個人的に嫌いな教科!苦手なものは苦手!苦手教科はどうすれば?

学校関連

店員Kです!

皆様は学校で苦手な教科はありましたか?
私はありました。

もちろん、全ての教科を平等にバランス良く
得意に出来れば言うことはないのですが
なかなかそれは難しいものです。

私にも、得意教科はありましたし、
反対に苦手教科もありました。

苦手教科は克服できるのであれば、
するのが一番ですが、苦手なものは苦手だと思いますし、
ある程度、自分がこの教科は苦手だ、ということを
認めることも必要かもしれません。

得意分野は伸ばしつつ、苦手分野は最低限のラインを維持
する・・・そんな感じでしょうか。

今回は、個人的なお話ですが、
苦手教科について、書いて行きます。

個人的に苦手な教科

個人的に苦手な教科はいくつもありました。
得意教科は社会科全般で、テストの成績なども
良かったのですが、反対に苦手教科は
テストの点数も最低レベルで、
ここまで差が出るものか、と自分で失笑してしまうような
レベルでした。

個人的にした対策と、苦手だった教科を
ご紹介していきます。

苦手教科①英語

英語はとても苦手でした。
今でも得意ではありませんが、
多少読んだり簡単な単語は、ぐらいのレベルには
なんとかなることができましたが、
当時は本当に苦手だったものです。

話すのも、書くのもです。
当時は、中学生時代から英語が出てきて、
小学校の時代には英語の授業なんて1ミリも
ないような時代だったので、英語が登場したときには
戸惑いましたね。

高校まで苦手を引きずった感じです。
対策としては、記号問題や、並べ替え問題だけでも
なんとかできるように勉強したことでしょうか。
長文を書いたりだとか、そういうことは、当時の私には
無理だったので、その部分は諦めていました。

また、授業態度と提出物は、カンペキと、自分で
いえるぐらいにはしたつもりです。
テストで点数が取れなければ、授業態度で稼ぐしか
ないですからね。

苦手教科②数学

数学も苦手でした。
証明だとか、方程式だとか、数学単語を聞くと、
うっ・・・!みたいな感じですね。
ただ、高校3年のときの先生が、とても分かり易い先生で
親身になって教えてくれるタイプの先生だったので、
苦手もある程度克服して、
最初はあれだけ酷かったテストの点数も、
大分改善され、平均点を超えるようにはなれました。

このことから、先生との出会いは大切だと
実感しましたね。
先生次第では、苦手教科も、得意、とまで行かないまでも
この先生に褒めてもらいたい、みたいな心理が働いて、
ある程度頑張れるのではないか、と私は思います。

苦手教科③家庭科

私は裁縫が苦手だったので、
家庭科の他の部分の授業は全然平気でしたし、
家庭科のテストも、記号問題だとかそういうものが多かったので、
暗記系統が得意な私は、テストに関しても
特に問題はありませんでした。

が、裁縫だけはどうにもならない(笑)
当時の私は、かなりが手が不器用だったので、
針に糸を通すのですら、一苦労!みたいな状態でした。

そんな感じだったので、裁縫はとても苦手でしたし、
嫌いな教科でしたね。
また、家庭科の先生との相性も合わずに
裁縫がニガテ=やる気がない、と判断されてましたし、
居残りになることも多かったので大変でした。

結局、裁縫が苦手なのを払しょくすることは
最後までできませんでしたが、
まぁ、こればっかりは仕方のないことだったのかもしれません。
対策としては裁縫以外の部分で点を稼ぐこと、でした。

苦手教科④一部の体育

体育の授業は好きでしたが、
一部の体育の授業は嫌いでした(笑
何が嫌いだったのかと言うと、
「柔道」ですね。

柔道自体は嫌いではないのですが、
学校でも何度か事故(私の学校ではなく)が
起きたニュースなども聞いたことがありましたし、
痛い、というイメージばかりが強く、
自分でやる柔道に関しては好きになることはできませんでした。
見ている分には嫌いではないのですけれどね…

もう一つは「水泳」。
小さい頃から何故か水に恐怖心があって、
プールが苦手だったので、水泳の時間は
なかなかの苦痛でした。
冷たいし、口に変な味の水が入るし、皮膚が弱くて
被れるし…みたいな感じですね。

ただ、私はこのあと、太陽光に
当たれない体質になってしまったため、
小学校3年生からはプールに入ることも
できなくなってしまいました。
そのため、低学年の間だけではありましたが、
水泳もニガテな授業の一つでした。

ニガテな授業はどうする?

苦手を苦手のままにしておくのは良くはありませんが、
ある程度は仕方のないことではあると思います。
最低限、できる限りの部分まで、苦手意識を
減らすことは大切だと思います。
が、一度苦手だと思ったものを”0”にして
得意分野にすることはなかなか出来ることじゃありません。

また、先生との出会いも、苦手教科・得意教科を
生み出す要因のように、私は感じました。
自分なりに上手くカバーしつつ、やっていくしかありません。

まとめ

苦手教科は、誰にでも出てきてしまうものだと思います。
それは、仕方のない事です。
それと、どのように上手く付き合っていくか、
ということが大事になるかと思います。

「苦手を克服しなければならない!」といきなり
背負い込みすぎると、プレッシャーに押しつぶされてしまう
可能性もありますから、
少しずつでも、改善していく・・・ぐらいの方が
上手くいくかもしれませんね。

最初からすべての教科が得意教科だ!なんて人は
まずいないでしょう。
ごく一部の限られた天才ぐらいです。
ですから、得意・苦手分野に分かれてしまうことは
ある程度、仕方のない事です。