学校の騒音がうるさい場合はどうすれば?学校騒音の対処法!

店員Kです!

自宅の近くに小学校や中学校、高校がある場合は
騒音に頭を悩ませる人も居るかと思います。

その音は、近隣で住んだことがなければ
分からない苦しみだとは思います。

では、近隣の学校の騒音で苦しんでいる場合はどうすれば
良いのでしょうか。

今回は、近隣学校の騒音に苦しんでいる方のために、
騒音にどう対応してば良いかをまとめていきます。

スポンサーリンク

学校の騒音への対応はどうすれば?

近隣学校からの騒音、確かにうるさいとは思います。
ですが、まず一つ前提として、早朝あまりにも早い時間や
深夜まで騒音を出しているわけではないと思います。
学校であれば、時間はきっちりとしているでしょう。
まずは、そのことを理解する必要があります。

そして、本当にその音は騒音なのか。
この点もきちんとする必要があります。

”自分にとって騒音なだけなのか”

”客観的に騒音なのか”

もちろん、自分自身が騒音と感じるのであれば、
それは自分にとっては騒音です。

ですが、客観的に見て騒音と呼べるレベルでなければ
残念ながら何も出来ません。

子供が嫌いだったりする方は、特に
学校の音が”うるさく”感じてしまうものだと思います。

自分にとってうるさいだけなのか、
一般的にうるさいレベルなのか、
それをまずは知る必要があると思います。

それも含めて、対策を書いていきましょう。

常識的に騒音なのかを確認する

一般的に、自分がうるさい!と思う音が、騒音に
値するのかどうか、確認する必要があります。
音の大きさを計測したりするのも良いですが、
誰か知り合いを数人呼んで確認してみる方法でも良いと思います。

何故こんなことをするのかと言うと、
「本当にうるさいと感じるかどうか」を
調べるためです。

確かに、そこに住んでみないと分からないこともあるかと思いますが
「うるさいと感じないレベルなのに」文句を言う人も増えています。

話は変わりますが、お店などでも「言いがかり」をつけてくる人が
非常に多いです。
そうなってしまうと、自分自身のイメージを下げることになりますから、
ただ自分が敏感すぎるだけなのか、それとも学校側が五月蝿すぎるのか。
自分の主観だけでなく”客観的”に数値で判断するか、他人の意見で
判断するかは必要だと思います。

法的に対応はできるの?

法的に対応することは難しいです。
まず、不可能と思ったほうが良いでしょう。

基本的には、法的処置は取れないと思っておいたほうが良いです。
そのような事例もほとんど無いと思われます。

しかしながら、どうしてもと言う場合は、まずはデータを
手に入れる必要がありますね。

つまり、どの程度の騒音が出ているのか。
それを測定することです。
騒音の環境基準というものがあるので、
その数値を超えている場合は、相談してみても良いかもしれません。

ただし、それでも実際に対応してもらえる可能性は
低いので、そこのところは、予め覚悟していおきましょう。

学校側と相談する

とは言え、自分が騒音だと感じているものの側で生活を
続ける、というのは非常に辛いことだと思います。
そんな場合はどうすれば良いのか。

やはり、まずは学校側と話し合うことでしょう。

ただし、最初は大人としての対応をしてください。
いきなり怒鳴り込んだりするのはNGです。
その後の話し合いもスムーズには進まないでしょうし、
学校側の担当者が謝ったとしても、内心はいきなり怒鳴り込まれて
かなり大きな不満を感じることでしょう。

まずは冷静に。
大人としての常識的な範囲で話し合いをすることを
おすすめします。

学校側との相談により、騒音が0になることはないですが、多少の
配慮はしてくれる可能性もあります。

報復行為は絶対にNG!

これは絶対にダメです。
時々「騒音」を理由にして犯罪行為を起こすような人も居ますが
人生台無しになります。
騒音どころの騒ぎじゃなくなりますから
絶対にそういうことはしないようにしてください。

また、子供たちに文句を言うのはやめましょう。
相当、みっともない行為です。
家の前でたむろされているだとか、直接何らかの被害を受けたり
した場合を除き、子供たちに怒鳴ったりするのは、
やってはいけないことです。

そもそも最初から…

学校の近くに住む、ということはそういうことです。
後から学校が出来た!というのならともかく、
好きでそこに引っ越してきて文句を言うのは筋違いです。

もしも、学校周辺に引っ越そうと考えているのであれば
事前に騒音の件は頭に入れておくべきですし、
もしも騒音を五月蝿いと感じても文句を言うべきではありません。

最初に、引越し等をする前に、よく考えましょう。
事前に「どのぐらいうるさいのか」は下見しておく必要が
あると思います。

最後の手段は…

やはり、うるさくて我慢できないのであれば最終的に
引っ越すしかないでしょう。
家に防音の設備を整えるにしても、やはり限界がありますし、
費用もかかると思います。
また、近くに学校がある、というだけでだんだんと腹も
立ってくるものでしょう。

最終的には、引越しというカタチで、その場所から
離れることが望ましいのではないでしょうか。

まとめ

学校が近くにある場合、騒音は避けられないものです。
子供に音を立てるな!というのも無理な話ですからね。

なので、まずは学校の周りに住む際には、
それを理解する必要があります。
理解も示さず、そこに引っ越して
「ここは自分の家だ!」と叫ぶのはただのワガママです。

ですが、やむを得ない事情だったり、客観的に見ても
「うるさい」というレベルの場合もあるでしょう。

そんな場合は、上のような方法で対処するのが
良いかと思います。
ただし、あくまでも理性的に対応することが大事です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする