結婚できないと焦ると逆効果!焦れば結婚から遠のいていく事実!

恋愛・人間関係

店員Kです!

結婚。
したいと考える人も居れば、
別にいいや、という人も居ます。

昔と比べて、今では、人生のカタチも多種多様に
なっていますから、一生独身の道を選ぶ人も
いると思います。

しかしながら、結婚したい!と考える人にとって、
なかなか結婚できずに、年齢を重ねていくと
だんだん「焦り」を感じてくる人も居るかと思います。

が、この「焦り」は結婚においては
マイナスでしかありません。
焦れば焦るほど、結婚が遠のいていくものです。

今回は、結婚できないという焦りによる
デメリットと、心構えについて、
お話していきたいと思います

焦りは結婚を遠ざける

結婚できない、ということに対して、焦りを感じて、
もがければもがくほど、結婚というものは、逆に遠のいてしまうものです。
何事もそうですが、焦れば焦るほど、正常な判断が
できなくなるのが、人間というものですし、
結婚に対する焦りは、周囲にも伝わり
「あ~この人焦っているな~」と、マイナスなイメージを
伝えてしまうことにもなるのです。

では、結婚できないことに対する焦りと、
そのポイントやデメリットを順番にお話していきたいと思います。

周囲にも伝わる

結婚したい、したいと焦っていると、
周囲にも、どうしてもそれが伝わってしまいます。
これは、男女問わず、避けた方が良い事です。
焦りが周囲に伝われば逆に、結婚を遠ざける結果にも
なりかねません。

もしも恋人が居る場合、
「相手が結婚を焦っている」と知れば、
人によっては、なんだか重く感じてしまって
遠ざかって行ってしまう可能性もあります。
もちろん、いずれ相手が結婚するつもりだったとしても、です。
お互いが納得した上での結婚と、
片方が焦って強引な雰囲気での結婚では、意味合いが
大きく変わってきてしまいますから、
このあたりに関しては注意しましょう。

また、恋人がいない場合でも、
「この人は結婚に焦っている」と感じると、
恋愛面での付き合いは、したくないと感じる人も
一定数存在します。

焦る気持ちを出せば出すほどに、
結婚が遠のいて行ってしまう、ということは
紛れもない事実であると思います。

悪い相手と出会ってしまう可能性も

結婚に焦っていると、慎重さを
当然のことながら失っていくことになります。
”誰でもいい”なんて状態になってしまったら
もうおしまいです。

”結婚”というステータスだけを求めて
結婚すれば、必ず失敗するか、
痛い目を見ることになるでしょう。
大事なのは、そこではありません。
もしも、結婚に焦って、相手のこともロクに知ろうとしないまま
結婚して、果たしてそれで幸せな生活を送れるのでしょうか?
子供が生まれたとしてちゃんと、育てられる両親になれるのでしょうか。

どんなに焦ったとしても、
相手のことはしっかりと見なくてはいけません。
で、なければ悪い人に騙される可能性もありますし、
結婚した後に「こんなはずじゃなかった」みたいなことに
なってしまう可能性も十分にあります。

しかし、結婚は一度してしまえば、そう簡単に
関係を解消できるものではありません。
もちろん、離婚という選択肢はありますが
手続きなど、色々面倒なこともありますし
「やっぱりやーめた!」では結婚は済まないのです。

どんなに焦っていたとしても、
相手の事をよくしらないままに結婚するのは
非常に危険な行為ですし、
ある程度時間をかけて、相手のことを知ることは
とても大切なことです。

結婚は非常に大きな決断になりますから、
この点は、絶対に忘れないようにして下さい。

結婚して失敗すれば、離婚することに
なるかと思いますが、
そうすれば「バツイチ」がつくことになります。
別に、バツイチは悪い事ではないのですが、
婚活などの市場において、人によっては
色眼鏡でバツイチを見る人がいるのも事実です。

離婚した分、時間を無駄にするだけではなく
バツイチというステータスがついてしまうことにもなり、
より、幸せな結婚生活から遠のいてしまうのも事実ですから、
やはり、焦って短絡的な結婚をすることは
絶対に避けるべきです。

必ずしないといけないものではない

世の中には、結婚しないと人生が終わってしまう、
みたいなレベルで焦っている人も居ますが、
結婚しなくても、人生は終わりません。
そして、結婚できなかったとしても、みじめだとか
そういうことは一切ありませんし、
悪い事をしているわけでもありません。
このあたりを勘違いして、まるで脅迫概念かのように
焦る人も居ますが、そこまで焦らなくても良いのです。

確かに、結婚したい!という人にとっては
結婚したい気持ちは分かりますが、
結婚は、可能性は下がってしまうとは言え、何歳に
なってもすることができます。

もちろん、子供に関しては年齢制限はありますが
だからと言って、人生に絶望してしまうような
雰囲気で無理やり結婚するものではありません。

あまりに焦りすぎていれば、上でも書いたように、
周囲にその焦りが伝わり、マイナスになって
しまいますし、精神的に疲れてしまって体調を
崩してしまう可能性だってあるのではないかと思います。

結婚は人生の義務ではありません。
あくまでも、自由意志です。
個人の自由。
あまりにも焦りすぎる、というのは人生かえって
損しますし、
少し、ポジティブに考えることも、
必要ではないかと思います。

人生は、結婚以外にも楽しい事は探せばいくらでもあります。
何か趣味を見つけるのも良いでしょう。
趣味を見つければ、もしかすると、趣味から出会いが
あるかもしれません。

また、結婚している方が偉い!だとか
そういうこともありませんから、
あまり自分を低くみてしまったり、
既婚者に対して、引け目を感じる必要はありません。
また、妬みなどを感じる必要もありません。
嫉妬の感情は、周囲からのイメージを悪くしますから
堂々としているぐらいの方が良いのです。

とにかく、あまり重く考えすぎずに
「できたらする、できなかったらできない」ぐらいの
考えの方が、思いつめることなく、一番良いのでは
ないでしょうか。

行動しなければ何も変わらない

大事なことは「行動しなければ何も変わらない」ということです。
上でも書いたように「焦ってしまう」ことは、
マイナスにしかなりませんが、
とは言え、何の出会いもない、けれど結婚したい!という人は
何らかの行動を起こさなければ、そのままでしょう。

婚活サイトなどを利用するのも良いですが、利用する際には、
悪質なサイトやサービスもあるので、それらには注意しましょう。
婚活サイト以外の方法では、趣味の集まりやイベントなどに
足を運んだりすることや、
友達などに「結婚したいけど出会いがない」と相談してみるなど、
色々な方法があります。

この世は、ファンタジー世界とは違いますから、
ボーっとしていて白馬の王子様、もしくはお姫様が
現れるかと言えば、そんなことはありません。

何も行動しなければ独身のままです。
焦りは禁物ですが、何か、行動は起こさなくては
何も変わらないので、もしも、どうしても結婚したい!
という場合は、少しずつでも良いので、行動を起こしていくことは
大切になるかと思います

まとめ

一番気をつけなければいけないことは「焦り」です。
焦りは結婚から遠ざかる原因となります。
焦ったことによって、結婚を失敗する可能性も
否定はできませんし、
焦りは何より、周囲にも伝わり、逆に自分自身が
結婚と言うモノから、遠ざかってしまう原因を
作ることにもなりかねません。

そのため、とにかく焦らないことです。
「結婚結婚結婚結婚…!」みたいな感じではなく
「したいけど、できなくても仕方がない」ぐらいの気持ちで
居た方が、結果的に上手くいくかもしれません。