ニンテンドースイッチライトの違いは?今後はどうなるの?

ニンテンドースイッチの新型
「ニンテンドースイッチライト」

携帯ゲーム機に特化したバージョンになっており
スイッチのバリエーションが増えた形になります。

しかしながら、「どこが違うのか」
「今後、スイッチではテレビで遊べなくなってしまうの?」
「テレビ専用の奴は出ないのか!」など
色々な疑問もあると思います。

それらの疑問について、お話していきたいと思います。

Nintendo Switch Liteとは?

2019年9月20日発売のモデルで
スイッチの機能を一部排除し、
低価格にしたバージョンですね。

なお、あくまでも”バリエーションが増えた”ということであり
今後こちらのスイッチしか生産されない、だとか
そういうことではありません。
公式サイトにも”選べる2種類”と記載されており、
自分自身の用途に合わせて、
好きなモノを選ぶことができるようになっています。

価格は19980円+税となっており、
通常のモデル(29980円+税)よりも
1万円ほど安い価格になっています

違いは何?

従来のスイッチとは何が違うのでしょうか。
まずは上で挙げたように「価格差」があります。
1万円ほどの差になりますね。
その他の違いとしては…

・テレビでのプレイは不可
「携帯モード」だけのプレイになるので
テレビで利用することはできません。
別売りのドックなどを使用してもテレビでは
遊べないので、テレビで遊ぶ人にとっては
ライトは選択肢にはならないでしょう。
(また、テレビで遊べないため、一部ソフトは利用できません)

・コントローラー一体型
ニンテンドースイッチは、コントローラーである
Joy-conをはめ込む形式でしたが
ライトは一体化しています。
そのため、持ち運びという点においては優れているのも
特徴の一つになりますね。

・一部機能はなし
HD振動とモーションIRカメラの機能には対応していません。
これらを遊ぶには別売りのJoy-conなどを
購入する必要があります。

・サイズ
サイズが若干小型化されており、より持ち運びしやすい
サイズになっています

・重さ
重さにも変化があり、従来のものは398グラムでしたが
新型は275グラムとなっています。

・画面のサイズ
従来のスイッチは6.2インチでしたが
ライトは5.5インチとなり、少し小さくなっています。

・バッテリー持続時間
バッテリー持続時間は若干長くなっているようです。
従来が2.5時間ー6.5時間とされていましたが
ライトでは3.0時間ー7.0時間とされています

違いとしてはこんなところですね。
あくまでも携帯機として遊ぶ人用の本体に
なっており、テレビで遊ぶ場合に関しては
従来のモデルを選ぶカタチになるかと思います。

従来のモデルはどうなるの?

これは、そのまま生産・販売されます。
決して生産終了になったりすることは
ありませんから、その点は安心して下さい。
今後も別の新型が出たり、
後継機が出たりしない限り、
生産は続くでしょう。

その証拠として、公式サイトには
2種類のスイッチが紹介されており、
あくまでも「自由に選んでくださいね」という
スタンスになっています。

ニンテンドースイッチが「ライト」に切り替わるわけではなく
種類が増えた、という考えになりますね。
従来機の生産も続きますから
テレビで遊びたい人は従来機、
持ち運びだけでいいや、という人はライトを選ぶ、
ということで良いかと思います。

特に品薄だとか(年末は普通にどちらも品薄に
なると思いますが)そういったことを
特別心配する必要もありませんし、
据え置き派・携帯派は2分されていますから
その点も基本は心配する必要ないでしょう。

テレビ専用のが欲しいんだけど…?

中には、携帯ゲーム機専用のものではなくて
テレビ専用のニンテンドースイッチが
欲しいんだけど…?という人もいるかと思います。

これに関しては、現時点では特に情報はなく、
不明ではありますが
以前に流れた噂(リーク情報?)では、
”新型のスイッチを2種類用意している”と
言われており、
ひとつは安価モデル(おそらく今回のライトのこと)
もう一つはコアユーザー向け、などと言われていました。

と、なればその「もう一つの新型」とやらが
テレビ専用機である可能性は高いと思われます。
プレイステーション4で言う「PRO」の
ポジションに位置するものだとも言われていますから
携帯ゲーム機の機能を排して、
その分高画質で遊んだりなど、
そういったことが可能になるのかもしれませんね。

ただ、こちらについては現時点では
正式発表はないですし、
まだあくまでも噂程度のお話、ということなので、
その点は忘れないようにして下さい。

仮に出るとしても、ライトが今年となれば、
これは2020年以降になるでしょう。

テレビで遊べなくなっちゃうの?

これは心配ありません。
上でも書いた通り従来機はそのまま生産されますし
新型の噂もあります。

少なくとも、ニンテンドースイッチが
携帯ゲーム機専用にシフトするメリットは
メーカー側からしてもないため、
必ずテレビでも遊べるモデルは
新型が出たとしても継続されます。

また、ソフトに関しても
今まで通りほとんどのソフトは
テレビでも携帯でも遊べる、ということは
守られると思いますから
そういった心配をする必要はありません。

今後も
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編や
メトロイドプライム4など、
テレビ需要の高そうなソフトも
名を連ねてますから、
何も心配する必要はないでしょう。

どっちを買えばいいの?

これは、人それぞれですね。
それぞれにメリット・デメリットが
ありますから、
自分自身がどう遊びたいのかを考えて
購入するようにすれば良いかと思います。

例えば、テレビで遊びたいのであれば
テレビ接続できない「ライト」は
選択肢から外れます。
どうやってもテレビにつなぐことは
できませんからね。

逆にテレビにつながなかったり、
大半は持ち運びで遊ぶのであれば
価格も安いですし「ライト」の方が
選択肢に浮上するようなことはあるかと思います。

このあたりは本当に、人それぞれの
好みによる部分になりますから
自由に選びましょう。

ただ、買い間違えには注意しましょう。
ライトを頼まれていたのに従来機を買ってしまった!
ならまだ問題はないですが
逆の場合は、テレビにつなげないわけですから
大きな問題になってしまいます

今後はどうなるの?

現在、まだまだニンテンドースイッチの勢いもありますし
今後は、2バリエーションが展開されていくものと
思われます。

従来機が生産終了になったりすることは
当面(テレビにつなげる新型が出るまで)は
ないでしょうから、その点は心配いりません。

ポケモンやどうぶつの森メインで遊ぶような
層をターゲットにしたものが、
この「ライト」になるのだと思いますから、
スイッチの売上はさらに上がるでしょうし、
売上が上がればソフトもさらに増えて
市場はさらに活性化するのではないでしょうか。

いずれにしても
マイナスになるような要素は
ないと思います。
今後も大作が多く控えていますし、
売上も期待できるのではないでしょうか。

まとめ

テレビで遊べなくなるの?みたいな
心配の声が聞かれますが
それはありませんし
ソフトについても従来通りです。
選択肢が増えただけ、という前向きな
考え方で良いのではないでしょうか。

テレビで遊びたければ従来機を買い、
テレビで遊ばないのであればライトを買う、
みたいな選択が出来るようになった、
というだけのことです。

唯一心配なのはクリスマス商戦などの
買い間違え…でしょうか汗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする