バイトに受からない!受からない原因7パターンとその対策!

店員Kです!

外見上も、面接のやり方も、受け答えも、履歴書も問題ないはずなのに
面接に受からない!
アルバイトに受からない!っていう方もいるのではないでしょうか。

1個面接を受けただけでポンポンと採用される人も居れば、
10件、20件と面接を受けても一向に合格できない人が居るのも事実です。

あまりにも不採用が続くと
「自分がそこまでダメな人間なのか」と思ってしまいますよね…(汗

実は私自身もアルバイトの面接、10件以上落ちたことがあります。
まぁ、私の場合は理由が分かりきってはいたので
仕方のないことですが…。

今日はバイトの面接に受からない!という場合の
原因と対処法について書いていきます!

スポンサーリンク

バイトに受からない!

これは上でも書きましたが、人によっては経験することです
正直なところ、受からない人は10件、20件と面接をしても受からないことも
あります。
原因は様々ですが、何にせよ、あまりにも不採用にされると
悩んでしまうものですよね。。

なので、今回は店長経験のある店員Kが、
考えられる原因と対策を書いていきます。

あなたに原因がある場合と、あなたは良くできているけれども、
とある原因で上手く行かない場合などがあります。。

原因1・思い込みの場合

まずは大前提の話から。
自分が面接や履歴書、よくできている!と思っていても、
”思い込み”の可能性もあります。
勿論、本当によくできているのに受からない人もたくさんいますが、
念のため、自分の立ち回りをもう一度チェックしてみると良いかもしれません。

例えば無意識のうちに面接中に貧乏ゆすりをしているだとか、
汗臭くなってしまっていて、面接相手に不快な思いをさせているだとか、
そういう思わぬ原因もあるかもしれないので、
面接の行動などをチェックしてもらえる人が居るのであれば、一度チェック
して貰うと良いかもしれませんね。

各項目で見落としがちなことは↓で順番に書いていきます

原因2・人気職種ばかり選んでいる

アルバイトでも、やはり人気、不人気はあるのものです。
大手の人気のありそうな職種ばかりを選んで面接している場合、
いくら面接を受けても、受からない可能性があります。

例えば、15人応募しているところで、1人採用、とかだと
いくらあなたが優秀であっても、他の子が採用される可能性も
高いですし、そんな感じの人気の場所ばかりを選んでいれば
何回面接を受けても、運悪く採用されない可能性があります。

このパターンの場合、面接の仕方や履歴書の書き方を
改善…というよりかは、狙うところを変更するか、
数打つしか方法はありません。

私も、10人の中から一人を選んだことがありますが、
この時は”優秀”な子も何人も落としています。

なので、応募人数が多いようなバイト先は、
やはりなかなか受からない、と覚えておきましょう。

それでも人気職種のところを狙いたければ、
たくさん応募して、何度も根気よく面接していくしかありません。

原因3・体質上

私はコレでした。
病気を持っていたり、疾患があったりするとやはり避けられるものです。
私の場合は太陽光に当たると火傷状態になる…というものですが、
やっぱり採用側からしてみると、
差別がどうこう、とかそう言う問題ではなく
”健康な方”を優先してしまうのは当然ですよね…

なので私も、健康(?)ではなかったので
10件以上の面接先から落とされました。

が…仕事である以上、不安要素がある人間を敬遠するのは
仕方のないことだとも思います…
なので、私も何度も何度も落とされましたが
仕方がないと思っています。

対処法は
根気よく面接を受け続けることしかありません。

病気や疾患を隠してバイト採用されるのは
トラブルの元ですので、やめましょう。
(私は大手企業に就職した際に隠していたわけではないのですが、
大企業ゆえ、ちゃんと伝達されておらずトラブルになり
退職することになった経験があるので…)

ちなみに私は18件目ぐらいで採用されました。
諦めずに面接を受けていれば必ずいつか
「そういう体質でも受け入れよう」と言うバイト先が
現れるはずですから、頑張りましょう!

原因4・履歴書

完璧だと思っていても落とし穴はあるものです。
考えられる原因の一つは履歴書。
履歴書に”決定的な不備”がある場合、何回面接をしても
受かる確率は低くなってしまいます。

履歴書で滅点となる可能性のあるものとして…
・履歴書の書き方がそもそも間違っている
・空欄(書くべき項目)を埋めていない
・字が汚すぎて敬遠されている
・写真の人相が悪すぎる

などなど…

基本的に、全員の面接が終わった後に
履歴書を見比べて私は決定していました。

期間の最初の方に面接した人は、履歴書を見ながら思い出すので、
この履歴書が汚かったり、不備があったりすると大問題です。

今一度、履歴書の書き方や文字などを見直してみると
良いと思います。

原因5・勤務時間の問題

あなたが掛け持ちや、学生さんなどの場合で、
勤務時間に厳しい制限がある場合。

例えば月・水しか出れない!だとか、
何曜日は何時~何時までで、何曜日は…とか、
難しい条件がある場合。

これは何件受けても不採用になる可能性も高いです。
たまたま条件が合う場所が見つかれば良いですが、
なかなか見つからないものです。

この場合の対策としては時間を空けるか、
無理であれば募集要項などを見て、あなたと合いそうな
日程で人を探している場所を見つける、
もしくは何件落ちようとも、数多く面接を受ける、
そのぐらいですかね。

原因6・面接に問題が…

何件も落ちる場合、面接に問題がある可能性もあります。
私は、何人も面接していますが、
下記のような方は「あ、落とそう」となります。
紹介していきますね。

・常識はずれ
突拍子もない行動をしたり、世間から外れたような発言をする人。
ちょっと不安に感じて落としてしまいます。

・遅刻
これは論外です。ハイ…。

・暗い
やっぱり、暗い印象の人は、落とすことが多いです。
バイトではコミニュケーションも必要ですから、
ある程度「大人しい」感じなら良いのですが
「暗い」感じだと、ちょっと敬遠してしまいます

・服装や外見
人は見かけではない、とは言いますが
やはり面接は時間が短いので、外見でもある程度判断します。
明らかにチャラい感じのイメージの方は
一目見ただけで「落とすことを決断」する場合もあります。

このあたりですかね…
ある程度の受け答えのミスなどは気にしませんが、
上で書いたことは個人的には結構気になります。

あとは…言葉づかいに難がある方も落とす可能性は
高くなります…この人、大丈夫かな?と思ってしまうので(汗

原因7・運が悪い

結構、アルバイトの採用は運であることもあります。
私も、候補者を3人に絞って、
誰にするか考えた時は、もう直感で選びましたし、
そういう場面で選ばれる運。こういうのもあると思います。

上の6ついずれにも当てはまらないだろう!と思う方は
単に運がない可能性も…

まぁ、この場合はなんともなりません。
ただひたすらに面接を受けること+
面接で(良い意味の方で)相手の印象に残るよう
さらに努力しかありません。

気にしすぎない!

何度も何度も落とされていると精神的にきつくなってきますよね。

ただ、履歴書・面接・応募。この3つが上手くできているのであれば
原因はあなたではなく、他にあります。
なので、あまり落ち込まずにすぐに次へ進んでいきましょうね!

まとめ

人によってはバイトで全然受からない!という人も居ます。
ですが、バイトすら受からないなんて…と悲観することはありません。
私はバイト面接15件以上落ちてますが、正社員は1回で
採用されていますから、
バイトが受からない=ダメということではありませんよ!
あまり気にしすぎないことも大切です


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする