正義マンはお店にとって邪魔!迷惑行為であることを理解すべき

軽減税率の導入に伴い
コンビニなどでは
持ち帰って食べる場合は消費税8%、
店内で食べる(イートイン)場合は
消費税10パーセントという仕組みになりました。
(記事掲載時点 今後変わる場合があります)

ですが、この、店内で食べるかどうかは
自己申告にゆだねられているため、
申告せずに店内で食べる人もいれば
購入後に気が変わって店内で食べるような人も
出てきて、これがイートイン脱税だとか
騒がれています。

そして、そんな状況に登場したのが「正義マン」と
呼ばれる人たちですね。

ですが、正義マンと呼ばれる行為は
お店にとって”大迷惑”ですので
控えるようにして下さい。

正義マンとは?

持ち帰り(消費税8%)で購入したものを
イートイン(店内で食べる場合は本来10パーセントとなる)で
食べている人を見つけて
店員に報告する人のことを言います。

まぁ、確かに本来店内で食べる場合は
10パーセントの消費税がかかる、ということで
良かれと思ってお店に報告している人も
いるのだと思いますが
これは、正直なところ”超”がつくほどの迷惑行為に
なりますので、気を付けるようにして下さい。

無駄な正義感は、周囲にとって”迷惑行為”に
なる場合もあるのです。
そのことを、しっかりと覚えておきましょう。

そもそも法的な罰則はない

イートイン脱税と呼ばれる行為には
そもそも法的な罰則はありません。
国税庁の見解もそのようになっており
倫理的にはともかく、法的には問題はない、
ということになっているのです。

このことはまず、大前提として
理解しておかなくてはいけませんし、
本当に”会計時とは気が変わった”人だっているでしょうし
そもそもイートインする場合は申告が必要であると
知らない人もいるでしょう。

相手が故意にそういった行為をしているのかどうかも
第3者からは分からないわけですから
本来、そこに口出すべきじゃないのです。

店員の仕事を増やすな!

イートイン脱税を店員に報告する…
良かれと思ってやっている人もいるかもですが
これは「お店にとって迷惑行為」でしかありません。

理由としては、まず、
8%の消費税でレジを通して処理している場合
お店側としては”それで終わり”です。
そのあとイートインで食べようが持ち帰ろうが
お店にとっては関係のないことであり、
仮にレジを打ち直したとしても
お店の利益になるわけではありません。
むしろ、お店からすればレジの取り消し処理や
打ち直しなど、面倒なことしかありません。
お店にとって何の利益にもならず、
かえって手間を増やしてしまうことに
繋がるのです。

また、トラブルの原因にもなります。
お店側が、イートイン脱税をしたお客様に
そのことを指摘しに行けば、
髙い確率でトラブルになってしまうでしょう。
お店側としては軽減税率に伴うトラブルは
避けたいところですし、
仮に上手く収まって消費税の2パーセント分を
払ってもらえたとしても、
指摘しに行く⇒説明する⇒レジのうち直し、と
大変面倒なことになるのです。

”余計な手間”
”トラブルの可能性”

こういったことで、
正義マンと呼ばれる人たちが
報告してくるたびに、
とても面倒なことになるのです。

正直、そのまま黙っててくれた方が
お店にとってもありがたいことなのです。

報告されてもお店にとって
プラスになることは何もなく、
面倒事にお店を巻き込むことになります。

あなたには関係ない

正義マンと呼ばれる行為を
する人がよく理解しておくべきことなのは
”あなたには関係ない”ということです。

お店の関係者でもなければ当事者でもない、
もちろん警察官でもない。
あなたが、他人の行動にとやかく
言うべきではないのです。

その結果、食べている相手にも
嫌な気持ち(もしかしたら本当に気が変わった
だけの可能性もあります)をさせ、
あなた自身も時間を無駄にし、
お店にも迷惑をかける。

お店からしてみれば正直なところ
”イートイン脱税”をする人以上に
”正義マン”の存在は厄介であり、邪魔だと言うのが
本音でしょう。

街で犯罪者を見かけて通報するのとは
わけが違うのです。
”余計なことはするな”
これがお店の本音であり、真実であるかと思います。

余計なことはしなくていいのです。
お店で、イートイン脱税を見かけても、
あなたには何も関係ありません。
そのまま普通に買い物を続けて下さい。
余計なトラブルや、余計な仕事を
お店に押し付けないで下さい。

文句があるなら…?

軽減税率に関する文句や責任を
お店に言われても
お店は困ってしまいます。
言うならばお店も被害者です。

このような、面倒な仕組みを
作られてしまい、多くのお店は
困惑していますし
なるべく負担が増えないよう、
なるべく穏便に対応できるように
努力しています。

そこに、文句を言われても
本当にお店は困るだけです。

軽減税率だとか
イートイン云々だとか
それに関係することは、
お店の責任ではないのです。

お店に文句をいう人もいますが、
やめてあげてください。
そういう人ばかり増えると
本当にサービス業界が壊滅します

まとめ 正義マンはいらない

軽減税率のイートイン脱税云々に関して言えば
「正義マン」はいらない、です。
他人のことを変に観察していないで
自分のことを優先して下さい。

他人がイートイン脱税しているかなんて
見なくていいですし
お店に報告しなくていいです。
あなたはいつからGメンになったのか?
なってないはずです。

自己本位な正義感は
逆にお店に迷惑をかけます。
そのことを、忘れないようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする