人事異動は拒否できるの?人事異動拒否の現実と対策!

店員Kです!

会社勤めの人間にとって怖いのが人事異動ですよね。

ある日突然、遠くの勤務地に異動しろ!などと会社から
言われてしまうこともあるでしょう。

住み慣れた場所を離れて、遠く離れた地で仕事をすることになる…
そんな恐怖です。
もちろん、そういうのが好きな人はスキでしょうけれど、
イヤだ!と言う人も多いのが事実。

異動になり、遠くに行くことになれば
家族持ちであれば、単身赴任するのかどうかも含めて
色々話しあわなくてはなりませんし、
その他にも止むを得ない事情は色々と出てきます。

また、友達や恋人などとも、基本的に離ればなれに
なることになりますよね。

転勤先が海外などであった場合はなおさらです…。

では、この人事異動、拒否は出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

人事異動は拒否できる?

人事異動の拒否は…ザンネンながら基本的には「不可能」です。
基本的に会社には人事異動に関する権利が認められています。
明らかに悪質な場合は別ですが、
通常の「人事異動」を雇われている側が拒否をするのは非常に
難しい事です。

異動の理由が通常の部署異動であったり、転勤を伴う異動だったり、
処分により異動だったり、昇進による異動だったりと、
色々あるとは思いますが、
いずれの場合もこれを拒否することは非常に難しく、
異動の内示が出た時点で「その会社に残りたければ」我慢して
それを受け入れる、というのが一般的です。

いえ、異動したくない気持ちはもちろん分かるのですが…。

人事異動を拒否する方法

基本的には人事異動は拒否できません。それは上でも書いた通りです。
ですが、どうしても異動したくない、もしくはどうしても異動できない理由がある、
そんな人も居るかと思います。

こんな場合はどうすれば良いのか。
それについて書いていきます。

まず、前提として異動には「辞令」の前に「内示」が行われる場合があります
(ない会社もあります 私の旧勤務先の場合はありませんでした)

基本的に”辞令”として人事異動が発令されればもう拒否することは
できませんし、これを拒否するのであれば会社を退職することになる可能性も
非常に高くなります。

ですから、異動を拒否したいのであれば、辞令が出る前、内示の段階で
何らかの対処を行っていくことがカギとなります。

ただし、内示の段階であっても、基本的には異動は覆りません。
ただ、わずかな可能性ではありますが、異動が白紙になる可能性も0では
無いのです。
その方法を書いていきます。

①不当な人事発令である場合

まぁ、、これはあまり認められないのですが、
不当な人事発令(嫌がらせ目的など)である場合は拒否することはできます。

ですが、どのような理由であるかをハッキリと突き止める、ということは
非常に難しいことですし、なかなか「嫌がらせ目的」なのか、
それとも「正当な目的」なのかの判断は外部からは非常につきにくいものです。

確実に「不当な動機」だと分かるような証拠を突きつけでもしない限り、
これは難しいでしょうね。

②雇用契約に反する場合

入社時などの雇用契約に反する場合はこれを拒否することは可能です。
例えば雇用契約書上に異動に関する記述などが一切ない上に
勤務地などが固定になっている場合は、
それをネタに拒否することは可能です。

ただし、それでも会社側はどう出てくるか分りません。
理屈としては拒否できるのですが、
実際に拒否した場合、どうなるか分りません。

雇用契約にありませんから異動はしません、というのが
果たして通用するかどうか。
私は、実際にはほとんど通用しないのではないかと思います。

実際に、雇用契約に書いてなくても異動になっている例を
私はいくつか知っています。

一応「雇用契約に~」と言ってみるのは良いとは思うのですが、
結果がどうなるかは分りませんね。

もしも雇用契約をネタにしても、会社側が「異動しろ」という
雰囲気なのであれば、あなたに辞める気が無い場合は
大人しく従うしかないのが、現時的なところです。

③やむを得ない事情がある

やむを得ない事情がある場合、会社側と相談して、
異動が取り消しになる可能性はあります。
これは、会社と個別に相談する感じになります。

ただ、よほどの理由で無いと、やはり異動の決定は
そう簡単にはくつがえりません。

異動は労働基準法違反でも何でもないので、
会社も業務命令として強気に出てきます。
もしもやむを得ない事情があるのであれば
こちらもしっかり伝えないといけません。

介護や育児、病気などそう言った理由である場合、
それが受け入れられる場合もありますが、
基本的にはこれも何だかんだ理由をつけられてしまい、
異動させられることが多いです。

異動を拒否するとどうなる?

では、異動を意地でも拒否してやる!となると、どうなるのか。
それについても書いておきましょう。
基本的に人事異動がどうしても嫌だ!という場合は
拒否することは可能です。
ただし、そのあとどうなるかは分りません。

異動を拒否した場合、
懲戒処分の対象になってしまう可能性があります。

場合によっては懲戒解雇されてしまうことも。
実際に懲戒解雇された人も居ますし、
これは法律上でも違法なことではなく、
雇用契約などで、勤務地が固定されでもしていない限り、
異動を拒否して懲戒解雇されてしまっても
残念ながら文句は言えないのです。

権利の濫用と考えられる場合には、無効になることも
あるのですが、基本的にはそれは難しいことだと思います。

やはり、異動を拒否することは基本的には出来ない、
そう考えておいて間違いないです。

どうしてそこまでするの?

異動を拒否すると懲戒解雇。
どうして会社はそこまでするのでしょうか?

結論から言うと「そうせざるを得ない」ということですね。

人事異動を辞令として出して、それを拒否した社員に
「あぁ、そうですか」と言っているとどうなるでしょうか?

恐らくはそういう風に異動を拒否する人が大幅に増えてしまい、
最終的には異動を受け入れる人間が居なくなってしまいます。

会社はそういうことも恐れており、異動を拒否した社員に
対しては厳しい処置をとるのです。

異動したくない場合は先に対策を!

もしもどうしても異動したくない!という場合は先手を打っておくのが良いです。

まず、就職先。
異動があるのは全国展開、もしくは国外に展開している会社だけです。
基本的に小さな会社であれば異動はないでしょう(異動する先もない)
その分「安定性」としては不安が残りますが、どうしても異動したくない!
という場合は、就職先を選ぶ時点で、ちゃんと考えておくと良いかとは
思います。

また、異動がありそうな会社の場合も、予め人事部や上司に
話せる人間が居るのであれば、何らかの理由をつけて、できれば
異動はしたくない、というようなことをお話しておくと
良いかと思います。

それだけでは100パーセント異動を防げるわけではなく、
あっさりと辞令を出されてしまう可能性は十分にありますが、
それでも、何も言わないよりかは、少し可能性は下がると思います。

まとめ

と、いうことで残念ながら人事異動は基本的には「断れない」
ということですね…
法律上も人事異動は認められていますし、断るにしても、
相当なリスクが付きまといます。

場合によっては十年以上勤めた会社も人事異動を断ったことに
よっていとも簡単に解雇されてしまうこともだって
考えられます。

確かに人事異動は住み慣れた土地を離れることになる場合は
特に、色々と負担もあり厳しいことだとは思いますが、
本当にやむを得ない事情がある場合を除いて、
大きな会社に勤める以上は仕方の無いことなのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする