食品への異物混入などをツイッターに上げる必要はあるの?

ネット

店員Kです!

最近では、食品に異物混入などがあると、
ツイッターなどに載せる人も増えました。

今の時代は個人が、情報を発信しやすい時代になっており、
食料品への異物混入なども、すぐに情報が発信されやすいです。

カップ焼きそばへの異物混入だとか、
食べかけの商品がデリバリーで届いただとか、
そういうニュースもありましたよね。

しかし、これ、安易にツイートする前に、
しっかりと考えなければいけないことも
あるので、その点について書いていきます!

ツイートする前によく考えて!

購入した商品に異物が混入していたり、
届いた商品に問題があったり…
そういったものをツイートしたくなる気持ちは
十分に理解できます。

ただし、安易にツイートを行えば、
逆に自分自身が”炎上”してしまうことも
あるのです。

その点に関しては注意しなくてはいけません。
実際にツイートした側が批判されていることも
あるので、
安易なツイートは控えるべきです。
その理由や注意点をご紹介していきますね。

最初にやることはツイートではなく、お店への連絡

異物などが食料品に混入していたり、
商品に不備があった場合、最初にツイートするのではなく、
まずはお店への連絡です。
これは当たり前のことですが、
いつの間にか、まずツイートで
「〇〇店でかったものに異物が~」とか晒す修正のある人も居ます。

ですが、これは間違えです。
最初にやるべきは、お店などへの連絡です。
この基本中の基本を、忘れないようにしましょう!

もしもツイートする場合は…

話題づくりとして「こんなことがあった~」とツイート
したくなる気持ちは分かります。
ですので、もしもツイートする場合は、
相手の店名だとか、そういった部分を伏せて書くべきです。

カップ麺などの商品なのであれば、
写真などは載せず、商品名も伏せた状態で
載せることが望ましいです。

ただ、一番良いのはツイートしないこと、です。
そういったツイートは自分へのリスクもありますから、
(リスクについては後述)できればツイートしないほうが良いのです

ちゃんと対応してもらえたならそれでよしとする

メーカーやお店に連絡して、ちゃんと相手方に対応
してもらえたのであれば、それでよしとするべきです。
誰にだってミスはありますし、
ちゃんと対応してもらったのに、「ありえない」だとか
「こういうのどうなの?」だとか、ツイートするのは、
ただのクレーマーと同じであると考えます。

もちろん、相手側が酷い対応だった、だとか、
そういう理由であれば腹を立てるのも仕方がないですが、
お店やメーカー側がお詫びをし、交換や返金などに
応じているのにも関わらず、
ツイッターで”晒す”という行為をするのは
行きすぎた行為ではないかな、と思います

誰にだってミスはありますし、
それは極力減らさなくてはいけないものだとは思いますが、
0にするのは人間がやっている以上、難しいことです。
自分だって、人生で何らかのミスはしているでしょうし、
相手だってミスをすることはあるのです。

度を越した攻撃、これは、控えるべきであると思います。
もちろん、攻撃目的ではなく、こんなことあったぞ~!
みたいなノリの可能性もありますが、
下記に書くことをよく考えてみて下さい

自分に跳ね返ってくる可能性も…

ツイッターの方に、商品の不備などをUPしてそれを批判する行為。
確かに間違えたのは相手ですし、そのミスに関しては
反省するべきものでしょう。
しかしながら、これは「やりすぎ」てしまうと、自分に跳ね返ってくる
ことになりかねません。

実際に、こういったツイッターで
「食品に〇〇が混入していた」みたいなことを流すと、
「自作自演ではないか」と言われる可能性が高いです。
仮に本当だとしても、自作自演扱いされることは本当にありますし、
最悪の場合、自分のツイッターが炎上状態になってしまい、
批判の嵐に晒される可能性も高いです。

また、事実だと分かった場合でも
「そこまでする必要があったのか」だとか、ツイッターで
晒すような行為自体、好意的に受け取られない場合が
多いですから、その点に関しても、注意する必要があります。

下手にツイッターの方にこういった不備などをUP
することは逆に自分自身を苦しめることになりかねません。
安易な考えでツイッターにUPするようなことは
絶対に控えてください。

もしもツイッターに、食品への異物混入や、
お店への批判などを載せて、話題になった後に、
どのような流れになるか分かりません。

「そのお店酷いなー」となるケースももちろんあるでしょう。
しかしながら、「何でそこまでしてツイートするかな」と
なる可能性も十分にあるわけです。

なので、極力そういったツイートはせずに、
お店やメーカーに連絡をして対処して貰ったら
それで良しとするのがベストです。

まとめ

ツイッターなどの登場により、何でも個人が情報を
広げやすくなりました。
しかし、そうなったが故のトラブルなどが増えたのも
また事実ではあります。

確かに、購入した商品に異物が混入していたりだとか、
出前などの商品に異物が混入していたら
腹が立つ気持ちは分かります。

ですが、ちゃんと対応してもらった場合、
果たしてそれを拡散する必要はあるのか。
ないはずです。

ツイッターも利用方法を間違えれば
”炎上”してしまい、個人でどうこうできるレベルではない
騒ぎに発展してしまう可能性も十分にあるのです。
注意して、活用していきましょう。