アルバイト面接にスーツで行く必要は?私服でも大丈夫なのかどうか。

アルバイトの面接に
どのような格好で行くべきなのかどうか。

これは、迷うところだと思います。

中には「スーツ」を考える人もいるでしょう。

アルバイトの面接にスーツ。
そこまでする必要があるのかどうか。
悩ましいところですよね。

元店長の経験も元に、
この点について、お話していきたいと思います。

最終的には面接を受けるバイト先によって
異なるのですが、
ひとつの参考にしてみてください。

基本的には…

まず、基本的な部分のお話をすると
一般的なよくあるアルバイトの面接で
スーツを着ていく必要がある場所は
あまりないかと思います。

もちろん、スーツの方が適している
バイト先もあるにはありますが
それは、少数派であり、多くの場合は
私服でアルバイト面接に行けば問題はありません。

私もいろいろな場所で面接を受けましたが
私の場合は1か所もスーツを着ていくべき
場所はありませんでしたし、
私が店長になって面接しているときも
スーツを指定したりするようなことは
ありませんでしたし、
スーツを着てない!マイナス!なんてことも
ありませんでした。

基本、一般的なバイト面接でスーツを
着用する必要はあまりないかと思います。

下記に、ポイントをそれぞれまとめていきますので、
迷った際には参考にしてみてください。

指定がないかどうかを確認する

まず、面接を受ける前に
バイト先から指定がないかどうかを
確認してみましょう。
大半の場合、服装の指定まで
するアルバイト先は少ないかと思いますが
稀に、服装を指定してくる職場もあります。

その場合は、その指定に
従うようにすれば
間違いありません。

バイトの求人情報に記載されていたり、
面接の日程を電話で話し合う際などに
言われる可能性があります。

もしも、何も言われていなければ
基本的に自由、ということですが、
万が一、バイト先の方から
指定されるようなことがある場合は、
しっかりとその指定に
従うようにしましょう。

指定がなければ私服で大丈夫?

何の指定もなければ、
基本的には私服の場所が
ほとんどですから、私服で
良いかと思います。

正社員就職のように
堅苦しいものではなく
アルバイト面接の場合は
もうちょっと軟らかい雰囲気で
行われることが多いです。

何の指定もなければ私服で問題ないでしょう。

ただ、職場によっては
暗黙の了解でスーツ、みたいなところも
ある可能性はあります。
面接を受けたいと思っている職場やお店の
雰囲気などから判断してみると
酔いのではないかと思います。

無理にスーツはマイナス?

明らかにスーツを着ていく必要が
ないような場所にスーツを着ていくことは
個人的には、あまりおすすめはできません。

その必要がないのにも関わらず
スーツを着ていくと、
どことなく堅苦しいイメージを
バイト先に与えてしまう可能性もあり、
むしろマイナスに作用する可能性も
0ではありません。

スーツを着ている正当な理由が
あれば構いませんが
わざわざスーツを着ていくようなことは
本来私服で面接OKの場所にとっては
マイナスになってしまう可能性もあるでしょう。

あまりにも堅物な人間は
アルバイトとして野党には
少し面倒な部分もある可能性がありますし、
そういった人は敬遠される可能性も
実際にあります。

あまり、キチキチとし過ぎないことも
バイト面接攻略法のひとつで
あるかと思います。

スーツを指定されていたり
職場の雰囲気的に明らかに
スーツだな、と感じる場合は別ですが
そうでない場合は、あまり無理して
スーツを身につけたりせず
無難は私服の方が望ましいかと思います。

もちろん、スーツを着て行ったからと言って
確実にマイナスになるわけではありませんが、
プラスになる可能性も少ないでしょう。
統計などがあるわけではありませんが、
プラスになる可能性、マイナスになる可能性
どちらが多いかと言われれば、
私の経験上から考えるのであれば
「マイナスになる可能性」の方であると思います。

わざわざ聞く必要はない

バイト面接の申し込みを
する際などに、何も言われなければ
わざわざ「当日の服装はどうすればいいですか?」
などと聞かない方が良いかと思います。

あまり細かい部分まで質問すると
逆にマイナスになる可能性は十分に
考えられますし、
バイト面接の服装はどうすればいいですか?と
聞かれたことは、私はありません。
仮に聞かれるとなると、少しそのことが
印象に残ってしまうことは充分に
考えられますし、
その印象がマイナスに働く可能性も
決して0ではありません。

その職場の雰囲気から察して
私服で大丈夫かどうかは
大体ある程度、予測できると思いますので
あまり服装については
尋ねない方が良いうのではないかと思います。

もちろん、聞きたければ聞いても良いですが
明らかに私服で大丈夫そうな面接先などに
わざわざ聞くことはマイナスに
働く可能性の方が、高いかと思います。

どのような私服がいいの?

私服…と言うと、難しい!という人も
いるかもしれません。
ですが、これは”常識の範囲内”の無難な
服装をしていけば問題ないかと思います。

ただ、どのレベルまで大丈夫なのか、
これは、面接相手によって異なります。
個人の感覚も混ざってくる部分になりますので
人によって、その判断基準は異なる可能性がある、
ということはしっかりと覚えておくようにしましょう。

私服で気を付けるべき点としては

・汚らしいものは避ける
・破れているなど、身だしなみの点で問題あるものは避ける
・奇抜なファッションは避ける
・度をこしたおしゃれは必要ない
・アクセサリーなどは、つけすぎは厳禁
・フケ、頭髪など服装以外の部分も気を付ける

と、いうところでしょうか。
あまり派手な服装はマイナスになりますし、
逆に、あまりにも無頓着でもマイナスになります。
また、おしゃれをしていくような場ではないので
自分をかっこよく見せたり、
自分を可愛く見せたり
(外見を売りにするような職業は除きます)
そういったことをする必要はありません。
無難で清潔感のある服装にとどめておく、
というのが一番良いラインなのではないかと思います。

あまり、やりすぎないように、
注意をしていくようにしましょう。

バイト面接の基準はあいまい

アルバイト面接の基準というものは
「曖昧」なものです。
例えば、正社員などの場合、
複数の面接官が、面接を担当したり
人事部が用意されていたりしますが
アルバイト面接の場合、そこの店長だったり
社員が一人でバイト面接をして
一人で誰を採用するか判断するような
ケースもあります。

そうなってくるとスーツだ!スーツじゃない!
だとかそういった部分以前の問題で、
採用には個人の感じ方や好みというものが
大きく関わって来るようになります。

そのため、スーツに関しても
個人の感じ方によって
大きく左右される可能性は十分にあります。
100パーセントの正解は、ない、
ということは覚えておきましょう。

ただ、これまでも書いてきたとおり
特別スーツなどを求められる職場を
除けば、アルバイト面接にはわざわざスーツを
着て行かなくていい場合がほとんどだと思いますし、
上でも書いたような節度を守った私服で
充分であると思います

まとめ

多くの場合、アルバイトの面接で
スーツは必要ないかと思います
基本的には常識的な範囲の私服で
問題はないでしょう。

しかしながら、もしもスーツの指定を
されているような場合や
職場の雰囲気などから、
”明らかにここはスーツだな”と感じるような
場合に関しては、しっかりとスーツを
身に着けて行く、ということも
大切になります。

難しい部分ではありますが
上手く空気で判断する必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする