地震が11月7日までに?この緊急警告情報に惑わされない!

店員Kです!

昨日にこんな情報がネットに出ているようです。

それが日本を「地震」が襲う可能性が高い、と
そういう情報ですね。

で、不安に思っている人もいるみたいです。

ですが、この”情報”に関しては心配する必要はありません。

10月下旬~11月上旬に、と言われていますが、
この情報に関しては信じなくても良い理由が
たくさんあります。

今回の記事ではそれらを書いていきます。

ただ、地震はいつ起こるかは分かりません。
”偶然”が一致することもありますので、
日々、いざと言う時のための備えをしておくことは大切です。

”たまたま”この情報と一致することも
ありえない話ではないですからね…

では見ていきましょう。

スポンサーリンク

11月上旬までの地震?

ネット上でこんな情報が出回っているようです。
11月上旬までの日本で地震に注意するべきだと。

私もその情報の発信元と思われるサイトを
見てみましたが、確かにそう書いてあります。

考えは人それぞれですから、私はこの予想を否定するつもりは
ありません。
誰がどのような予想をしようと自由ですからね…。

ですが、私の身の回りにも不安を少なからず感じた人は
居るので、必要以上に不安をあおるのは良くないことだと思います。

と、いうことで”この情報”を信じなくて良い理由を書いていきます。

ただ、上でも書きましたが地震はいつ起きてもおかしくない
自然現象ですから、この情報に関係なく、地震がどこかで起きる
可能性はあります。
日々の備えはしっかりしておきましょう!
地球上に居る限り、地震は回避できませんからね…。

環太平洋・時計回りの法則?

この法則によって地震が起きる可能性が大、だとこの情報は言っています。
過去の事例やリングオブファイアなどという事例を掲げて、
確かに「ふーん」となるような感じで書かれていますが、
惑わされてはいけません。

確かに他の場所の地震が他の場所の地震活動に影響を与えることは
間違えありません。
しかし、このように<緊急警告>などという煽りは、個人的には
疑問に感じてしまいます。

まず、今までのリングオブファイア、という事例が載っていますが
100年分ぐらいのデータを載せており、
100年もあればそういう事例が必ず見つかるものです。
根拠として示すには、期間が長すぎです。

また、最近のデータも上がっていますが、
もともとこのあたりは地震が多いこと、
また海底が震源地のものはマグニチュードが大きいものも多いので、
M6越えのものも比較的ポツポツと来ています
(地震情報を毎日みていれば分かるかと思います)

まぁ、ここまでは前置きとしてこの情報を
怖がる必要のない根拠を挙げていきますね

①期間が長すぎ

今から11月上旬までは要注意、とありますが、これは期間が長すぎです。
これだけの期間があれば、太平洋側で一度はM5とか6クラスの地震が
起きる可能性は十分にあります
(震度としては3とか2程度の地震)
で、この期間中に一回でも地震が来れば「言った通りになった」と
されてしまうのでしょうけれど、
そのレベルの予想であれば誰でもできます。

地震うんぬんとか書いてある週刊誌などにも多いことですが
「地震発生注意」とする期間が長いのが特徴です。

これは「その期間中にそこら辺で地震が起きたら的中」というためだと
思います。
半月以上の期間を注意、と言っている(余震は例外です)ものは
全てあてずっぽうに近いものだと考えて良いと思います。

②サイトの過去の記事を見る…

この情報の発信源のサイト様の過去の記事を見てみると、
似たようなことを何度も言っています。
地震、地震、地震。
そんなに地震がお好きなのでしょうか。。

勿論、何を書くのも自由ではありますが、
これだけ何度も地震、地震言っていれば
当たることもあるでしょう。

緊急警告!も1回目ではなく、何回もやっているようです。
信憑性はザンネンながらほとんどないと言っても良いと思います。

サイトの過去の記事一覧を見てみれば皆様も
安心できると思います。

このサイトはいつも同じようなことを書いているページなのだと。
とにかく、過去の記事一覧を見て頂けるだけで
「信用する必要はない」と分かって頂けるはずです。
あくまでもそう言うモノが好きなかたむけのサイト様であり、
真剣に不安を感じるよう必要性のあるものではありません。

何を書くのもサイト様の自由なので、別に問題は無いと思いますが
それを読んで不安に思うことはありません。
地震で〇〇、というのが日常茶飯事的に書かれていますが、
現在のところ、それが本当の意味で的中しているものは
見受けられません。

(M5.9が来た!的中!みたいなこと書いてありますが
そのレベルの地震は、世界規模で見るとよくあることなので
的中!とは言えないと私は思います
予想期間も長いですし)

③データを引用していますが…

過去のデータを引用して、その可能性が高い!みたいな
感じで書かれていますが、それもよ~く読んでみると
データを引用して不必要に不安をあおっているだけにしか
見えません。
文章をしっかり読んでいけば、それは分かるかと思います。

13回中7回は…だとか、実際、文章内に
大したデータが示されていないのです。

何故週刊誌とかネットは過激な地震予知を書くの?

何故、大した根拠がないのに週刊誌などでもそうですが
地震予知を書くのか。
それは週刊誌であれば売上、そしてネットであればアクセス数を稼ぐためです。

「地震に注意」と書かれていると、多くの人の目を引きます。
ついつい見てしまいますよね。
つまり、そういうことです。

アクセスや売上が稼げればそれで良い、ということなのですね。
惑わされないようにしましょう!

日々の備えは必要

と、いうことで11月上旬まで云々は、気にする必要はありません。
ですが、地震は日々起こっているモノですから、
日々の備えはしっかりしておきましょう。

半月もあれば”偶然の一致”もあり得ますし、
地震がいつ来るかなんて誰にも分かりません。

ですので、避難経路の確認だとか、避難グッズの準備だとか
そういう備えをしておく必要はあると思います。

地球のコントロールなんて人間にはできませんし、
今現在の科学では予知もできません

地震予知のカラクリを知っておく

地震の予知は現時点では”不可能”です。
色々と地震予知、などと言うのも出回っていますが
どれも”予想”でしかありません。

あくまでも過去のデータから
”怪しいなぁ”ぐらいが今現在の限界です
(しかも、これも外れることが多いです)

”当たった”と掲げている方も居ますが、
上でも書いた通り
”〇月中は”みたいな長い期間を予想すれば、
誰にでも当てることはできますし、
場所も〇〇方面は注意ぐらいであれば、結構適当なことを
言っても、該当する地震は1回ぐらいは来るものです。

例えば、10月中は日本の〇〇で地震に注意!
と言ったとしましょう。
そして10月の中旬に〇〇地方先の海域でM5クラスの地震があり、
陸地に震度2の揺れがあったとします。

すると、予知した人はなんていうでしょうか?

「予想より規模は小さかったが〇〇でM5の地震があった」と
言いはじめて的中!と騒ぎ始めるわけです。

この程度のことであれば誰にでもできますし、
頻繁に予想していれば必ず当たるでしょう。

なので、
”頻繁に地震予知をしている人”
”予知の期間が長い人”
”具体的な場所を示せていない(〇〇地方とかだけ)の人”

の地震予知は”個人の予想”でしかありません。

競馬とか(私はやりませんが)の予想と同じレベルです。
あくまでも予想であり、予知はできません。

まとめ

11月上旬までにリング~~で、地震が、というのは気にしなくて良いです。
ただ、地震については何度も書いている通り、常日頃から対策は
しておかなくてはいけません。
今回の情報関係なしに地震が起きる可能性もありますし
(そうすると的中!と騒ぎ始めますが)
全く違う場所や、安全とされている場所で地震が起きることもあります。

結局のところ、地球の活動次第であって、
今現在の技術では予知は不可能なので、
週刊誌などによくある〇〇までに地震が~というのは一切気にしなくて大丈夫です

”外れているもの”ばっかりですから。
この数年で何度もこんな感じのをみましたが
ほとんどはずれています
(本人は当たってる!というかもですが(上のような言い訳で)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする