平均年齢が低いとブラック企業?その理由は何なのか…?

店員Kです!

ブラック企業を見分ける方法として、よく言われるのが
”その会社の平均年齢”

これが低ければ低いほど、ブラック企業の可能性が高い、
と言われていますね。

例えば、平均年齢が40歳の職場よりも、
平均年齢が20歳代の職場の方がはるかに怪しい、ということですね。

ですが、疑問に思ったことはありませんか?
平均年齢が低いと、何故ブラック企業率が高くなるのか。

今回は、そんな
”ブラック企業は平均年齢が低いのは何故なのか”という
ことについて書いていきます!

スポンサーリンク

ブラック企業の平均年齢

ブラック企業の平均年齢は確かに低いです。
私の旧勤務先も、ブラック企業でしたが、やはり全体会議に行った際に
思ったのですが、全体的に若い人が多めな印象でした。

その会社内で平均年齢を聞いたことはないので、
具体的な数字としては分かりませんが、
結構若い人が多めでしたね。

若い人以外には、疲れてそうなおじさんが多い印象でした。

他にもブラック企業のメンバーを見たことがありますが、
やはり、私の経験上、若い人が多い方が
「ブラック企業率が高い」というのは間違えでは無いと思います。

もちろん、平均年齢が高いブラック企業もあるでしょうし、
平均年齢が若くても「ブラック企業ではない」ところも
あるとは思いますが
”確率”としては高くなると思いますね。

何故、ブラック企業の平均年齢は若くなる?

ブラック企業の平均年齢が若くなる理由。
これははっきりしていると思います。
ブラック企業特有の事情が、平均年齢を引き下げます。

どうしても、ブラック企業のやり方をしていると、平均年齢が
下がって行く・・・
では、それは何故なのかを見ていきましょう。
こういった原因で平均年齢は下がっていきます!

①離職率が高い

ブラック企業に勤める社員たちは、当然、肉体的にも精神的にもきつい人が多いです。
そのため、精神的に疲弊し、退職していく人も多いのです。
つまり、離職率が高い。

そのため、会社に人間が定着せず、どんどん入れ替わりを繰り返していくことになり、
結果的に年配の方などが居なくなり、若い人で職場が溢れかえることになります。

実際に、私の旧勤務先(ブラック企業)でも、精神的に病んでしまって
退職・休職することになった人を何名か知っています。

また、ブラック企業勤めの人は、当然その会社に居心地の悪さを
感じている人間が多いですし、
そういう方は何らかのきっかけがあれば、喜んでその会社を退職しますから、
より人間が定着しにくい状況が作り出されているのです。

②安く人を雇おうとする

そして、ブラック企業特有のもう一つの問題。
それがとにかく人を安く雇おうとしか考えていないことですね。

年配の方や勤続年数が長いような方だと、
当然、給料が上がったりするでしょうし、ボーナスも上がるでしょう。
ですが、会社としては雇いたくない。

その為、若い方ばかりを採用する傾向にあり、
社員でも、ある程度、年齢が行っていて、給料が上がっているような社員は
会社が辞めるように仕向けることも。

若い人の方が安い賃金で雇い、しかも案外一生懸命働いたり
してくれるものですから、ブラック企業にとってはとっても
美味しい存在…ということになります。

平均年齢が低くなる原因としては、こんなところでしょうか。

とにかく、会社の環境が悪いために、ある程度年齢の行った人間は
次々と退職するなり、転職するなりし、
会社側も人間を出来るだけ安く働かせようとするので、
ある程度年齢が行き、給料などが上がってきた人間を
容赦なく、冷たく排除するカタチになります。

そうして、平均年齢は下がっていくわけですね。

平均年齢が低いと起きること

では、会社の平均年齢が低いと、どのようなことが起こるのでしょうか。
確かに、若さに満ち溢れて、とかそういうプラス方向もあるには
あるので、そういう面を強調している会社も多いです。

アットホームな雰囲気の職場です、だとか
若い方が活躍している職場です、だとか、そういうキャッチコピーで
マイナスをプラスに宣伝しているところも。

ですが、やはり、ある程度年配の方というのも、会社においては
必要です。若い人ばかりだと、色々と問題もおきかねません。。
では、一体どんなことが起きるのか…

①教育がおろそかに…

新人教育が疎かになりがちです。
教育しようにも、そもそも現場にいる人間全員が
日が浅かったりして、なかなか教える人も居ないような状態。
例えば、新しいスタッフがやってきても、誰も教えることもできず、
「自分で見て覚えて」というように放置されるケースもあります。

私もバイト時代に経験しましたが、
初日から一人で店に放り出されたりとか、
何も教えてもらってないのに怒られたりだとか、
そういうこともありました。

若い人ばかりの現場だと気配りの面でかける現場もあるので、
こういうことが起こりやすくなってしまっています。

②厳しい指導やいじめ

若い人の職場だと、指導が必要以上に厳しくなってしまったり、
「いじめ」のようなことが起きてしまったりすることも多いです。
指導、という面に関しては、若い人の方が未熟なことも多いです。
どのように指導してよいか分らず、いじめのようなやり方に
なってしまったりすることも。

もちろん、年配の方でもおかしな指導をする人もたくさん居ますが
若い現場には若い現場なりのいじめまがいのようなことが
起きているところが多いのも現実です。

特に、中心的人物とその取り巻きが結託した場合などは
より厄介ですね。

③指導ができない場合も…

若いもの同士で、上に立つ立場の人間が、遠慮してしまい、
ミスの指摘や指導なども満足できないパターンもあります。
そうすると、逆に職場全体が緩んでいってしまい、
結果的にこの場合でも、職場のバランスが崩れてしまいます。

また、責任感の無い人間が多い場合もあり、
何か責任のある仕事を避けようとしたり、
責任の押し付けあいなどが始まる場合も。

明らかに年齢が上の責任者が居る場合は、その方が
責任を負うような感じになるかもしれませんが、
全員、若くて同じぐらいの年齢だと、押し付けあいが
始まることも多いです。

④会社に絶対服従

これが、ブラック企業の狙いそのものだったりします。
”会社に絶対服従”
若い人間だと、とにかく一生懸命やる人も多いです。
年配の人間は、ある程度発言力も増したり、会社の言いなりに
なったりしにくいものですが、
若いと、どうしても、自分の生活を守るために必死なので、
心の中では疑問を抱いていても、表面上は、会社に服従して
しまいがちです。

役員や社長などに心酔する人も出てくるでしょう。
内心はどうだか分かりませんが、私の旧勤務先の全体会議も
なかなか気味の悪いものでした。

会長やその取り巻きに心酔している人が非常に
多かったのです。

もう、なんと言うか、周りが見えていないような感じでしたね。
ああなってしまうと、なかなか抜け出すのも大変でしょう。

そして、周囲にも次第にそれが伝染していき、
”誰も逆らわない理想の世界”が出来上がるわけですね。。。

まとめ

もちろん、平均年齢の若い職場が全てブラック企業というわけでは
ありません。黒く染まらずに立派にやっているところもあるでしょう。

しかし、やはり会社からしてみれば、若い人間の方が色々な意味で
扱いやすいのです。

一つは、比較的安い金額でその人間を雇うことができる、ということ。

そしてもう一つは、若い人間の方がどちらかと言うと
意のままに操りやすい、ということ。

全ての若い職場がそうとは限りませんが、
ブラック率が高いのは事実です。
ブラック企業を見抜く際の判断材料の一つにはなると思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする