著作権侵害の改正案の方針が決定!どうなるの?問題点は?

著作権法改正案というものが議論され
これの方針がまとまったというニュースが
出ていますね。

スクリーンショットもNGとするこの改正案は
どのようなものなのでしょうか。

そして、問題点や、
今から出来る対策についてもお話を
していきたいと思います。

どのような改正なの?

著作権を侵害していると知りながら、
ネット上のコンテンツをダウンロードしたりする行為。
これに関する改正で、
今までは基本、音楽・映像に関するものでしたが、
改正案により小説、雑誌、論文、写真、プログラムなどの
あらゆるコンテンツのダウンロードが違法になる、という
方針が決まったというものです。

まだ、あくまでも方針が決まっただけであり
実際に改正されたわけではない、ということは
まず、大事なことになります。

改正によれば、個人のブログやツイッターなどでも、
権利者の許可なく載せている画像をダウンロードした場合
違法となる上、
著作権を侵害している画面をスクリーンショットで
パソコンやスマホに保存することも違法とされる、
というもので、
非常に範囲が拡大しているのが分かると思います。

ただ、まだ具体的な詳細は明らかになっておらず、
最終的にどのような改正が行われるのか、
条文はどうなるのかなどについては不明です。

刑事罰はどうなるの?

違法でダウンロードしてしまった場合どうなるのかどうか。
これは、慎重に議論が行われているようです。
「刑事罰による抑止を行う必要性のある悪質なものに限る」
「権利者に実害がある場合」
「繰り返し同様の行為が行われる場合」
「原作を丸ごと複製する場合」などに限って
刑事罰を与えていく、とのことです。

仮に、スクリーンショット=刑事罰、なんてことにすれば、
犯罪者だらけになってしまいますし、
各方面から逮捕者が続出するでしょう。
そんな無法地帯にならいためにも、制限は必要、
ということになりますね。

どうすればいいの?

ネットでブログを書いたり、SNSをやっている人は
どうすれば良いか。

”現時点では何もしなくていい”というのが答えです。
発表されている内容が非常に曖昧であり、
方針もコロコロ変わる可能性もありますから、
現時点で何か対応する必要はないでしょう。
もちろん、漫画村のような明らかにアウトな
サイトを運営しているような場合は例外で
ただちにサイトを閉鎖するか改善するべきですが、
これまでの考え方で問題になっていないようなサイトなどの
場合は、現時点では特に気にする必要はないでしょう。

具体的にはっきりしない以上、
個人個人として打つべき対策はありませんし、
あれこれ悩むだけ、時間の無駄です。

いつから始まるの?

これも曖昧ですが
早ければ来年から施行されると言われています。
ただし、それまでに色々な議論や、反対意見賛成意見、
手直しなどが入ると思いますから、
まだ具体的な時期については分かりません。

今後のニュースを要チェック、ということでしょうか。
少なくとも、現時点で「そうなった」わけではないので
この点に関しては間違えないようにしましょう。

問題点

問題点もいろいろと出てくるかと思います。
どんな問題点でしょうか。

・混乱が生じる
あまりにも行きすぎな違法範囲は混乱を招く可能性があります。
若い層を中心に、スクショ(個人的な)は日常的に行っているでしょうし、
ツイッター、SNS、ブログなどに画像を載せている人は
多いでしょう。
これらに関して、どうすれば良いのか、混乱が生じるはずです。
そのあたりは改正前に、ちゃんと対応するべきでしょう。

・過去の画像はどうするのか?
今まで違法では無かった範囲の過去の画像はどうするのか?
これも、問題ですよね。
例えば、SNSにスクショなどを載せている場合…。
改正後は、過去のものを全てさかのぼって削除しなければ
いけないのかどうか?
そのあたりもはっきりしません。
過去の分も全て、となると多くの人は対応できないと思いますし
ブログや公的なサイトにまで、混乱が生じるはずです。
過去のスクリーンショットや画像、引用など全て修正が
必要となれば、そんなことできるほどの暇人は
ほとんどいないことは安易に想像できると思います。

・とても対応できない
ダウンロードの違法化の範囲を広げれば、とても
全てには対応できないでしょう。
取り締まる側も曖昧な、取り締まりをすることに
なってしまうと思いますし、
著名人のブログやサイト、お店のブログやサイトなどでも
「改正後はアウトなんじゃ?」というものはたくさんあります。
それらすべてに対応するのは不可能であると思います。

・古い考えだけで決めていないか?
会議の写真などがニュースサイトに出ていますが
若い人の姿が見当たりません。
ネットを理解していない層だけで適当に議論を
進めていないかどうか、という点は懸念されます。
若い世代の意見も取り入れた方が良いかと思います。

こんなところでしょうか。
とにかく、問題点は多い気がします。

漫画村などの明らかに違法なサイトの取り締まり強化は
重要なことですし、良い事です。
ただ、方向性を見失ってエスカレートしてしまわないことを
祈るばかりです。

まとめ

現時点ではまだ謎の部分も多いです。
今後、どこからどこまでが~のような詳しい説明や、
刑事罰の適応などに関する詳しい取決めが
出てくることでしょう。
また、方針も変わるかもしれません。

流石に、決める側も、スクリーンショット=はい、逮捕!
ダウンロード=はい、逮捕!みたいなことをすれば、
世の中が終わることは分かるでしょうから、
具体的に、しっかりと取決めが行われるものと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする