混雑しているサイトにアクセスするためには?コツを伝授!

サイトへのアクセスが集中すると、
そのサイトにアクセスできなくなってしまったり、
アクセス混雑につき~のような
警告文が出てしまって
先に進めなかったりと、色々なことが
起きてしまいます。

そうなってしまうと、
なかなかサイトにアクセスできませんし、
早くアクセスしたい場合は
困ってしまいますよね。

では、そんな場合はどうすれば良いのでしょうか。
少しでもアクセスできる確率を上げるための
方法をまとめていきます。

混雑サイトにアクセスする方法!

何らかの理由で混雑してしまっている際に
アクセスする方法はいくつかあります。

ただし”確実にアクセスする方法”は
ザンネンながらありません。
そのような夢の方法があれば、
みんなそれをやりますからね…

ですので、あくまでも”アクセスできる可能性を上げる方法”
というのになるかと思います。

特に、混雑しているサイトに”急いでアクセスしたい場合は
色々なコツを試す必要があります。
ネットでの人気商品の予約などの際は、
本当に、もの凄いアクセスになりますからね…

逆に、急ぎでない場合に関しては、
これから最初に紹介する対処方法で
簡単に対処することができるかと思います

しばらくしてから再度アクセスする

新商品の予約だとかそういったものではなく、
特に急いでいない(後ででも大丈夫)なモノの場合は
しばらく時間を空けてから再度アクセスする、
ということで解決できるかと思います。

さすがに、24時間ずっと大混雑、なんて
サイトはないと思いますし、
もしも正常に表示できないぐらいの状況が
ずっと続いているようであれば
それはサイト側の責任です。

が、そんなサイトはほとんどありませんから
少し時間が空けば基本的には、
混雑は緩和され、普通にアクセスできるように
なるかと思います。

そのため、急ぎの用件でなければ、
混雑などでアクセスできない場合、
しばらく時間をおいてから再度アクセスする、
ということを行うことで、それは解消できるかと思います。

急いでない場合は、落ち着いて、時間を空けましょう

急ぎの場合はどうする?

では逆に、サイトに1秒でも早くアクセスしたい!
という場合はどうすれば良いのでしょうか。

まず、基本的なお話をすれば、
混雑している中、アクセスをしようとして
エラーが起きたりしてサイトに入れないのは
普通のことであり、異常ではありません。
案外、日常茶飯事的に起きていることです。

ですが、それでもそのサイトにアクセスしたい。
そういう人もいると思います。
例えば、イベントの予約だとか、何らかのチケットの予約、
そういったものの場合、
上で書いたような「時間を空けてからアクセス」したのでは
もう予約終了になってしまっているのは
目に見えています。

そうなってしまわないためには、
何とかしてその状況でアクセスするしかありません。
ただ、先にも書いた通り「混雑している」ということは
事実ですから
”100パーセントアクセスできる裏技”なんて
夢のようなことはありません。

どこのサイトで紹介されていることもそうですが、
あくまでも”アクセスできる可能性を少しでも高める”方法であり、
必ずアクセスできるようになる、などという
方法は存在しませんので、その点は覚えておきましょう。

では、サイトにアクセスできる可能性を少しでも
高める方法を、それぞれご紹介していきましょう。

混雑時にアクセスする方法!

混雑しているサイトにアクセスする方法…。
上でも書いた通り、100パーセントの方法はありません。
しかし、わずかでも可能性を上げる方法は
存在します。
下記のようなコツをしっかりと把握して
混雑したサイトへのアクセスを目指してみましょう

・通常の更新連打はあまり有効的ではない?
まず、更新を連打したりすること。
(パソコンで言えばF5など)
これでももちろん回数を打てば、そのサイトに
アクセスできる可能性は十分にあるかとは思います。

しかしながら、ネットでは、前回のアクセスの状況を
記録し、次回、すばやくデータ取得できるようにするための
ものがあり、それによって、単に更新しただけでは
エラーのページが再度表示されてしまう可能性が高くなり、
(もちろん、上手くサイトにアクセスできる可能性もありますが)
有効的な方法ではありません。

その、前に読み込んだ履歴を削除して
アクセスすることで、正常にアクセスできる
可能性を高めることができます
(パソコン入力ならCtrl+F5)

わずかな変化かもしれませんが、
どのみち連打するのであれば
こちらの方法を試してみるのが良いかもしれません

・新しいタブを利用する
一度、混雑しているサイトにアクセスできたとしても
別の画面に進むと再びエラーが発生する可能性は
充分にあります。
混雑時はページ移動ですら、難しいということですね。
そして、「あ!エラーだ!」と思ってから戻るを押しても
戻った先もエラーになってしまい、どうにもならなくなってしまう…
ということも考えられます。
そのため、一度サイトにアクセスできたら、次のページに
進む際には、そのまま進むのではなく
「新しいタブ」を利用するようにしましょう。
パソコンであれば右クリックして「新しいタブで開く」
あるいは「新しいウィンドウで開く」を選択する、ということです。
そうすると、今表示しているページはそのままに、
新しく別タブでサイトが開くので、
万が一移動先が「エラー」しても、それを閉じることで
前のページはそのままあるわけですから、再度トライすることが
可能になります。
混雑中のページの移動は「新しいタブ」で。これは覚えておきましょう

・自分の電波状況の確認
これも大事なポイントの一つです。混雑の場合は
相手側が原因でアクセスしにくい状態になっていますが
それに輪をかけて、自分の環境も悪ければよりアクセスしにくい
状況になってしまいます。
自分のネット接続環境はしっかりと確認するようにしておきましょう。

・下準備をしておく
これは、チケットや新商品予約の際のお話ですが、
”〇時予約開始”となっているサイトの場合、
その時間近辺になると、人気商品やイベントの場合、
その時点でサイトはパンクして、アクセスが困難な
状況になってしまいます。
そのため”先”に出来ることはしておく、ということも
1つのポイントにはなります。
例えば、そのサイトでログインが必要なのであれば
先にログインだけはしておく
(サイト混雑時にログインするのは困難です)
だとか、サイトの進める部分までは進んでおくだとか
そういった工夫ですね。
もしも何らかの予約などで”混雑が始まる時間が分かっている”
場合に関しては先に、先に対応しておくいことが
大切になるかと思います

・複数で挑戦
どうしてもアクセスしにくい場合、複数のパソコンや
スマホが用意できるのであれば、同時にそれらで
アクセスを試みてみても良いかと思います。なにかの
予約の場合は、友人と一緒にトライしてみるのも
良いのではないでしょうか

基本的にはこんなところになります。
確実に混雑しているサイトにアクセスする!
なんて夢の方法はありませんが、
上手くやっていくしかありません。

まとめ

何らかのイベントだったり、すぐに調べ事がしたいなどの
理由であったり、急ぎの場合は
上記のような方法を試しつつ、アクセスを目指していきましょう。

ただ、お急ぎでない場合は
無理してその場でアクセスしようとせずに
時間を少し空けてからアクセスした方が確実だと
思いますし、サイト自体を見る、ということで
考えても、快適なのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする