SNSのアイコンから分かること!注意するべきポイントは?

ツイッターやインスタグラムなど、
世の中には様々なSNSで満ち溢れています。

今回はこの”アイコン”に着目してみたいと思います。

アイコンは、自由にきめることができるので、
人によって、様々なアイコンを設定しています。

が、これに”騙されてしまわないように”注意が必要です。

その注意点とポイントをまとめていきたいと思います。

アイコンの注意点!

SNSのアイコン・・・
実際にツイッターなどを利用しているとわかると思うのですが、
このアイコンによって、結構イメージって変わるものです。

可愛らしいアイコンだったり
無機質なアイコンだったり…
人間は不思議なもので、可愛らしいアイコンがついていると
顔も見たことのない相手に対して
可愛らしいイメージを抱いたりしてしまったり
することもあるのです。

もちろん、どのようなイメージを抱こうと自由なのですが
少し注意しなければいけない部分もあります。
その注意点をしっかりと覚えて置くようにしましょう。

アイコン=本人ではない

まず、大事なことは、アイコン=本人ではない、ということです。
アニメのキャラクターだったり、
ゲームのキャラクターだったり、昆虫だったり
人間以外のものがアイコンになっていれば、
それが本人の写真ではない、ということは
すぐに分かるとは思うのですが、
実在の人間の写真がアイコンになっている場合は
騙されやすいです。

実在の人間のアイコンを使っている場合でも
芸能人や有名人の写真であれば、
あぁ、これは別の人だな、とわかるかと思いますが、
芸能人でも何でもない人のアイコンが使われている場合
それが「本人」なのか、それとも「別人」なのかの
判断をつけるのは非常に難しいことです。

もちろん、そのまま自分の写真をアイコンにする人も
たくさん居ますが
中には自分とは関係のない人の写真を
アイコンにする人もいるため、
アイコンになっている人がそっくりそのまま
その本人かどうかの判断をつけることはできない!と
いうことになります。
この点は注意するようにしましょう。

例えば、本人の友人や知り合いなどがアイコンに
なっている可能性もありますし、
ネットなどで拾った全く別人の顔写真などが
アイコンになっている可能性も十分にあるということです。

そのため、ネット上のSNSのアイコンだけでは
アイコン=本人とは限らないため注意しましょう

性別も違う可能性

アイコンに顔写真が写っていたとしても、
それが本人とは限らない、というのは
上でお話したとおりです。

そして”性別”すらも異なる可能性があります。
例えば女性の顔写真がアイコンになっていて、
SNS上での発言もそれらしい雰囲気だったとしても、
実際にその人の性別が何かは分からない、ということです。
実際には男性かもしれません。
もちろん、その逆も考えられます。

顔写真は上でも述べたように
別人の写真をアイコンにすることは
やろうと思えばとても簡単なことでしょう。
知り合いの写真を使うこともできますし
ネット上で、誰かの顔写真を保存することなど
簡単なことです。
そして、その本人が気付けば「私の写真を勝手に使わないでください!」と
言ったりもできると思いますが
広大なネットの世界で、それを見つけ出すのは非常に
難しいことだと思います。

言動は、いくらでも自分のキャラクターを作ることができるために
アテになりません。
そのため、アイコンからでは何も伝わってこない、
ということを覚えておいたほうが良いかと思います。

優しそうな顔写真がアイコンになっていても
実際に会ったら超強面の人が現れるかもしれないのです。

悪用される可能性も考えておく

逆に、自分自身の顔写真が悪用されることも
可能性としては考えておかなくてはなりません。
ネット上に自分の顔写真を載せると、
それを誰かに保存されたりして、
そのままSNSのアイコンなどに使われてしまう
可能性も0ではない、ということです。

実害が出る可能性は低いですが、
知らない人に「これが自分だ」みたいなことを
言われていたら気持ち悪いですよね?

防ぐ方法は一つです。
「ネットに自分の顔写真を載せない」ということですね。

もしも、自分の顔写真をネットに何らかのかたちで
載せるのであれば、その時点で全世界に広がる
可能性がある、ということは覚悟しなくてはなりません

アイコンからは何も分からない

結論を言うのであれば、
”アイコンからは何も分からない”ということです。
相手がどんな容姿なのかも分からないですし、
性別も、年齢も、何もかも分からないのです。
もっと言えば、人間かどうかも分かりません。
自動でツイートしているbotである可能性だってあります。

そのため、アイコンから色々なイメージを
受けてしまうかと思いますが
あまり真に受けすぎないように注意することが大切になってきます。

まとめ

SNSのアイコンでは相手のことは何も分かりません。
ただ、最初にも書いたとおり、アイコンから
受けるイメージは強いです。

特に、そのアカウントと話をするようになったり
関わりができてくると、特にアイコンのイメージを
真に受けやすいように感じます。
アイコンはあくまでもアイコンでしかありません。
どうしてもそのイメージが強くなってしまいますが
実際には、そうとは限らない、ということは頭の片隅にでも
良いので、覚えておくようにしましょう。

実際に会ったりしない限り実害はありませんが、
今の時代、実際に会ったりする人も多いですから
注意しなくてはいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする