁ、人それぞれですよね。

私は祝日に休める人間ではないのですが、
休める人は存分に楽しんだ方が良いと思いますし、
別にそこに妬みはありません。

ですが…!
臨時の祝日が2019年に設定されるとかされないの話が出ています。

あまり祝日が増えてしまうと困ってしまうこともあります。

一体、祝日が増えると何に困ってしまうのか。
今回は「祝日が増えると困ること」を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

祝日は不便…

祝日休める人にとっても、そうでない人にとっても、祝日とは不便な一面も
あるものです。
一体何が不便なのかと言うと…。

「会社・市役所・銀行」など、休みになってしまうところが
あるからですね…^^

これが困ってしまうのです。
どういうことかは下で説明するとして、
正直、祝日の意味云々は置いておくとすると、
祝日のメリットは「休める」ことぐらいです。
他にメリットなんてありません。

祝日が休みの人にとっても、祝日が休みでない人にとっても、
あとはデメリットばかりです。
もちろん、休むのは良い事なので、私は良いと思うのですが、
それでも不便なものは不便ですし、
あまり過度に祝日を作られてしまうと、困る人も出てきてしまうと思います。

祝日で困ること…

祝日は手拍子で喜べる存在ではありません。
祝日には上でも書いた通り、不便な点が色々とあります。
では、不便不便言っていますが、どのような点が不便なのかを
順番に見ていきましょう。

案外、不便なことも多いものなのです!

①役所関係がやってない!

公務員の方の多くは、祝日は休みです。
と、なると役所関係が閉まってしまうのです。
これ、案外、困ってしまうことも…。

特に仕事中に役所に行く必要が出来た際に
役所に行ってみたら閉まっていた…なんてときは
本当に困ってしまいます。

「あれ?今日は土日じゃないけど…」みたいに。。

祝日も仕事の人にありがちなのが、
”今日が祝日”だと認識できていないパターン。
いつもの平日だと思い込んで市役所に行ってしまって
閉まっていた…
なんて絶望を味わうことも。

特に大型連休の時は市役所が長い間、閉まってしまうこともあり、
結構不便な部分もあります。

②銀行が閉まってしまう

もっと恐ろしいのが銀行です。
市役所は仕方がないと言えば仕方がない(まぁ、不便は不便ですが)のですが、
銀行は本当に困ってしまいます。
特に接客業の人は祝日休めないでしょうし、
銀行は両替や売上の振込などで、接客業の人間からすると身近な存在だったりします。

しかし、その銀行が閉まっていると、なかなか不便ですし
苦しいです。
窓口は当然祝日だとしまっているので使えませんし、
ATMなどは使えても、手数料を取られてしまう場合がほとんどです。
また、お店にとっての重要な「両替」が出来ないのもかなり痛いですね。

③やっていないお店もある

そして、「祝日休み」のお店や病院もあります。
これも人によっては困ってしまうでしょうね…
もちろん祝日に休むことは良い事ではあるのですが、
こういった不便な点もある、ということです。

もちろん休んでいるお店に対して文句を言うのはおかしな話ですから
祝日で休みだった場合は諦めるしかありません^^

④無駄に混雑してしまう

これは勤務地によって起きる問題ですね。
場所によっては平日とは違って”無駄に混雑してしまう”ところもあります。
休みの日に人気のスポットなどを通勤時に通る人は平日ではありえないはずの
渋滞などに巻き込まれる可能性もありますし、
働いている場所が、レジャー関係などの場合は、無駄に混雑していて
いつもより疲れる可能性もあります。

また、勤務地がレジャー関係の場合、
そこの責任者クラスなどであれば「売上UP」で嬉しいと思いますが、
もしもアルバイトスタッフさんの場合は正直言って迷惑だと思います^^
売上があがってもバイトスタッフさんに還元されるわけじゃ
ありませんからね…。
難しいものです。。

⑤人によっては…

共働きのご家庭などで、両方とも祝日が休みではない職場の場合、
かつ子供が居る場合は以外と厄介だと思います。
子供一人残して、仕事に行くことになりますから、家庭の環境によっては
あまり祝日が増えてしまうと、子供との兼ね合いから、結構困ることも
出てくるみたいです。
子供が休みだから会社休みます、とはできないでしょうし、
今の世の中、祝日に休みの職場など、案外少ないものですからね・・・

祝日を増やされすぎると困る!

最近、再び祝日が増えるのではないか云々な話を聞きました。
しかも、ゴールデンウィークが大型連休になるのではないか、という
記事までどこかに出ていましたね。

ゴールデンウィークが繋がるように新しい祝日が制定されて
10連休云々かんぬん…。
流石に、これは記事の上だけの絵空事だと思うのですが、
仮にこれが本当にそうなってしまったらと思うとぞっとしますね…

何故なら、10連休になってしまったら、その間、
市役所も銀行もずっと休み、ということになってしまいます。
流石にコレは個人的にきついです(汗)

まぁ、勝手な事情と言えば勝手な事情ではあるのですが、
その間ずっと銀行入金や両替ができないのは流石にちょっと…。
私だけなく、他の方でも流石に困る方はいるかと思います。

まぁ、ゴールデンウィークが大量連休になるのではないか、とかなんとかの
話はあくまで、どこかの記事なだけなので
実際にはあり得ないと思いますし、
もし本当にそうするのであれば、
どこか1日平日に休日を振り替えてでも、途中1日、銀行や市役所は
開いたほうが良いのではないかと思います^^

10日間も休まれてしまっては、おそらく困る方も
相当居るでしょうからね…。

祝日休みではない人にありがちなこと

最後に、普段、祝日が休みではない人にありがちなことを
まとめておきますね^^
一応、注意しておいたほうが良いと思います!

・祝日であることを忘れる
祝日と縁のない生活を送っていると、ついつい
その日が祝日であることを忘れてしまいがちです。
例えば、電車の時刻などを勘違いしてしまう人も居ると思いますし
(電車は平日と祝日で別ダイヤだったりします)
銀行や市役所がやっていると思ってしまって
足を運んでしまい、閉まってた!なんてことをやってしまうことも。
(銀行は、私も1回やっちゃいましたw)

祝日に縁がない生活を送っていると、本当に祝日が
記憶から薄れるというか…あまり自分に関係のないことに
なってしまうので、意識しないと忘れてしまうこともあります。
(知り合いは電車でやられたことがありますw)

・嫉妬するのは間違え
知り合いに、祝日休みの人に対して嫉妬している人が居ました。
しかし、それは間違えです…。
祝日は本来休むものだと思いますし、休んでいる人に対して
文句を言うのはやめたほうが良いと思います。
祝日に休みの友人に何だかんだケチをつけたりすれば、相手が
嫌な気持ちになってしまう可能性もありますし、
確かに羨ましい気持ちは分からないでもないですが、我慢しましょう。

まとめ

祝日の休み…確かに嬉しいことですが、
自分が休みだったとしても、そうでなかったとしても、
祝日をあまりに増やされすぎると、色々と困る人も出てくると思います。

特に、もしも万が一、ゴールデンウィークの10連休(?)などというものが
実現したら、本当に恐怖です(笑)
まぁ、絶対無いとは思いますが、
あまり祝日を増やしすぎるのもどうかと、個人的には思います。

何でもほどほどが良いってことですね^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする