ハロウィンを楽しむためのポイント!関連記事まとめ!

その他

店員Kです!

ハロウィン。
昔はほとんど日本では騒がれていませんでしたが、
今では日本でも、仮装などを楽しむ人も増えています。

昔に比べると、ハロウィンは身近な存在になりつつありますね。
しかしながら、そのハロウィンも楽しみ方を
間違えてしまうと、周囲に迷惑をかけたり、結果的に
自分達にとっても、マイナスになってしまうこともあります。
そうなってしまわないように、ハロウィンを楽しむために
しっかりと、ハロウィンの注意点などを理解しておきましょう。

ハロウィンの注意点など…!

ハロウィンには、色々な注意点があります。
それらをしっかりと理解しておくことで、
ハロウィンのイベント最中のトラブルを避けたり、
ハロウィンで嫌な思いをしないで済むかと思います。
基本的なことばかりですが、大事なことなので、
しっかりと理解しておくことをおすすめします。

下記には、ハロウィンの関連記事をまとめてありますので、
ハロウィンを迎える前に、しっかりと確認しておくことを
おすすめします!
トラブルを起こしてしまったり、周囲に迷惑をかけてしまっては
せっかく楽しめるハロウィンも、楽しめなくなって
しまいますから、注意が必要ですよ!

詳細は下記のリンクからご覧下さい!

ハロウィンはいつから始まったの?
最近は、騒がれているイベントですが、
平成の初期には、全く騒がれておらず、ハロウィンは日本では
身近な存在ではなく、海外を中心としたイベントなっていました。
実際に、私が小さい頃には、全くと言っていいほど、身近な存在ではなく、
トリックオアトリート??なんて感じでしたが、
今では、かなり広まっていますからね。
(広まっていると言っても日本では仮装方面ですけどね・・・)
日本ではいつ頃からハロウィンが始まったのか、広まったのかを
上記の記事で解説していきます。

仮装の注意点まとめ
ハロウィンは、日本では仮装を楽しむイベントとして定着しています。
ハロウィンだからこそ、普段できないような格好をして、
楽しむのもアリだと思います。
しかしながら、ハロウィンの仮装~!と言っても”やりすぎ”は
アウトです。
いくらなんでもそれは、みたいな仮装で周囲を不快にさせてしまったり
度を越した仮装で自分が危険な目にあったり、
そういうことのないようにしましょう!上記で注意点を解説しています。

ハロウィン後にごみだらけになる惨状
ハロウィンのイベントが行われたあとは、
周辺地域がゴミだらけになる・・・。
毎年騒がれることです。これの改善方法はあるのでしょうか。
ただ、ハロウィンを叩きたいだけの人を中心に誤解がありますが、
ハロウィンだけではなく、花見だとか、そういう昔からあるイベントでも
ごみだらけになるのは同じことなのです。
人が大勢集まるような場所では、必ず起きるのが、こういうマナーの
悪さにまつわる問題です。これは、ハロウィンだけの話ではありません
ハロウィン後にゴミだらけになることについては、上記記事でまとめています。

ハロウィンが嫌いな人へ
ハロウィンという存在自体が嫌いだという人も居るでしょう。
確かに、人を選ぶイベントだと思いますし、
騒いでいるのが不愉快だという人もいるでしょう。
中には、新しいことが受け入れることができずに、
頑なに否定している人も居るでしょう。
しかしながら、ハロウィンに対してイライラしたりするのは時間の無駄ですし、
自分にとって、プラスになることは全くありません。
ハロウィンでイライラしないための方法を上記の記事でまとめています。

ハロウィンセールやイベントについて
ハロウィンというイベントはお店にとって、一つの
稼ぎ時でもあります。
業種によっても、ハロウィンの影響は異なりますが、
今の時代は、ハロウィンセールを上手く実施することにより、
お店の売上に貢献させることもできるかと思います。
上記の記事では店長を経験を元に、ハロウィンのセールやイベントに
ついて、まとめていきたいと思います。

上記のポイントなどをしっかりと抑えつつ、
ハロウィンを自分なりに楽しいものにしましょう!

楽しむためのポイントは?

ハロウィンを楽しむためのポイントは、
やはり、周囲に迷惑をかけないこと、そして、
節度を守って楽しむことになるかと思います。

各記事でも書いていますが、ハロウィンを楽しむためには
マナーを守る必要があります。
ハロウィンだから何でもしていい!ということではなく、
ちゃんと理性や最低限の常識は守って
楽しむ必要があります。

そうでなければ、ただの無法地帯になってしまいますし、
そうなってしまっては、周囲も、そして場合によっては
自分自身も楽しめなくなってしまいます。

また、上記記事の注意点にも書いていますが、
「仮装などの写真をネットにアップすること」は
注意して下さい。
ネットにあげた時点で拡散され
全く知らない人が「これが私です」みたいなことを言い出す可能性も
ありますし、確実にあるかと思います。

ネットにアップする=フリー素材として配布する
(実際はそうではありませんし、やってはいけないことなのですが)
ぐらいの覚悟を持って、ネットに投稿するようにしてください。
ほんとうに、広まりますから、注意が必要ですよ!