モノに八つ当たりしても意味が無い!悪い癖を直すためのアドバイス!

イライラしたり
嫌なことがあったりすると
”モノに八つ当たりをする人”も
たくさんいると思います。

ですが、モノに八つ当たりって
冷静に考えると
意味のないことばかりで
マイナスばっかりなのです。

私も以前はそういう時期もありましたが
今はもう、やめました。
自分で意味のないことだと気付いたからです。

意味がないと言うより、
マイナスばかりなのですよね…。

モノに八つ当たりすると起きる
「マイナス」をご紹介します。
マイナス面をしっかりと知ることで
「なんて愚かな行為なんだ…」と
自分で考え直せるのではないかと思います。

何の利もないモノへの八つ当たり

モノに八つ当たりしても何も
メリットはありません。
せいぜい、怒りを発散することができる、
ということぐらいかもしれませんが
発散は別の方法ですれば良いですし
何よりも冷静になったあとに
後悔することになるようなことが多すぎます。

完全に意味のない行動ですし、
絶対やらない方がいい方法です。

私も、そういう経験がありましたが、
後で後悔するようなことが
とても多かったので
今はもう、モノに当たることは
絶対にしません。

経験者として言わせてもらいますが
本当に何の意味もないですからね。

デメリットをしっかりと把握して
”意味のないことだ”と
しっかりと理解しましょう。

モノが壊れてお金がかかる

モノへの八つ当たりの一番のデメリットは
これですね。
”モノが壊れます”
これだけでも大きなデメリットでしょう。

もちろん壊れないこともありますが
モノへの八つ当たりを繰り返していると
いずれ絶対に何かを壊してしまいます。
私もそういう経験が何回かありました。
冷静になってから
「あぁぁ…なんてことをしてしまったんだ!」みたいな
感じになるわけですね…

完全に壊れてしまうと、当然それを
買い替えしなくてはいけませんし、
正直、完全にお金の無駄です。
お金をどぶに捨てているのと同じようなこと。

自分自身のモノであれば、
買い替えをすれば済みますが
(それだけでもかなり無意味でみっともないですが…)
もしも壊してしまったものが他人のものだったり
職場のものだったりする場合、
さらに大変なことになります。

相手から怒られたり、
信頼関係にヒビが入ったりしてしまう
可能性もあるわけです。

モノは壊れるわ
お金はかかるわ
信頼は失うわ、
本当に何も良いことはありません。

モノなんて、怒りにまかせて投げたり
攻撃したりすれば、本当に簡単に
壊れてしまうものなので、
そこのところは、しっかりと理解を
しておくようにしなくてはいけません。

当然家電系統などで、
メーカーの保証期間が1年間
ついているようなものであっても、
自分で壊した場合、保証対象外で
有料の修理になりますから
お金がかかることから
逃れることはできません。

自分が怪我をする可能性

モノに八つ当たりをすることで、
自分が怪我をしてしまう可能性もあります。
これも、本当に意味のないことですよね。

例えば、モノを殴りつけるようなことが
あれば打撲になる可能性もありますし
内出血するようなこともあるでしょうし、
怒りにまかせて変な動きをしていれば
思わぬ切り傷だとか
大事故につながってしまう可能性も
充分にあります。

怒りに支配されている状態だと
人間は冷静に考えることができなくなって
しまっているために
いつもなら気を付けるような部分に
気が回らなくなっていて、結果的に
怪我をしてしまう、ということですね。

軽い打撲などであれば
病院に行ったりするまででは
ないと思いますが、
それでもしばらくの間ずきずきと
痛みが出たりすることはあると思いますし、
怪我の程度が酷い場合は、
本当に病院の診察が必要になってしまうような
可能性も十分に考えられます。

病院の診察が必要になってしまった場合、
当然、病院に行く時間も勿体無いですし、
病院に行けばお金もかかります。
さらには病院の先生にけがを説明
するときにも恥をかくことになり、
何も良い事なんてないのです。

色々な意味でとにかく”無駄”をすることに
なってしまいますから、注意
するようにしなくてはいけません。

周囲からの印象も悪くなる

正直、モノに八つ当たりしている
人間を見てるのっていい気分じゃないのは
確かです。
私は、人がいるところでは
絶対にしませんでしたが、
私のアルバイト時代の店長は、
人のいるところでも平気でモノに
八つ当たりをするような人でした。

本当に、周囲から見ていてすごくイメージが
悪いですし、
モノに八つ当たりしている部分を見て
「あぁ、人に八つ当たりしないように
 モノに八つ当たりしてくれてるんだな」だとか
「かっこいいな」だとか、
そんな風に思う人は少ないでしょう。

周囲からのイメージを
無駄に悪化させるだけです。

モノに八つ当たりしているところを
見せても何にもなりませんし
そういった場面は
”自分の感情のコントロールができていない”ということを
周囲の人全体に伝えてしまうような行為ですから
そのようなことはしない、ということが
大事なポイントになります。

もちろん、人に直接暴力を振るったり
八つ当たりをしたりするのは、モノに
八つ当たりする以上にお話にならない行為ですが
モノだからいいのか?と言えば
決してそうではありません。
周囲からのイメージ悪化に繋がりますから
注意するようにして下さい。

健康面にも影響が出るかも

怪我をする以外にも健康面にも
影響が出る恐れがあります。
カッカッばかりしていたりすると
精神的にも良く無いですし
ストレスが溜まって行くことになるかと思います。

もちろんイライラしているのを我慢するのも
ストレスになりますが、
そのもっと手前で、まず、すぐにカッカッしたり
イライラしたりしないようにする、ということが
大事なポイントの一つになるかと思います。

怒り狂ってばかりいると、
精神的にも、最悪の場合は、血流だとか
そういった部分にまで悪影響が
出る可能性があります。
モノに当たるほど怒る、ということを
そもそも無くしてしまうことも
重要なのではないかと思います。

他の場所で発散

人間に、怒りの感情は
正直、そんなに必要ありません。
特に、感情的な怒り方は、
する必要なんてないのです。

何かに腹を立てたり、怒りの感情を
抱いたりすることはあっても
自分が感情的になってはいけない、
ということですね。

ストレスの発散方法も
暴れたりモノに八つ当たりしたりと言った
「破壊」の方面ではなく
趣味を楽しんだり、何か好きな食べ物を
食べたりと言った、破壊以外の方法で
発散するようにすることをおすすめします。
私の場合は、とにかく趣味を楽しむことで
ストレスを発散しているので、
最近では怒りの方面で発散するようなことは
なくなりましたね。

嫌なことがあればもう、とにかく
趣味にエネルギーをつぎ込んで
リラックスします笑

…と、まぁ、これはあくまで一例ですから
自分なりに破壊以外の方面で
ストレスを発散できるようによく考えて
上手くバランスを取って行くことが
大事になるかと思います。

モノに八つ当たりは、
私の経験上も本当に意味のないことですから
そういったことはしないようにしましょう。

まとめ

モノに八つ当たりしても
モノが壊れてしまうだけですし、
自分が怪我をする可能性もありますし
周囲へのイメージも悪いものに
なってしまうだけですから
良い事なんてひとつもありません。

イライラやストレスの発散方法なんて
他にいくらでもあるわけですから
モノに八つ当たりしたりするような行為は
控えて、もっと理性的に物事を
考えて行くことが、大事になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする