どれが一番寒さを凌げる?暖かい暖房器具はどれなのか?

店員Kです!

世の中には色々な暖房器具があります。
ストーブ各種からエアコン、ホットカーペット、
ハロゲンヒーターなどから、カイロなどの電子的でないものまで
その種類は色々です。

では、一番暖かくなるのは、どれなのでしょうか。
色々なシチュエーション、用途別に考えていきたいと思います。

とは言え、どれを使わなくてはいけない!と決まっているわけでは
ないですから、
最終的に決めるのは、自分自身です!

暖かい暖房器具は?

暖房器具にも色々な種類があります。
それぞれ、特色があるので、用途に応じて
使い分けのが良いかと思います。
一応、大きく分ければ2通りでしょうか。

部屋全体 空間そのものを暖めるタイプ、
そして部屋の限定的な箇所を暖めるタイプ。
この2つになりますね。

基本的に、部屋全体を暖めるのであれば、
エアコンや電気ストーブ、石油ストーブなど
そういったものを用意する必要がありますが、
限定的な部分で良いのであれば、
こたつやホットカーペット、ハロゲンヒーターなどを
用いる方法もあります

それでは一番暖かくなるのは、どれでしょうか?
それを見ていきたいと思います

部屋全体を暖めるのであれば?

部屋全体を暖める用途であれば、
基本的にはストーブか、エアコンを用いることに
なるかと思います。

ホットカーペットやハロゲンヒーター、こたつなどでも
暖かくはなりますが、残念ながら、それはあくまでも
その暖房器具の効果範囲内でのみの話です。
部屋全体を暖めるものではありません。

もちろん、多少の効果(ほんの少しの温度変化など)は
あるかもしれませんが、多く温度が変化したりすることは
ありません。

実際に、私が以前やっていたお店で、
エアコンが一時的に故障した際に、
お店にあったハロゲンヒーターを使用しましたが
暖かくなるのはハロゲンヒーターの周辺のみで
他の部分は全くと言っていいほど、
暖かくはなりませんでした。

また、ストーブであっても、電気ストーブは、
ハロゲンヒーターなどと同じように、そのストーブ
周辺を暖めることしかできません。
部屋全体を暖めたいのであれば、
ストーブであればガスストーブや石油ストーブ、
それ以外であればエアコンを使うようにしましょう。

部屋全体を暖める暖房器具の方が、
どうしてもコストとしては高くなってしまいますが、
家族で暮らしている世帯や、
仕事場、お店などに関しては、これらの暖房器具を
導入しないと、室温的な環境は厳しいものに
なってしまうのではないかと思います。

ちなみに、エアコンとガスストーブ、石油ストーブなどでは
暖まり方が違います。
エアコンだと、全体的に緩やかに暖かくなっていくような
雰囲気で、ストーブのほうは、エアコンに比べると、即効性が
ある暖房器具になるので、その辺は好みで選びましょう。
エアコンであれば、冷房機能もついているでしょうから
夏場も使うことができるのは魅力ですね。

限定的に暖めるので良いのであれば?

暖める箇所が限定的で構わないのであれば、
電気ストーブ、こたつ、ハロゲンヒーター、
ホットカーペットなどなど、そういった暖房器具でも
十分活躍してくれるかと思います。

特に、一人暮らしで狭いスペースで暮らしている場合などは
エアコンやガスストーブなどがあっても、あまり
活躍の場はないかもしれませんし、
こたつやハロゲンヒーター、ホットカーペットなどなど
そういったものでも十分に暖める役割は
担ってくれるとは思います。

しかしながら、上でも書いたように、
部屋全体を暖めるものではありませんし、
大人数があつまるような場所では、
力不足であることも事実なので、その点に関しては
忘れないようにし、設置する暖房器具を適切に
判断することをおすすめします。

暖房器具などではありませんが、
カイロなどの体に直接効果を発揮するタイプのものも
使うと、寒さを凌ぐのに一役買ってくれるかとは思います。

暖房器具の選択は用途に応じて

暖房器具の選択は用途に応じて選ぶと良いと思います。
ある程度の人数で暮らしている世帯なのであれば、
やはりエアコンかガスストーブ・石油ストーブなどが
必要になるかと思いますし、
お店や会社の場合は、確実に必要になるでしょう。

逆に狭い場所や、一人で暮らしている場合などに
関しては場合によっては、限定的な暖房器具でも
十分に効果を発揮してくれると思います。
自分の必要とする暖房器具を選んで、
それを使っていくようにしましょう。

費用面に関して言えば、
全体的な室温を上げるタイプ(エアコンやストーブ類)の
方が圧倒的に高いですし、
ガスストーブの場合はガスの契約はガス代、
エアコンの場合は取り付けのことなども考えないといけませんし、
石油ストーブであれば、当然、石油が必要になります。

その辺も、考慮に入れて考えるのが一番良いですね。

まとめ

暖房器具の選択は、とても大事なことです。
職場の暖房器具は、自分が責任者でも無い限り、
勝手に用意されていると思いますが、
自宅の暖房器具に関しては自分で考えないといけません。

また、仕事においても、自営でやっているような人は
ちゃんと自分で暖房器具のことまで考えておかないと
いけませんから、しっかりとその場合は、
導入する暖房器具選びも忘れないようにしましょう。

夏場に冷房器具が欠かせないように、
冬場には暖房器具が欠かせません。
しっかりと快適な生活が送れるよう、
器具を選ぶことも、大事なポイントの
一つになりますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする