ドライバーとドライヤーを聞き間違えて学校に持っていった話

学校関連

店員Kです!

学生時代、私も色々なミスをしました。
まぁ、今もミスをすることにはあまり変わりないのですが、
当時は今以上にミスも多かったものです。

そんな学生時代のミスの中で
個人的に印象深いミスが、
「ドライバーとドライヤーを間違えて学校に持っていってしまった」
というお話ですね。
今回はこのときのお話をしていきたいと思います。

学生時代の大きなミス!

小学生だったとは言え、確か中学年か高学年のときの
出来事だったので、今思い出しても笑ってしまうミスです。

当時、翌日の授業のために先生が
「ドライバーを持ってきてください」とクラス全体に
告げました。
何にそのドライバーを使う予定だったのかまでは
もう覚えていないのですが、
何かの授業にそのドライバーを使う予定だったのだと思います。

しかし、このときに私は大きな”勘違い”をやらかしました。
かなり、恥ずかしいミスです。それが…

盛大に聞き間違えた

そのミスとは”聞き間違え”です。
先生が「ドライバーを持ってきてください」と言ったのを
何故か私は”ドライヤー”を持ってきてください、と言ったのだと
聞き間違えをしてしまいました(笑)

学校にドライヤーって一体どんなことに
使うのだか…汗

ただ、当時の私はどこか抜けている感じの
子供だったので、
先生がドライヤーと言ったことを信じて疑わず、
”明日はドライヤーを学校に持っていく”と記憶して、
自宅に帰りました。

当時は何の疑問にも感じなかったのですよね。
人間の聞き間違えとは、とても恐ろしいものです。

自宅で親に…

帰宅後、ドライヤーを翌日持って行くために
親に「明日学校でドライヤーがいるんだって」と
告げました。

当然「はぁ?ドライヤー?」みたいな反応だったのを
覚えています。
まぁ、当たり前と言えば当たり前ですよね…

学校の授業でドライヤーを使う!なんてこと、私も聞いたことが
ありません^^
(まぁ、当時は疑問にすら思いませんでしたけど…)

家庭にドライヤーなんて何個も何個もあるものじゃないですし、
私の親も、きっと戸惑ったことでしょう。

ですが、私は先生がそう言っていたから…と
このときも、ドライヤーを持っていく、ということに対して
何の疑問も抱くことなく、ドライヤーを親の承諾を得て、
ランドセルへと入れました。

ランドセルにドライヤーを突っ込んだ小学生は
全国を見ても、ほとんど居ないのではないでしょうか。

こうして、私は翌日の学校のために、
ドライヤーをランドセルに詰め込んだのでした。

過ちに気付く…

そして、当然のことながら、自分の過ちに
気がつくことになります。

その授業が始まり、担任の先生は言いました。
「持ってきたドライバーを出してください」と。

は??
ここで、私は白目になりました(笑)
ドライヤーだと思っていたので、当然のことながらドライバー
なんて持ってきていません。
ランドセルの中には髪の毛を乾かす、あのドライヤーが(笑)

周囲が当たり前のようにドライバーを出す中、
私はそのまま唖然としていたのでした!
本当にあの時は唖然としてました。
もう、ずいぶん前の話なのですが
「ドライヤーではなく、ドライバーだと気付いた瞬間」の
絶望は今でも忘れられないですネ…。

ドライヤーをどうしたの?

結局、ドライバーを持ってきていないことには
変わりないので、先生に「ドライヤーと聞き間違えて
ドライヤー持ってきちゃいました」と素直に伝えました。
もはや、隠しようがないですからね。

先生も「え~」と笑っていました(笑)
もう、笑うしかないですよね…
私も、今思い出しても失笑してしまいます。

結局、隣の座席の子にドライバーを借りて、
そのときの授業(確か何らかの工作系だったと思いますが)を
無事に切り抜けました。

隣の子も「え?」って感じだったのは覚えています。
その日の他の場面は思いだせないのですけれど、
ドライヤーだけ強烈すぎて、鮮明に印象に残っています。
恥ずかしい記憶は、消えないものですね(笑)

帰宅後に…

帰宅後に、親にもドライヤーじゃなくて、ドライバーだと
伝えました。
当然「おかしいと思った」みたいな反応でしたね。
私も、今では「小学校の授業にドライヤーなど使わないだろう」と
当然理解できるのですが、当時は本当に、先生の言った言葉
をドライヤーだと聞き間違えて、何の疑いもなく学校に
ドライヤーを持って行ってしまいました!

そもそも、当時クラスが30人ぐらいいましたけれど、
その全員がドライヤーを使うなんて、
コンセント的な問題から考えても不可能ですからね…笑

とんでもないミスをしたものですが、
今はこうして笑い話に出来ているので、
まぁ、良かったのかな、とは思います。

ランドセルにドライヤーって…

まとめ

と、いうことで、ランドセルにドライヤーを詰め込んで
学校に持って行った話でした。
教室とドライヤーのミスマッチ感は今でも忘れません…!

まぁ、こんなミスをする人はなかなかいないかとは
思いますが、聞き間違えというのは怖いものですよね。
思い込んでしまうと、何の疑いもなくそのまま進んでしまうことは
今回ご紹介したドライヤーの件に限らず
実際に社会などでもよくあることですから、その点は
気を付けた方が良いかと思います!

あやふやな場合は、聞き直しましょう!

…と言っても、今回紹介した話の場合は「何の疑いも」
持ってなかったのですけどね笑