店長不在時に本部の社員や偉い人が視察に来た場合どうすれば?

店員Kです!

お店をやっていると、時々、会社の本部の人や
その他のお偉いさんがお店を視察しに来ることもあります。

現場の店長にとっては面倒なことですし、
喜ばしいことではありません。

しかし、店長とて、毎日お店に出勤しているわけではありません。
時には少ない休日を満喫することもあるでしょうし、
時には途中でお店を抜けて、今日は早めに帰ろう、なんて日も
あるかもしれません。

365日営業時間中、ずっと居ることはできません。

しかし、店長が不在のタイミングでも、本部の社員が視察しに
来たりする可能性は十分に考えられます。

そんな場合、バイトスタッフとして、どのように対応すれば良いか
書いていきますね。

スポンサーリンク

店長不在時の現場視察

店長不在時に本部社員やお偉いさんがお店にやってきて、
あれこれ確認し始めた。

これは、2通りの事が考えられます。

1つは、純粋に店長不在であることを知らなかった場合。
本部社員やお偉いさんも各店長のスケジュールを完全に把握
しているわけではありません。
それどころか、常にお店に居る!みたいな印象を持っている人も居ます。

そしてもう1つは、
「店長が居ない状態で、お店を見たい」というパターン。
店長が居ると、どうしても本部の視察向けに色々調整しますし、
店長がとっさに、本部から指摘されそうなポイント(売り場の乱れとか)を
隠すことも考えられます。

なので、店長が居ない状態に視察して、
ありのままの店の姿をみよう、と、そういう目的である場合もあります。

いずれにせよ、来てしまったからには、
現場を見ていくと思います。

この視察の際に心がけることは何なのか?という点を書いていきます。
立ち回り次第では、後日、本部社員から店長がガミガミ文句を言われることに
なります。もしも、店長を助けたい(?)と思うのであれば
下記のことに気をつけましょう!

「店長なんてどーでもいいや!」というのであれば…
お好きにどうぞ(笑)

わざわざ話しかける必要はない

やってきた本部社員や上層部の人間に、わざわざ自分からあれこれ
話しかける必要はありません。
あれこれ話すことで余計なことを口走って、色々と聞かれたりすると
面倒でしょうから、視察をしに来た社員の側から何か聞かれた時に
だけ答えるようにしておけばOKです。

向こうもアルバイトスタッフさんが仕事中なのは分かってますから
「俺に話しかけてこなかった」なんて言うことはありません。

向こうが話しかけてくるとき以外は、
いつも通りでOKです。

挨拶はしっかりとする

本部社員やお偉いさんが来たときの挨拶はしっかりとしましょう。
挨拶をおろそかにしていると、後で店長がガミガミ言われます。

「君のところの子は、挨拶もできないんだね」みたいな感じですね(汗)

店長からすればいきなり言われるので
「へ?あ?」状態です笑

そして、挨拶関連でもう一つ注意したいこと。

それはお客様が来たときの「いらっしゃいませ」と
「ありがとうございました」をしっかり言うことですね。
仮に普段おろそかにしているとしても、本部社員がいる間だけでも
これは言ったほうが良いです
(もちろん、普段もちゃんと言ったほうが良いですけれど)

これが言えていないのを見られた場合、
後日、店長は本部社員から、容赦のない徹底的な攻撃を浴びせられる
ことになります。
それを避けたい場合は、ちゃんと言いましょう。

独自ルールをあまり見せない

どこのお店でも、店長ごとに本部の推奨しないやり方を
している部分があると思います。
全部が全部、本部の指示に従っていては、逆にお店が大変なことに
なってしまいますからね・・・。

もしもそういう店長独自の作業ルールや、やり方がある場合、
本部社員が居る際には、それを見せないようにしましょう。
余計な場面を見せてしまうことで、
後日、店長がそのやり方について問いただされてしまうので、
注意が必要です

本部に告げ口すると…?

店長は、結構、本部や上層部の悪口を言う機会も多いと思います。
愚痴ってやつですね…。
で、店長が普段言っていた愚痴は本部社員やお偉いさんには
言わないでおきましょう。

「店長が〇〇って言ってました」なんていう風に告げ口を
してしまうと、後日、店長は大変な目にあうでしょう(笑)

逆に言えば
「うちの店長、いつもえばりやがって!」と思うのであれば、
普段店長が言っている陰口を、本部社員にこっそり伝えて
あげれば、店長は酷い目にあうかもしれません。

ただ、告げ口なんて、
大人げないですし、できればやめておいた方が良いです。
どうしても店長を一泡吹かせたい場合は、
告げ口しても良いですけれど…。

仕事はほどほどにやりましょう

店長が不在の際は、正直に言ってしまえば、
店長が居るときよりも、手を抜いて作業するものですよね^^
あまり良い言い方ではありませんが、私も店長が居るときよりも
居ないときの方が、安心感があるというか、
仕事はいつも通りしてますが、店長が居るときよりも、
少し力を抜いているというか…
そんな感じでした。

まぁ、それはどんなアルバイトさんでもある程度は
あることだと思います(ないですか?汗)

ですが、あまりに力を抜きすぎていると、
本部社員から「仕事をしていない」というレッテルを
貼られてしまう可能性もありますから、
ほどほどに仕事をしておくことをおすすめします。

休憩とかはいつも通りしても大丈夫?

休憩などはいつも通り行っても大丈夫かどうか?
答えは大丈夫です。
本部社員がお店にしばらく居座る場合もありますが、
何か尋ねられたときを除いて「いつも通り」行動していれば良いです。
バイトスタッフ間で、相談して休憩に行っても良いですし、
作業の邪魔になる場所に、本部社員が居る場合は、
申し出て、遠慮なくどいてもらって大丈夫です。

私の経験上、それで後で文句を言われることはまずありません。

本部社員はあくまでもお客さんではありませんから、
作業優先・お客様優先で良いのです。

本部社員優先、にする必要はありませんし、
むしろ”オブジェクト”になっている場合は、遠慮なくどかしてOKです。

店長への伝言を頼まれた場合は?

店長への伝言や連絡事項を頼まれた場合は、しっかりと聞いておきましょう。
覚えることができるのであれば、良いですが、
不安であればメモなどを残しておくと良いです。

伝言はなるべく早く店長に伝えてあげてください。
なお、もしもこういう伝言が伝わっていないと、店長が
後で怒られます(汗)

店長が不利になることは…?

本部社員は、時々、皆様に質問することもあるかもしれません。
店長の普段の行動などを…。

店長を助けたい場合は、店長が不利になりそうなことは
言わないことです。
答えたくないことには「店長に確認しないと分かりません」みたいな感じで
逃げを打っておいてもよいかもしれません。

逆に、店長が普段、アルバイトスタッフの皆様に対して
横暴な態度を取っているような人であれば、
多少、店長が不利になることを言っても良いです。

まぁ、、この辺は臨機応変で大丈夫です。

まとめ

本部からの視察、、面倒ですが来てしまったものは仕方がありません。
アルバイトスタッフの皆様には直接は関係ないことなので、
基本的に、本部社員が来ていてもいつも通りやっていればOKです。

聞かれたことだけに受け答えるような感じでよいかと。

あくまでも現場やお客様を優先してOKです。
本部社員やお偉いさんが来た場合でもそれを”最優先”する必要は全くありません。
いつも通り、普通にやっていきましょう!

ただ、アルバイトの皆様の発言や行動などで、後で店長が
本部から叱責されることもあるので、その点は、日々の店長の行動を
考えて、どうするか判断しましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする