寝不足の対処法!睡眠不足になると起きることと予防方法!

日常生活

店員Kです!

皆様は寝不足になったことはありますか?
とても、辛いものですよね。

睡眠時間を確保することが出来ずに寝不足に
なっている人も居れば、
何らかの事情(不眠症など)で、眠りたくても、
眠ることができず、結果的に寝不足になってしまっている人も
居ると思います。

また、上記の理由とは関係なく、好きで夜更かしをしていて
寝不足になっている方も居るでしょう。
その理由は様々だと思います。

今回は、もしも寝不足になってしまうと、
どうなってしまうのか、
そして寝不足を防ぐためにはどうすれば良いのかを
まとめていきたいと思います。

寝不足に要注意!

人間にとって、睡眠時間というものは、とても大切なものです。
満足な睡眠時間が確保されていなければ
あらゆる部分が不調になってしまいます。
それほど、人間いとって睡眠は大事なモノなのです。

私も仕事上、睡眠不足になることも多かったですが、
やはりそれによって、色々な不都合な点も出てきていました。

それでは、寝不足になると何が起きるのか、
そして寝不足になってしまった場合の対策はあるのか。
それぞれまとめていきます。

寝不足になると何が起きる?

寝不足になってしまうと、人間は色々な面で
不調になってきます。
嫌いな人は嫌いだと思いますが「睡眠」はやはり人間に
とって、欠かすことのできない大切なモノということですね。

では、睡眠不足になると、どんなことが起きるでしょうか?

・昼間に眠くなる
まず、これですね。
昼間(夜型生活の方の場合は夜)、
つまり、普段起きている時間に眠くなってしまう、
ということです。
昼間に眠くなってしまうと、仕事中などの場合は、非常に厄介な
ことになってしまいますし、
あくびなどが出てしまって、仕事や学業にもなかなか集中できなく
なってしまいます。

・フラフラする
寝不足になっているとフラフラするようなことも多くなります。
めまいのような症状が出ることもあります
(実際に出たことがあります)
睡眠不足の状態での車の運転なども、大変危険な行為ですから、
そのあたりも含めて、気を付けましょう。

・記憶力の低下など
睡眠不足は記憶力の低下などの悪影響を及ぼすこともあります。
集中力なども低下しますね。
こういった部分にも響いてくるので、注意が必要です。
睡眠不足になると、仕事が手につかなくなることもありますので、
注意しましょう!

・精神的な影響
精神的にも影響することがあります。
イライラしたり、落ち込んだり、不安になったり…
いずれにせよ、良くない方面の影響が出ます。
情緒不安定になったりすることもあるようです。
私の場合はなんとなくテンションダウンすることが
多かったです(汗)

・体調面の異変も
首の痛みや頭痛、おなかを壊したりと言った
体調面に影響を及ぼしてしまう可能性も
十分に考えられます。
とにかく、色々な部分に影響を与える可能性がある!
ということになりますね。

こんなとことでしょうか。
大小含めてさまざまな影響が睡眠不足になると出てきます。

睡眠不足対策!

では、睡眠不足にならないようにするためには
どうしたら良いのか、という点を
見ていきましょう。

・睡眠時間を増やす
一番はこれですね…。
睡眠時間もあって、寝れる環境にもあるけど寝ない!
という人は睡眠時間を増やすことから始めると良いですね。
睡眠時間を増やしたくても、増やせない!という人はともかく
睡眠時間を増やせる環境にある人はまず、睡眠時間を
増やすよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

・睡眠の質を上げる
十分に寝ているはずなのに、なかなかすっきりしない!という方は
お使いの枕や布団、就寝している部屋などを
見直すことで、より熟睡できるようになり、睡眠不足が解消
されていく可能性はあります。

・睡眠障害がある場合
不眠症などの、睡眠の障害になっている事柄がある場合は、
医師に相談することをおすすめします。
もしも、ストレスなどが原因でなかなか眠れない!という場合は、
もしも原因が分かるのであれば、その「ストレスの原因」をまず
解消すること、体調不良があるのであれば、その体調の悪い部分を
解消することが先決です。

・寝る前の行動に注意する
就寝前の行動には注意しましょう。
寝る直前まで何かを食べていたり、スマートフォンやパソコンを
いじっていたりすると、
睡眠の障害になることもあるようなので、注意です。

・規則正しい睡眠時間
睡眠時間がいつもバラバラよりも、睡眠時間を”一定”にした方が
寝つきも、目覚めも良くなる可能性があります。
睡眠時間を確保できない場合などに試してみると良いかもしれません。

睡眠不足にならない為に注意するのはこのあたりでしょうか。
睡眠不足になってしまうと、
とにかく色々な面のバランスが崩れてしまいますから
どうにかして睡眠を増やすよう心がけましょう。

睡眠不足になってしまったら…?

どんなに気を付けていても、なかなか時間がとれずに
睡眠不足状態になってしまう人も多く存在します。
もしも、睡眠不足になってしまった場合は、どうすれば
良いのかを見ていきましょう。

・昼寝をする
昼寝…というか昼でなくても構わないのですが、
とにかく「寝る」ことです。
携帯やスマートフォンのアラーム機能などを使って
起きたい時間にセットしておけば、簡単に起きることもできます。
昼寝、と言っても別に5分とかそのぐらいでも良いのです。
本当に短い時間だったとしても、それでも何もしないよりは
脳がスッキリしますから、
昼間に眠くなってしまって、辛い!という場合は、
ほんのわずかな時間でも良いですから、昼寝をすることを
おすすめします。

・外に出る
外に出ると、なんとなくすっきりすることも
あるかと思います。
また、太陽の光を浴びることも眠気の抑制には良いみたいですね。
眠い状態で机に向かっていれば、本当に寝落ちしてしまいますから
そうならないためにも、気を付けましょう。
どうしても眠い場合は外を少し歩いてみるのも良いと思います

・飲み物や食べ物
眠気覚ましの飲み物や食べ物も気休めにしかならないかも
しれませんが、なかなか良い方法だと思います。
個人的にな話にはなってしまいますが、
特にスースーした飴などは個人的になかなか効果のあるものだと
思います。
人によって、合う、合わないはあると思いますから
色々なものを各自で試してみると良いかと思います。

・誰かと話をする
人と話をしていると多少の眠気も解消されます。
誰とも話さずに、机に向かっているような状態が寝不足の際には
最も良くない行動だと思います。
もしも強烈な眠気に襲われたら、誰かと話をするのも
1つの方法だと思います。

…こんなところでしょうか。
勿論、これらはあくまでも寝不足の時に、一時的に目を覚まさせるだけ
なので、根本的に解決させるための方法ではありません。
一時しのぎにすぎないので、どんなに目を覚まそうとしても
睡眠不足が蓄積されていけば、そのうち体は壊れてしまいます。
なので、やはり根本的な解決方法としては
睡眠の質を上げて、睡眠の時間を増やすことしかありません。

まとめ

睡眠不足…色々な理由はあると思いますが
本当に辛いものです。
睡眠時間が減るだけで、人間はここまで調子が
悪くなってしまうのか…!と
驚いてしまうぐらいに体調に影響を与えてしまいますからね…。

そうならないためにも、本当は普段からの睡眠時間の
確保が大切なのですが、結構忙しい人も多いので、
なかなか思うように睡眠がとれない、というのも事実です。

自分の限られたスケジュールの中、どのように
対応していくのか。
難しいことですが、時々は、睡眠時間のことも意識してみましょう!