ツイッターに疲れてしまった人に送る言葉!いつでもやめていい!

ツイッター…。
多くの人が利用しているサービスですが、
中には”ツイッターを利用していて疲れてしまった”という人も
居るのではないでしょうか。

世の中には
何かに取りつかれたかのように、
ツイッターで疲弊している人も居ます。
私もツイッターは使っていますが、フォロワーの方の中には
苦しみながらツイートしているような人もいるものです。

ですが、そんな風になってしまう必要はありません。

疲れてしまった人に、アドバイスを送ります。

疲れてまでやる必要はない

まず、とても大事なことなのですが、
”疲れてまでツイッターを利用する必要はない”ということですね。
仕事の広報活動の一環として利用している場合を除けば、
ツイートする、しないは個人の自由です。
誰も、強要なんてしていませんし、
ツイートなんて全くしなくたって、人生には影響はありません。

が、中には
”ツイッターを開かなくちゃいけない”
”何かツイートをしなくてはいけない”
そんな、脅迫概念のようなものに囚われてしまっている人まで
存在するのも事実です。
そうなってしまわないように、注意しましょう。

疲れたら、止めてしまえば良いのです。
簡単なことです。

自分への負担になっているならやめていい

ツイッターの利用は強制ではありません。
”自分にとっての負担”になっているのであれば、
それがツイッターのやめ時です。

他のSNSやブログなどのサービスでもそうですが、
苦しんでまでやる必要は全くないのです。
義務でも、なんでもありません。
”辛い事”をわざわざする必要などないのです。

毎日ツイッターをやっていると、
そのあたりの感覚が麻痺してきてしまう人も居ますが、
義務でもなんでもないので、
いつやめたっていいのです。
誰に怒られるわけでもありません。
自分の自由です。

”辛い”
”つかれた”
”トラブルが起きた”

そんなことが起きているのであれば、
正直言えば、やめた方が良いです。
楽しむためのツールで、苦しむ必要はありません。
ツイッターには色々な情報が溢れていますが
それは別に自分のアカウントが無くてもできることです。

日々のツイートに疲れたり、
ツイッターの人間関係に疲れたりした場合、
一度、離れてみることをおすすめします。
アカウントを消しても構いませんし、アカウントを残しておけば
また気持ちが変わった時に戻ってくることもできます。

そこまで重く考える必要はありません
”辛い”と感じたらやめてしまう。
それだけで良いのです。

アカウントの削除はとても簡単

もしも、やめたい!となったら、アカウントを削除してしまうのも
1つの方法です。
中途半端にアカウントを残しておけば、
また中途半端に戻ってきて苦しむことになるかもしれません。

「疲れた」と感じているのであれば、ばっさりと
それを切り捨ててしまうことも時には
大切なポイントになるのです。

削除は「設定とプライバシー」の項目から
「アカウントを削除する」を選べばすぐに完了です。
何も大変なことはありません。
消しても誰も怒りません。
それで、辛さから解放されることができます。

本当に辛い場合、アカウントごと消してしまうのが
一番手っ取り早い方法だと思います

ネットの人間関係は基本薄いもの

ツイッターで色々な人と知り合ったから…
だとか、そういう風に思ってしまって
なかなかツイッターをやめることのできない人も
いるのではないかと思います。

しかし、ネットの人間関係など、基本的には薄いものです。
あなたが居なくなったとしても、あまり深く気にする人は
いないでしょう。
普段、フォローフォロワーの関係で仲良くしている人も、
他に接している人はいくらでもいるわけです。

なので、何も言わずに急に消えたとしても、
自分が深く思ってしまっている以上に、
みんな、何も思わないものです。

関係が消えてしまうから、だとか、
心配されるから、だとか、そんなことは気にしなくても
問題はありません。
相手は、自分が思っているほどに何とも思っていないものですから…。

こんな状態は危険

どんな場合にツイッターをいったん止めるべきかまとめましょう。

私が思うに、下記のような場合はいったん止めた方が良いと思います。

・ツイッターで疲れを感じる場合
・ツイッターが悩みの原因になっていたりする場合
・トラブル続きの場合
・時間を取られ過ぎて私生活に影響が出ている場合
・用語(ツイートなど)を聞くだけで嫌になる場合
・のめり込みすぎて他のことが手つかずの場合

どれか1個でも当てはまるのであれば
「やめるタイミング」です。
本当に、無理してやっていても、”何のプラス”にも
なりませんから、すっぱりとやめてしまうことを
強くおすすめします。

一度ログインするのをやめて、
もしくはアカウントごと削除してしまって
1週間ぐらい過ごしてみても良いかと思います。

それで、考えが変わるかもしれません。

まとめ

ツイッターをやめることはとても簡単です。
ある意味では、LINEよりも簡単でしょう。
LINEだと、リアルでも関わりのある人と
繋がっていたりするでしょうから、
一度始めてしまうと、なかなか”やめる”というのは
難しいと思います。

ですが、ツイッターであれば、
リアルの関係の人と繋がっていない場合も多いと思いますし、
繋がっていても、ツイッターがメインの
連絡手段ではないはずです。

重く考える必要はありません。
”いやだな”と感じたときが潮時なのです。
無理して余計なところで体力を消耗しないようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする