ツイッターアカウントを放置しているとどうなる?削除される可能性は?

ツイッターのアカウント…

作ったけれど使わなくなってしまって
そのままずっと放置している…
などと言う人もいるのではないでしょうか。

では、この放置アカウントは、
最終的にはどうなってしまうのでしょうか。

アカウントの放置を続けるとどうなるのか、
削除されてしまうのかどうか、
そして、別の危険性について、それぞれ
解説を行っていきます。

放置しているアカウントがある方は
参考にしてみてください!

放置したアカウントの末路は?

ツイッターの使わなくなったアカウントを
放置しておくと、最終的にはどうなるのか。
どれをご紹介していきたいと思います。

そうなってほしくない場合の対処法や
それを防ぎたい場合の対処法などについても
まとめておきましたので、
参考にしてみてください。

放置され続けたツイッターアカウントは
下記のような運命を迎えることになります

いつかは削除される

結論から言えば、ずっと放置され続けている
アカウントは”いつかは削除される”というのが
答えになります。
ツイッターの説明のところには”6か月間”と書かれており
その間に、何のツイートもしなかった場合は
”削除対象”となるようです。

しかしながら、6か月が経過した時点で即削除
されるかと言われれば決してそうではありません。
私も前の勤務先で使っていたアカウント(閉店したため、もう使っていない)を
何年かぶりに確認してみましたが
まだ残っています。
もちろんツイートもしていませんし、リツイートだとか
DMだとかいいねもしていませんし、
ログインもしていませんでした。

ですが、アカウントは残っています。
そのため、期間が経過した=即削除、ということではなく、
一定期間放置されているアカウントは削除対象になる可能性があります、
というお話なのでしょう。
6か月であれば、そのタイミングで削除されることもあれば、
1年、2年と何年経過してもそのまま残っているアカウントもある、と
そういうことになるのだと思います。

が、放置しておけば、アカウントごと削除されてしまう可能性は
ありますから、もしも、そのアカウントを消したくない!という場合は
しっかりと定期的にログインをし、何でも良いので
ツイートするようにしておきましょう。
(ログインするだけではダメだというお話もありますので
 ツイートしておくと確実です)

数か月に一度程度ログインして、何かをツイートするぐらいで
あればそれほど大きな負担にはならないと思いますし、
アカウントを残しておきたい場合に関しては
しっかりとツイートしておきましょう。

逆に、そのアカウントが消えてしまっても構わない、というのであれば
放置しておいても問題はありません。
永遠に残っているかもしれませんし、いつの間にか
削除される可能性もあります。

乗っ取られて知らない間に使われている可能性

可能性としてはそれほど高くはありませんが
使わなくなったアカウントを放置していると
いつの間にか第3者にアカウントを乗っ取られて
勝手に使われてしまっている可能性も0ではありません。

個人情報などをアカウントに登録している場合は、そこから
個人情報が漏れだす可能性も十分にあります。

普段から使っているアカウントが乗っ取られてしまえば
乗っ取られた側もすぐに気づくことができますが、
ずっと放置していて、本人ももうその存在を忘れかけているような、
そんなアカウントが乗っ取られてしまった場合に関しては、
なかなかそのことに気付けないまま好き放題
されてしまう可能性もあります。

アカウントが乗っ取られた場合は、ツイートなどは
行われるわけですから、削除されることは(違反などを除く)ありませんが、
自分のアカウントを他人に使われている、というのは
気持ちの良いものではありませんよね。

そのため、もう使わない!というアカウントは
きっちりと自らの手で削除することをおすすめします。

一番良い対応は?

そのアカウントがもういらないのであれば、
そのまま放置しておいても良いのですが、
サックリと削除してしまった方が
先ほど書いたような「アカウントを乗っ取られて誰かに使われてしまっている」と
いうことを避けることができます。
自分が気付かないなら、実害が及ぶ可能性は低いですが、
それでも、使わないアカウントは削除してしまった方が安心です。

ただ、基本的にはあまり放置アカウントが乗っ取られたりすることはないので、
ログインできなかったり、もう存在すら覚えてない場合は放置でも
大丈夫だとは思います。

逆に、アカウントをまだ使う予定がある場合は
放置しておくと、削除対象になってしまいますから、
しっかりと定期的にツイートをすることが大切になります。
そんなに頻繁にツイートしなくても大丈夫なので、
とっておきたいアカウントは、定期的に呟くように
だけ、心がけておきましょう。

まとめ

ツイッターアカウントを放置しておくと
最終的には削除される可能性がある、ということは
覚えておきましょう。
何年経ってもそのまま残されている可能性もありますが
規約上、削除対象になるので
そのまま削除される可能性も十分にあります。

自分にとって、そのアカウントが必要なのか、
それとももう必要ないのか、
それをしっかりと考えて、適切に対応するようにしましょう。
特に大きく気にする部分ではありませんが、
知っておいても、
損ではないかと思います。

ツイッター関連のその他の情報は
ツイッター有効活用法でご紹介していますので
良ければご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする