テレビを見ながらテレビに文句を言う人!対策と原因は?

店員Kです!

テレビを見ながらひとりでテレビに対して
ブツブツ言っている人、、時々居ませんか?

ネット上などの相談を見ても、
テレビにブツブツ言って何の得があるのか?だとか、
静かにして欲しい、だとか色々な意見を見かけます。

今回はそんな、テレビを見ながらブツブツテレビに対して
文句を言う人が、何故テレビに対して文句を言うのか、
そしてどうすれば良いのか、その原因は、などなど
テレビを見ながら文句を言う人についてまとめていきます。

スポンサーリンク

テレビを見ながら文句を言う

テレビの内容について、文句を言ったり、
バラエティ番組の出演者に対して文句を言ったり・・・
パターンは色々だと思います。

テレビドラマの展開などについて、文句を言ったりする
人も居ますね。
私はテレビは基本的に無言で見るタイプなので、
何も言いませんが、
中にはこういう風に、いちいちテレビを見るたびに何かを
言う人も居ます。

文句を言うことにより、与える影響

まずは、テレビに対して文句を言って、
何か意味があるのかについて書いていきます。
基本的には全く意味はありませんが、色々な影響を周囲に
与えるので、それも併せて書いていきましょう。

〇本人はスカッとする
まず、テレビに対して文句を言っている本人はスカッと
するみたいです。
日頃、ストレスがたまっているのかもしれません。
言っている本人にとっては気持ちの良いことなので、
周囲が不快でなければ、そのまま放っておいてあげるのも
良いのかもしれません。

〇周囲は不愉快
ただ、文句を聞かされている周囲の人間にとっては、非常に
不愉快な場合もあります。
感じ方は人それぞれですが、テレビに対してグチグチ言われても
周囲にはどうすることもできないですし、
テレビは「楽しむ」ものですから、グチグチ言う人の心情が
理解できない人にとっては、不愉快な響きでしかないですし、
止めてほしいと思っている人も事実でしょう。

〇視聴の妨害に…
そして、テレビに対してあれこれ文句を言っていると、
周囲で同じテレビを見ている人に対しての”妨害”になります。
文句関連の話を周囲にふるのはなおのことです。
話しかけられれば返事をしないといけませんからね。。
特にドラマなどの場合、途中で文句を言われたりすると
展開についていけなくなることもありますから、
純粋にテレビを見たい人にとっては、ノイズでしかない、というのが
現実的なところでしょう。
(知り合いにもそう言っている人は居ました)

〇言っても相手には届かない
そして大事なこと。どんなにテレビに対して文句を言っても、
その相手にその言葉が届くことはありません。
つまりは、全くの無意味です。
テレビに対して文句を言うことのメリットは
「自分がスカッとする」
それだけでしょう。

相手には言葉は届きませんし、
周囲は嫌な気持ちになる人もいる。
それ以外に意味はありません。

まぁ、悪い言い方をすれば
「自分の都合のみを考えた」行為でもあると言えます。

文句を言うのをやめたい!

テレビに対して、文句を言ってしまう人の中で、
自分で文句を言うのをやめたい!と思っている人は、
まず、冷静になってテレビをみましょう。

そして、日ごろ、ストレスを感じないように
(なかなか難しいとは思いますが)心がけることです。

で、テレビを見る時も冷静になりましょう

・これはテレビなんだ、とちゃんと認識する
・文句を言っても、相手には届かないことを理解する
・周囲には嫌な気持ちをしている人もいるかもしれない

この3つをよく頭の中に思い浮かべて、冷静な気持ちで
テレビを見つめれば、治るかもしれません。

また、それでもどうしても自分を抑えられない!
周囲からも嫌がられている!という場合は、
ご自分の性格ですから、それをいまさら治すのは
難しいことでしょう。

では、どうするか。
答えは”人と一緒にテレビを見るのをやめる”しか
ありませんね…。
ご自分が気になるのであれば、そうするしかないです。

もしくは、テレビを見てストレスが逆に溜まるのであれば、
テレビそのものを見ることも考えた方が良いかもしれません。

テレビは本来楽しむものです。
しかし、それが出来ずに逆にストレスを溜めているのであれば、
本末転倒ですから、テレビを見るのは止めた方が良いのかもしれません。

文句を言っている人への対策!

今度は逆に、身近に”テレビを見るとテレビに対して文句を言う人”が
居る場合で、それを止めさせたい場合の対策を書いていきます。
対策…と言っても、出来ることは限られていますが、
どうしても不愉快だったり、悩んだりしている場合は、試してみるのも
良いと思いますよ!

対策1・直接言ってみる

直接言えるような状態・間柄であれば、その相手に直接
「テレビを見ている時に文句を言うのはやめてほしい」と
伝えてみると良いと思います。

ただし、テレビに対して文句を言う行為は
「性格」である場合も多いです。
言っても通じない場合もあると思いますし、
その時は、分かってくれても、またすぐに繰り返してしまう可能性も
非常に高いです。

ただ、相手にも相手の考えがあるでしょうから、
あまりしつこく、厳しく言い続けると、
その方との関係が拗れる可能性もあります。

一度指摘するのは良いと思いますが、しつこく繰り返し指摘するのは
良作ではありません。

対策2・一緒にテレビを見るのをやめる

文句を言う人と一緒にテレビを見ない。
これが一番の予防策であり、解決法だと思います。
テレビに対して文句を言うのは、その人間の「性格」によるものが大きいです。
なので、指摘したところで、クセというものはなかなか治りません。

そのため、直すのは諦めて、
自分から”一緒にテレビを見ないようにする”工夫をする方法です。

例えば、ドラマなどであれば、録画しておいて、一緒の時間に
テレビを見ないようにする、などの工夫ですね。

相手は何かと文句をつけながら、テレビを見るのが好きなのでしょうし、
対するあなたはテレビに文句をつけられてしまうと、気が散るし
良い気分ではない!という場合は、
別々に見た方が、2人の為です。

相手も、テレビに文句を言えないとつまらないでしょうし、
対するこちらは、近くでテレビに文句を言われていると非常に面倒臭い。。
という考えであれば、相容れることはできません。
お互いの為にも、別れた時間帯にテレビを見るのが望ましいと思います

文句を言うのは直せない?

あえて”治す”と書いている場所もありますが、
基本的には治せませんし、治らないと思います。

テレビに対して文句を言ってしまうのは一種の性格です。
本人にとっては、それがテレビを見るためのスタイルなのです。
そのため、周囲から指摘されても、なかなかそれが治ることはありませんし、
改善するのも難しいでしょう。

一時的に改善したとしても、また時間が経てば同じように
テレビに対して文句を言いはじめると思います。
なので、やはり完全に直すことは困難だと思います。

言っている本人も、周囲の人間も、少しずつ遠慮して
共存共栄していくしかありません。

まとめ

テレビに対して文句を言う人にとっては、それが当たり前のことになってますし、
それがストレス発散にもなっているのだと思います。

しかし、それにつき合わされる周囲にとっては
面倒なことだと思いますし、あまり気持ちの良い事ではないでしょう。

が、文句を言う人の性質を直すことはできませんし、
周囲も我慢していては逆にストレスが溜まるでしょう。

なので、やはり一番良いのは、お互いが、なるべく同じ時間帯に
同じ番組を見ないこと、これしか方法は無いと思います。

下手に自分の意見を押し付け合うと、
必ず揉めますし、トラブルになります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする