店舗の営業時間を決める際のポイント3つ&定休日を決める!

店員Kです!

自営業で決めるべき大事なポイントの一つが
”営業時間”と”定休日”

と、いうことで本日はこの2つの決め方と
ポイントについて解説していきたいと思います。

営業時間、定休日。
どちらも簡単な気持ちで考えてしまいがちですが、
慎重に考えて決定しましょう。

営業時間と定休日も
お店の未来を左右する大事な要素ですから。。

ちなみに念のためですが、
営業時間や定休日の設定の際に
どこかに届け出をする必要はありませんのでご安心ください。

自分で決めて告知する、これだけです。

スポンサーリンク

営業時間

まず、営業時間。
何時から開けて何時に閉めるか。

これを決めなくてはなりません。

どんな点を考慮して決めるのかー
簡単にまとめると
・自分の業種
・周辺地域の環境
・自分の体力面。

この3点ですね。
それぞれの項目についてしっかりと検討した上で
営業時間を決定しましょう。

「長すぎず、短すぎず」がポイントです。

営業時間を考える際の3つのポイント!

営業時間を考えるうえで大切な点、
上に3つあげました。

もちろん、あとから営業時間を変更するのも
良いのですが、あまりにもコロコロ営業時間が変わるお店は
イメージが悪くなります。

出来れば最初にきっちりと「営業時間」を決定しましょう。

それでは、それぞれのポイントについて見ていきますね。

自分の業種を考える

営業時間を決めるうえで最も大切なポイント、
それは自分の業種でしょう。

例えば
食品系や食堂、子供などを相手にした小売系の場合は
朝から夕方or夜までが最適ですし、

居酒屋などであれば夕方以降~夜

接客系以外の業種であれば好きな時間に。。

と言った感じで、業種ごとに有効な営業時間が違います。

居酒屋が昼開けていても人はほとんど来ませんし、
ゲーム屋が深夜に開けていても人はほとんど来ない。

そういうことです。

自分のやりたい業種の一般的な営業時間が分からない!
という場合は同業他社の営業時間をネットなどで
調べてみると良いと思いますよ。

周辺地域の環境

まず、上の「業種」で大まかな時間(朝か夜かなど)は
決まったと思います。
そしたら次は時間を絞っていきましょう。

ここで大事になるのが「周辺地域の環境

開業する場所は人通りが何時頃増えるのか?
など、そういった情報を調査しておきましょう。

例えば近くに駅があれば
帰宅ラッシュ時人が通るかも知れない。
なので、帰宅ラッシュが終わるころまで店を
開けておこう、など、戦略を練ることができます。

小学生が多い地域などであればあまり夜遅くまで
やっていても意味がない、、など
少しずつ周辺地域の情報を整理して、
営業時間を考えていきましょう。。

自分の体力面

例えば自分の業種がおもちゃ店、
周辺地域の事情も考えて
10時~20時に営業時間を設定したとしましょう。

このまま決定!でも良いのですが、
最後にもう一つ「自分の体力面」を考えておきましょう。

いくらベストな営業時間といえども、自分が力尽きて
しまっては元もこうもありません。

例えばこの場合、
一人で営業する、食事は営業中食べない、という
営業の仕方をするのであれば
自分の体力を考慮して10時~19時にしてみる、等、
自分の体のこともしっかり考えましょう!

営業時間を決める際の注意点!

個人事業であれば当然”営業時間”を自由に決めることができます。
しかし、いくつかやってはいけないこともあるので、
ここで確認しておきましょう。

せっかく独立するのです。
営業時間などで躓きたくないですよね。

・賃貸の条件
賃貸には一部、営業して良い時間の幅(深夜はダメ)などが
決められている可能性があります。
基本的な時間なら平気だとは思いますが、一応そういったことが
ないかは必ず確認しておきましょう。

・気分で営業時間を変える
営業時間は必ず設定しましょう。
営業時間を定めず、自分の気分でコロコロ開いている時間を
変えてしまうー
これはかなり致命的です。
しっかりと営業時間を定め、気分でコロコロと変えることは
ないよう、心がけましょう。

・営業時間の変更はほどほどに。
実際に開業してみて、
この時間はやっぱり人が来ないなぁ…とか、
この時間がやった方が人が来そうだなぁ・・・など
色々出てくるとは思いますが、
営業時間の変更はほどほどにしましょう。

1回ぐらいなら大丈夫ですが、
短い期間に2、3回と複数回変えるのは
好ましくありません。

利用者側も混乱しますから・・・。

営業時間まとめ!

営業時間の決め方はこんな感じです。

まぁ簡単に言えば
「長すぎず 短すぎず」
きっちりと営業時間を決める!

と、いうことです。

上でも書きましたがせっかく独立するのであれば
営業時間で躓かないように
しっかりと決めておきましょう!

定休日

定休日の決定、これも大切な事です。
自営業になるのであれば一人で商売をする!
ということも多いかと思います。

別に年中無休でやっていても構わないのですが、
それで自分が倒れてしまったり、
疲れ果ててしまって仕事が手につかなくなってしまっては
問題外です。

一人でやるのであればしっかりと定休日を決める。
これは大事なことですよ。

複数でやる場合は出勤日を調整して
定休日なしで営業することもできますね!

定休日の決め方

もちろん、個人で経営するのであれば
定休日の決め方は自由です。

ただし
・定休日をコロコロ変える
・休みすぎる

などには注意しましょう
(言われなくても大丈夫だとは思いますが)

定休日がコロコロ変われば利用する側は混乱しますし、
1週間に5回も休んでいるようなお店では
貴方自身が生活していくことができなくなってしまいます。。
(それでも儲かってるというならば話は別ですが)

で、定休日としてよくあるパターンが
「毎週○曜日休み」
曜日を決めてそこを定休日にするという方法ですね。

「毎週日曜日+第2、第4土曜日休み」などといった
感じに定休日を設定しているお店もありますね。

子供向けの商売などであれば土日は開いて
平日の適当な曜日に休むのが良いと思いますし、

逆にサラリーマン向けの業種等なら土日休むのも良いかもしれません。

まぁ、定休日に関しては
自分の業種を考えて定める!という感じになりますね。

私の場合

一応参考までに私の場合の営業時間・定休日についても
書いておきますね。

私の店舗は中古ゲームソフト&トレカ&ホビー買取販売店。
つまり子供たちが中心になるわけです。

そこで、営業時間は11時~19時or20時という
カタチで考えました。

しかし、私は一人で営業します。
そして営業中は食事は摂らないつもりでいたので、
自分の体力面も考慮して
11時00分~19時00分と設定しました。

人通りなどを考慮しても、この時間が最適かな、
ということで、11時~19時にしました。

次に定休日、
定休日は私一人で営業するので、
ナシというわけにも行かず
毎週”金曜日”に決定しました。

一人でかつ、年中無休でやっているような
自営業の方々もいらっしゃいますが、
私にはちょっと厳しいですね(汗
尊敬致します。

土日は子供たち相手の商売なので、
閉めるわけにはいきませんからね。。

と、いうわけで私のお店は
11時00分~19時00分営業、毎週金曜日定休 という
カタチにしました。

これを店の入り口やホームページなどに
掲示すれば
営業時間&定休日は決定!ってことです!

そんなに難しく考えなくても良いので
しっかりと決めておきましょう!

最後にまとめ!

営業時間と定休日について、何とな~く想像して
頂けましたでしょうか!?

大切なのはどちらも
しっかりと決め、それが伝わるようにお知らせする

ということですね。

営業時間や定休日が定まっていなかったり、
自分の気分でコロコロ変わってしまったり、
そういうことだけは無いようにしましょうね!

それでは今回はこの辺で。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする