恋愛しないなんてもったいない!何がもったいないの?

よく「恋愛しないなんてもったいない」だとか
「恋愛しないなんて人生損してる」だとか
そんなことを言う人もいます。

ですが、それは”自分の価値観で語っているだけ”であり、
人にそういうことを軽々しく言う、ということは
無神経な発言であり、
価値観の押し付けです。

場合によってはトラブルの原因になったり
嫌われる原因になったりしてしまう可能性もありますから
注意しなくてはいけません。

「え?でも本当に損じゃん」と思う人も
いるかもしれませんから
そういった人のためにも、大事なポイントを
ご紹介していきたいと思います

もったいないか、そうでないかは個人が決める

まず、恋愛をしない、という行為が
「もったいないこと」なのか「損なのか」
それとも逆に「得なのか」それを決めるのは
その人個人です。

ここは、他人がとやかく言うことではありません。
恋愛は楽しいものだと思う人もいれば
つまらないと思う人もいますし、むしろ、苦行である人もいるでしょう。
恋愛しないなんてもったいない、どころか
恋愛に時間を使うなんてもったいない…
そういう考えの人もいるわけですね。

もったいないのか、そうではないかのか。
これは、個人が決めることであり、
他人が勝手に決めつけることではありません。

このことは忘れないようにしましょう。
恋愛しないなんてもったいないよ!と他人に
言い放つことは「自分の価値観を押し付けているだけ」の行為です。
そんなことをしてしまわないように注意しましょう。

色々な事情がある

まず、短絡的にもったいない、だとか、人生損してる、だとか
言う人は、もうちょっと視野を広げてみましょう。

相手にも色々な事情があるわけです。
最初から恋愛などしない、という人もいれば、しないだとかするだとか
そういう部分にすら興味がない人もいますし、
恋愛したくてもできないような人もいるわけです。

例えば、何らかの持病を持っていたり、出会いがなかったり
努力の有無に関わらずモテない体質だったり…
そういった人たちの中には”恋愛したい”と思っていても
振り向いてもらえず、恋愛できない!という人もいるわけです。

そんな相手に対して「恋愛しないなんて人生損してるよ」だとか
そういうことを言い放つのは
非常に無神経な発言であることは
すぐに分かるはずです。

分かっていてやっているのであれば
それはただのいじめです。

恋愛にそもそも興味がない(後述)の人もたくさんいますが
恋愛したくても、何らかの事情によってできない!という人も
たくさん存在するのが事実。

そういった人たちに対して
「恋愛しないなんて」と言うことは
お金がない人に向かって「〇〇買わないの~?」と
言ってるのと同じことです。

つまり、相手が出来もしないことを
煽っているような状態になってしまっていることに
なりますから、当然、相手からすれば嫌なやつに
うつるかもしれませんし、場合によっては
人間関係に亀裂が入ってしまう可能性もあります。

あなた自身が、相手が恋愛したくてもできないのか、
それともできるけどしないのかを把握していない場合で
あったとしても、やはり、言われる側からしれみれば
気持ちの良いものではありませんから、
余計なことは言わないに越したことはありません。

どうしてもったいないの?

人によっては恋愛系統に全く興味のない人も存在します。
他の部分に楽しさを見出していたり、
他の部分に生きがいを見出していたり、
恋愛に苦手意識があったり、そういう人たちも
いるわけです。

そういった人からすれば、
恋愛をしない人生は別に全くもったいなくなんてないのです。
むしろ、恋愛すれば、自分の使いたい時間や費用などを
そちらに回すことになってしまいますから
そっちの方がもったいないんだけど…と
思うような人もいるでしょう。

恋愛しないなんてもったいない!と思っている人に
この考え方は理解しがたいかもしれませんが
恋愛に興味のない人、他のことが優先の人、
苦手な人、そういった人からしてみれば
”恋愛しないなんて人生損してる”という
考え方こそ、理解できないものでしょう。

「恋愛しないなんてもったいない」
これは、主観でしかありませんから
人に押し付けるべきことではありません。
自分がそう思うことは自由です。
ただ、他人に対してそれを強要したり、
しつこく言いつづけたり、
そういうことをしてしまっては、
それはただ単に自分本位になっているだけですから
そういったことはしないようにしましょう。
相手との人間関係に亀裂が入る可能性もありますし、
恋愛する、しないは個人の自由であるという前提を忘れています

他の趣味に当てはめて考えてみる

どうしても恋愛しないなんてもったいない!という
考えを変えることができないのであれば、
他の趣味とあてはめて考えてみると
想像しやすいのではないかと思います。

どういう意味かと言うと、
例えば、読書好きの人と、読書に全く興味のない人(別の趣味を持つ人)が
いたとしましょう。
この場合、読書好きの人は「読書しないなんて人生損している」だとか
「読書しないなんてもったいない」と思うかもしれません。

が、読書に全く興味のない人からすれば、
別に全然勿体ないことなんてしてませんし
本人自身だって、人生損してる、などという風に思わないでしょう。
読書に全く興味のない人の趣味が仮に映画だったとすれば、
その人からしてみれば逆に、映画を見ないなんて人生勿体無い、という
考えかもしれませんし、読書する時間があるのであれば
映画を見たり、映画にお金を使いたい、と感じるわけです。

これは、恋愛に置いても同じことで
恋愛に興味ある人にとっては「恋愛しないなんてもったいない」と
感じるかもしれませんが、恋愛に興味の無い人(仮に趣味が旅行だとする)から
してみれば、恋愛しないことは全然勿体ないことでもありませんし、
恋愛するぐらいなら他のことに時間を使いたい、と思うでしょう。

この人からしてみれば、旅行に行かないなんて人生損してる、
恋愛に時間を使うぐらいなら旅行に行く、とそういうことに
なるわけです。

つまり、価値観なんて本当に人それぞれ。
本人が満足しているのであれば
恋愛経験0であっても、それは決して人生を損などしていませんし、
もったいないことでもないのです。

経験してみなければ分からないという人へ

恋愛しないなんてもったいない、と言う人の中には
「別にそうは思わない」と言っても、経験したことがないから、だとか
何も知らないから、だとかそういう風に決めつける人もいます。

ただ、人間、全ての分野を経験することなどできないのです。
映画、本、音楽、スポーツ、ゲーム、恋愛、旅行、自然、おしゃれ…
色々な娯楽がこの世には満ち溢れています。
その全部を経験することはできません。
そして、”興味のないもの”や”優先度の低いもの”は経験しようとすら
考えません。別にその人にとって、する必要がないからです。

経験したことがないからそういうこと言えるんだよ、
みたいな人もいますが、経験しないのは
その人にとって必要ないから(もしくはできない、努力してまで経験したくない)と
いうことであって、
経験もせずに、だとかそういったことを言う人は
的外れであると感じます。

世の中の全ての物事を経験して人生を終えることのできる人なんて
この世にはいないのですから。

どっちでもいい

恋愛はしても、しなくてもどっちでもいいのです。
経験が多いほど良い、ということもなければ
経験がないから悪い、ということもありません。
個人の好きなようにすればいい、ということです。

人生、全ての要素を経験することなど
出来ないわけですし、
恋愛しないのがもったいないのであれば
全ての人間が、何らかのもったいないことを
してしまっていることになります。

価値観は人それぞれ。
ざっくり言えば
恋愛しようと、しなくても
”どっちでもいい”のです。

まとめ

恋愛しないなんてもったいない。人生損してる。
その考えも、別に個人個人で持つ分には
良いとは思いますが、
他人にそれを押し付けないようにしましょう。

勿体無いと感じるか、勿体無くないと感じるか、
むしろ恋愛に時間を使わない分得したと感じるか。
これは本当に人それぞれなわけですから、
相手の考えを否定するべきではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする