真冬にハロゲンヒーターでお店を営業した結果…寒すぎる…

店員Kです!

今回はちょっと趣向を変えたお話を一つ。

ハロゲンヒーター
皆様はご存じですか?

扇風機のような形をした暖房器具です。

今年の初めの冬の話なのですが、
私はこのハロゲンヒーターでお店を1日営業したことが
ありました。。

しかし、ハロゲンヒーターは部分的には温める効果が
あっても、部屋全体の気温を上げるモノじゃないんですよね…

今回はハロゲンヒーターだけでお店を1日営業した
結果と、何故そんなことになったのかを合わせて書いていきます。

スポンサーリンク

ハロゲンヒーターとは?

ハロゲンヒーターは電気を使って
部屋を暖めるタイプの暖房器具ですね。
電気によって、その場を温めるタイプの器具なので、
部屋全体を暖めるわけではなく、ハロゲンヒーター自身が
向いている方向だけを温めるタイプの暖房器具です。

なので、ハロゲンヒーターの目の前に居れば
暖かいのですが、ハロゲンヒーターと違う方向に居る
人間に対しては、ハロゲンヒーターがついている部屋で
あっても、全く意味をなさない場合が多いです。

ちなみにどんなものかと言うと…

こんな感じのものです。

小さい頃、私はハロゲンヒーターも扇風機
だと思ってました(笑)

ちなみに、
もっと扇風機に近いカタチのものもありますよ!

ハロゲンヒーターでお店を営業

しかし、今年の初め、私はなんと、
このハロゲンヒーターでお店を営業することになってしまいました。
他の暖房器具は一切なし!

ハロゲンヒーターで店内を温めているお店なんて
今の世の中ないでしょう…
私も普段はちゃんとエアコン使ってますし…

ですが、あの日は色々な不運が重なって
ハロゲンヒーターで1日お店を営業することに
なってしまったのでした…

いやぁ…本当に辛かったですよ…。

まぁハロゲンヒーターがあっただけでも良いのですが…

雪の日に起きた悲劇!

悲劇は雪の日におきました。
私のお店ではエアコンの暖房を使ってお店を
暖めています。

今のテナント物件をお借りしたときからついていたエアコンで
前の方が残していったものなのですが、
結構古臭い雰囲気とはいえ、
夏場は冷房、冬場は暖房で活躍してくれる大切な存在です。

しかし…事件は起きました。

その日、私のお店がある地域では珍しく「雪」が降っていました。
それも、そこそこの量。

そして、ふと気づきました。
「なんか今日は店内がいつもより寒いな…」と。

気になってエアコンに手をかざすと、
エアコンから空気が出ていませんでした(笑)
これは困った…

電源をオフにしてつけ直したりだとか、色々試しましたが
結局エアコンが回復することはありませんでした…

原因は分かりませんでした。
今、振り返ると気温と雪だとは思いますが、
エアコンがバリバリ音を出したりと、
なかなか酷い有様でした。。

こんな寒い日に…
勘弁して~~~!
って感じでしたね。。

凍える寒さ…

エアコンがつかないので、仕方がなくそのまま営業しました。
ガスストーブなどは私のお店にはないので
(そもそもガスの契約をしていない)
他に暖房器具は無かったのです。

移動時に着ていた上着などを着て寒さをしのいでいましたが、
手がブルブル震えるぐらい寒かったですね…

朝のうち暖房はついていたのですが、
その時に蓄えられた熱気はお客様の出入りの際に
逃げていきましたし…(笑)

時間が経つにつれてどんどん寒くなって行く店内。
たまたま店にあったカイロも使いましたが
無駄なあがきでした…。

お客様も「何か寒いなぁ」みたいなことを仰る中
(まぁ、当然ですね)
私は、あることを思い出しました。
それが…

ハロゲンヒーター登場

「あ、裏にハロゲンヒーターあるじゃないか!」と…笑

とある目的で自宅から店の休憩スペースに移動しておいた
ハロゲンヒーター。

そうだ、ハロゲンヒーターがあるじゃないか!ということで
ハロゲンヒーターを店内に移動して起動しました。

しばらく使ってなかったので、先に掃除が必要でしたが(汗)

冷え切った私自身に向けたハロゲンヒーター。
この時は本当に地獄から天国ですね^^

W数がだいぶ高かったので
長く使ってると電気代かかるだろうな~などと思いつつ、
ハロゲンヒーターに当たりながら仕事をしていました。

しかし、お店は暖まらず…

しかし、残念ながら、分かっていたことではありましたが
ハロゲンヒーターは熱を当てている部分しか暖まりません。

つまり、店内は冷え切ったまま。
実際に温度計で店内側の温度を当時、確認しましたが
ハロゲンつける前と0.〇〇レベルにしかあがってませんでした。

部屋全体を暖める、という効果はほとんどない。
これが現実でしたね…

お客様からすれば、あの日のワタシは
”お客様に寒い思いをさせて、自分は堂々と
ハロゲンヒーターで暖まっている…
まるで悪魔のように見えていたことでしょう…

とにかく、店内は全くと言っていいほど
あたたまりませんでしたし、
子供たちがもしもハロゲンヒーターを見たら
触りたがるでしょうから、店内に出すこともできませんでした。

と、いうことでお店をハロゲンヒーターで暖める!
というのはちょっと無理のあるお話でした^^
私自身が暖かい!ぐらいしかメリットが無かったですね

あと…今の子供は
ハロゲンヒーターなんて知らない子もいるでしょうから、
ある日来た子供が、私の横で輝くハロゲンヒーターを見て
「なんだこいつ?」みたいな表情をしていたのは良い思い出ですw

エアコンの復旧…

その日は結局、最後までエアコンが復旧することはなく、
ハロゲンヒーターで過ごしました。
お客様にとっては寒かったことでしょう…

ですが、上でも書いた通り、子供たちが楽しそうに
ハロゲンヒーターを触ってしまうので、カウンター奥で
私に当ててるぐらいしか使い道が無かったので…。

翌日。
エアコンを再び起動しましたがやはり起動せず。
仕方がないのでコンセントから引っこ抜いてみたところ、
ようやく復旧しました。

最初、普通に起動しなかったので
「まさかエアコンは壊れたのか…?
修理するお金あるかな…」
なんて絶望感も味わいました(汗)

まぁ、結局復旧できて良かったです。

室外機が雪などでやられてしまうことがあるようで、
恐らく、この前日の雪の日の環境で
室外機が一時的にやられてしまったのだと思います。

この日から、無事にエアコンは復旧し、
あれから半年以上が経った今でもエアコンは
活躍中です。
(まぁ、今の季節は冷房ですけどねw)

もしもお店でハロゲンヒーターを使うなら…

上でも書いた通り、ハロゲンヒーターだけでは気温は上がりません。
また、電気代もかかりますし、子供たちがもしも
オレンジ色になっている部分に手を触れでもしたら大変です。

なので、結論としてはお店でハロゲンヒーターは使わない方が
いいですね…
本当に部屋全体は暖まらないので…
(あくまでハロゲンヒーターが向いているほうだけ)

もしもどうしてもハロゲンヒーターを使う!というのであれば
エアコンや他の暖房器具と併用するしかないですね(汗)

併用する意味はないと思いますけれど…(笑)

ちなみに、↑の事例の時のハロゲンヒーターはまだ生きてます(笑)
得にあれ以降は使っていませんが、
もしもまた、今年の年末に暖房が壊れるような場面に
直面してしまったら、ハロゲンヒーターを呼び出すかもしれません。。

まとめ

あの日は本当に寒かったです。。
顔は青ざめて手がガクガク震えてしまうぐらいうには…
もう接客どころじゃない!って感じでしたね。

まぁ、それでもハロゲンヒーターだけでもあって良かったです。
あれが無ければ本当に冷え切って
風邪をひいていたかもしれません…。

と、いうことでハロゲンヒーター様には感謝です(笑)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする