ジャパンネット銀行がPayPay銀行に!何か影響はあるの?

この記事は約5分で読めます。

ネット銀行大手の
ジャパンネット銀行が
PayPay銀行に商号変更することが
明らかになりました。

名前についてどうこう、という意見はよく見受けられますが
そんなことよりも大事なことは
「利用する上で何か変更点はあるのかどうか」ということですよね。

何かする必要はあるのかどうか、
口座番号とかはどうなるのか、
こういった点が、心配な人は多いと思います。

では、実際のところはどうなのか。
その点についてお話していきます。

なお、変更までにまだ時間があるため、
細かな情報についてはまだ、具体的に発表されていない部分も多いです。
今後、公式で新しい発表があるごとに
追記を行っていきます。

また、最新の情報は公式のリリースをご覧ください!

スポンサーリンク

ジャパンネット銀行の商号が変更

ジャパンネット銀行の商号が
PayPay銀行に変更となることが決定しました。
会社名や、サービス名などが
ジャパンネット銀行⇒PayPay銀行に変わる、
ということですね。

あくまでも名前が変わる、ということであり、
ジャパンネット銀行自体が無くなってしまう、
とか、そういうことではありません。
名称変更です。

基本的に、ジャパンネット銀行利用者が
何か手続きをする必要はなく、キャッシュカードなども
そのまま利用できる、と発表されています。

いつ変更になるの?

2021年4月5日より変更となります。

それまでは「ジャパンネット銀行」、
それ以降は「PayPay銀行」という名称になります。

ただし、ジャパンネット銀行の名称の
キャッシュカードなどもそのまま使うことができるとのことで
あくまでも「名前の変更」ということになります

スポンサーリンク

そのまま利用できるの?

ジャパンネット銀行を既に利用されている場合、
そのまま利用することができます
公式発表でも、特に、”利用者側の手続きは必要ない”と
されており、そのまま使えるようになっています

最近の事例で言うと、
三菱東京UFJ銀行が「三菱UFJ銀行」に
なった事例がありますが、
これも当然、そのまま利用できています。
ジャパンネット銀行⇒PayPay銀行に関しても
これは、変わらないかたちになります

口座番号などは変わるの?

口座番号については変わらず、そのまま利用可能です。
上でも書いた通り、名称が変わっても
手続き不要・キャッシュカードもそのまま利用可能、とのことなので
口座番号についても変更はされません。
そのため、安心してそのまま利用することができます。

↑のUFJ銀行のケースの際も
口座番号が変わったりしていることはありません。

支店コードなどは変わるの?

金融機関コードや支店名などは
変わるのかどうか。

これについても、変更はないものと思われます。
金融機関コードや支店コードが変わってしまったら
”手続き不要”ではなくなってしまいますからね。
そのため、この点も心配不要です。

繰り返しになりますが↑のUFJ銀行のケースの際も
支店コード、金融機関コードなどに
変更はなかったはずです。

スポンサーリンク

何か手続きは必要なの?

利用者側に何か手続きは必要なのかどうか。

こちらについては
”利用者側が何か手続きをする必要はない”と
されています。
キャッシュカードもそのまま使うことができるとのことで、
サービス自体もそのまま継続のようなので、
今まで通り、ということですね

万が一、何かある場合は発表があると思いますし、
ダイレクトメールなどで案内も届くかと思いますから
しっかりと確認しておきましょう。

UFJ銀行の際は、
給料の振込などに口座を利用している場合
相手の振込先の銀行名だけ変更してもらうように
伝えて下さい、という形になっていましたが
他に目立つ作業は特にはありませんでした。
(↑のケースの場合、金融機関コードも
そのままだったので、銀行名を記入して
振り込んでいるような場合のみ、その対応、という
感じになっていました)

今使っているカードやトークンはどうなるの?

キャッシュカード等はジャパンネット銀行名義のものでも
そのまま使える、とされています。
今手元にあるものが使える、ということになります。

新しいデザインなどに変わる場合に関しては
改めて、何らかのお知らせがあるかと思いますし、
カードやトークンが変更になる場合は
郵送されてくるでしょう。

この点に関しても、あまり大きな心配は
しなくても大丈夫だとは思います。

新しいカードに切り替わる場合でも
いきなり前のカードが使えなくなる、とか
そういうことはあまり考えられません。

コンビニなどのATMは今まで通り使えるの?

サービス自体に変更はない、とのことですので
コンビニなどのATMに関しても、そのまま利用することが
できるはずです。
あくまでも、名称変更、ということになるのでは
ないでしょうか。

名称変更したから使えなくなりました!
ということは、これまでの他の銀行の名称変更の
事例を見ても、ありませんので、
この点に関しても、あまり心配しなくて良いでしょう。

PayPay使ってないけど、使えるの…?

これは、大丈夫だと思います(笑)
今までもPayPay使ってなくても使えたわけですし、
先に名称が変わった「PayPayドーム」も、
PayPay使ってなくても入れますから、
単純にブランド名がついただけです。

名前的にそう思ってしまう人もいるかもしれませんが、
大丈夫です。

まとめ

過去に、名称を変更した銀行の事例を見る限りは、
あまり影響はないでしょう。

名称変更後もサービスはそのまま、
キャッシュカードなども継続して利用可能で、
利用者側の手続きは必要ないとのことです。

大きな手間になるようなことはなく
今まで通り使えるはずですので
その点は安心してください!

タイトルとURLをコピーしました