ツイッター文字数制限の変更まとめ!日本語の場合の影響は?

店員Kです!

多くの方が利用しているツイッター。
その文字数制限の変更が行われたみたいですね。

ツイッターと言えば短い文章での発言がメインに
なると思いますが、文字数の制限を増やしてほしい!という
意見などもあったようで、色々な検討の結果、
7日から、変更などが行われたようです。

今回の記事ではこのツイッターの文字数制限の変更に関連した
変化などをまとめていきたいと思います。

一応、日本語で利用している場合でも
若干の変化があります。

スポンサーリンク

文字数制限の変更

ツイッターの文字数制限。
今までは1ツイートごとに「140文字まで」という制限がありました。

しかし、今回の変更により、文字数制限が「140文字」から「280文字」に
変更。2倍の長さの文章をツイートできるようになったみたいですね。

ですが、これは”一部言語”を除いてのお話。
ツイッターを利用されている方はもうお分かりかと思いますが、
日本語での利用の場合は「140文字」のままです。

上記の「140文字から280文字への変更」は一部言語は対象外となっており、
日本語も、その対象外の言語のうちの一つ。
そのため、日本語でツイッターを利用している方にとっては、特に変化はなく、
今まで通り「140文字まで」の制限となっているのです。

長文ツイートをしたい!という方にはザンネンな知らせですが、
日本語版は現状のまま、ということですね。。

ちなみに、対象外の言語は
日本語、中国語、韓国語で、理由としては
「文字数制限が問題になっていない」という理由みたいですね。

また、文字数制限拡大の狙いは
ユーザー数の増大と、サイト利用頻度の拡大にあるとのこと。
ツイッターもいろいろと大変みたいですからね…。

日本語版への変化は?

しかしながら、今回のツイッターの文字数制限変更で、
日本語版にも若干の変化があります。
大きな変化ではないのですが、一応知っておいて損はないかと思います。

順番に紹介していきます!

半角英数字のカウントの変化

今まで、ツイッターの文字数は半角英数字だろうがひらがなだろうが
同じ「1文字」として扱われていました。
しかし、上の変更後からは半角英数字は「0.5文字」として扱われる
ようになっています。

なのでアルファベットや数字を含む文章をツイートする場合は
今までよりも、実質上、多くの文章を入力できる、ということになります。

極端な話、全ての文字を半角英数字で入力すれば、
280文字までは行ける、ということになります。

流石に全ての文字を半角英数字で入力する方はほとんど居ないとは思いますが
長文をよくツイートする方にとっては、これは嬉しいのではないでしょうか。

残り文字数表示のデザインの変化

残り文字数の表示デザインが変わりました。
今まではツイートボタンの側に残り文字数が数字で表示されていましたが、
その数字の表示が無くなっています。

代わりに、上の写真の箇所に円グラフのようなものが表示されており、
それで文字数制限の残量が分かるようになっています。
(写真の赤丸で囲ってある部分です)

ちなみに、残り10文字を切ると、円グラフの横に、従来通り数字が
表示されます。

逆に言うと、残り10文字を切るまでは、円グラフの横に数字は表示
されていないので、文字数を把握するためには、円グラフを見るしかなく、
具体的な文字数は分からない仕様に変更されました。

ちなみに、このデザインが不満な場合も、現状で戻したりすることは
できません。
特に変更する設定なども見当たらないのでツイッターを使っている方は
このデザインで利用することになります。

今後の対応は?

今のところ、日本語版が140文字⇒280文字に変更される予定はないようです。
確かに、私もツイッターは使っていますが、140文字を超えることは
ほとんどありませんし、中には使いたい方も当然いらっしゃるとは思うのですが
あまり必要としている人が多くないのかもしれませんね。

そのため、日本語版等については現状では文字数が変更される予定は
ないようです。

ただ、上で書いたように、残り文字数の表示方法が若干変わっているのと、
半角英数字は0.5文字扱いになりましたから、多少の変化はあります。

どうしても文字数が足りない?

どうしても文字数が足りない!という方も中には
居るかもしれません。
そんな場合は、今後は、文章内の数字やアルファベットを半角にして
文字数を削減したり、
もしくはツイートを2回に分けてツイートすれば良いと思います
(続く) (続き)みたいにツイートすれは、大丈夫だと思いますから。

もしくはツイッターに特別なこだわりなどが無いのであれば
他の、文字数の制限が緩い、もしくは制限の存在しない
SNSなどを利用するのも一つの手段かもしれません。

まとめ

と、いうことで日本語版は文字数変更されていませんので、
今まで通り「140文字」となります。
ただ、先ほど書いたように「半角英数字の扱いの変更」と
「残り文字数の表示形式の変更」は行われていますので
それだけは覚えておきましょう。

まぁ、、あまり長い文章をツイートする機会も個人的には
無いので、140文字でも十分だとは思いますが、
中には長文のツイートをしたい方もいらっしゃるとは思うので、
それが実現するといいですね。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする