アルバイトの連勤は違法?連勤させられた場合の対処法は?

アルバイト

店員Kです!

皆様はバイト先で連勤させらたことは
ありませんか?

連勤とは、休みなしで連続して勤務することです。

こんなこと、ブラック企業の社員だけの話じゃないの?と思う方もいる
かもしれませんが、実際にはアルバイトスタッフさんであっても
連勤させられている人は居ます。

かくいう私も、10連勤させられたことなら
経験アリです(汗)
半ば強制的な感じでした…。

今回は、アルバイトの連勤について書いていきます!

アルバイトの連勤は違法?

これは、場合によります。
違法になるケースもあれば、違法にならないケースもある。
ですが、バイト先に質問したところで、教えてもらうことはできないでしょう。

法律上の決まりを守っていれば10連勤しても違法でないことも
ありますし、8連勤で違法になるケースもあります。

もしも、連勤している、という場合は、
週40時間を超えている場合、残業代がしっかり出ているかどうか
(出ていない場合は基本的に違法です)や、
休日出勤の際に手当が出ているのかどうかなどを確認してみましょう。

もしも連勤していて、週の勤務時間も超えているのに、
何の手当も出ていない場合、違法と言えるでしょう。

ですが、法律云々で解説しているところも多いですが、
現実問題として、そのバイト先がどうなっているのか突き止めるのは
なかなか難しいと思いますし、
それを知ったところで「どうすればいいの?」という話に
なりますよね?

なので、もっと現場目線のことを今日は紹介していきたいと思います。

掛け持ちバイトでの連勤

バイトを複数個所で掛け持ちしていて、結果的に連勤に
なってしまっている場合…
これは違法でもなんでもありません。

生活苦など、色々事情はあるかもしれませんが、
好きで掛け持ちしている、という扱いになります。

働いているバイトさんの側も、掛け持ち先の2か所も
法に触れることは何もありません。

1か所で連勤させられている場合、ペナルティはあるの?

1か所のアルバイト先で連勤させられている場合…
体力的には大丈夫だけど、
もし労働基準監督署の調査などが入った場合、
働いている側も罪に問われてしまうのか、気になる方も
いるとは思います。

が、これは心配しなくても大丈夫です。
バイト先にシフトを入れられて連勤になってしまったからと
言って、アルバイトさんの側が罪に問われる、なぢおということは
あり得ません。

何らかの罰を受けるとしたらバイト先のほうでしょう。

時々、自分にも何かペナルティがあるのではないか…と
心配している人なども見かけますが、
この点を心配する必要はありません。

店長を脅してシフトを増やした!だとか
そういうおかしなことをしていなければ
気にする必要はないです。

これらは違法です

連勤に関して(掛け持ちの場合は除きます)、
下のようなことがあれば、バイト先は法律に違反してあなたを
働かせています。
できれば、何か一言、責任者に伝えた方が良いです。
そのまま何もしなければ、あなたは損をしたまま
バイトを続けることになりますから…。

・休日出勤扱いの日があるのに、手当が出ていない
・週40時間を超えているのに、残業代も何も出ない

になりますね…。
これらの場合は完全に違法です。

他のケースに関しては会社により、どのように対応しているか
就業規則なども異なりますから何とも言えませんが、
少しでも「?」と感じた場合は、確認してみると良いです。

いずれにせよ手当なしで1週間以上連勤させられている場合
(1日1時間とかなら話は別です)
違法である可能性が非常に高いです。

ただ、色々なケースがあるので、
皆様のバイト先の規則などを確認しないことには
100パーセント違法です!だとか
そういうことは言いきれません…。

違法な連勤をさせられている場合は?

まずは責任者に相談をしてみましょう。
ただし、バイト先の側も違法であることは分かっていて、
それが「当たり前」になっている可能性もあり、話し合いだけで
解決することは難しいです。

で、理屈の上では違法ですから、労働基準監督署などに
訴え出れば、何らかの逮捕はしてもらえる可能性もあります
(ただし、証拠は必要になると思います)

…が、現実問題として、皆様、そこまでやりたいと思いますか?
面倒臭い、というのが大半だと思います。

よく「それは法律違反です!訴えましょう」みたいなことを
書いてあるところもありますが、
実際にバイト経験があれば、それがなかなかやりにくい+面倒なのは
分かるはずです。
私も「訴えるか?」と言われれば、すぐに首を縦に振ることはしないでしょう。
色々面倒なことが簡単に想像できるからです。

もちろん、ちゃんと訴え出るのならそれが一番良いのですが、
色々と手間もかかりますし、バイト先からは逆恨みされる危険性も
ありますし、恐らく、何らかの理由をつけて、上手く退職に
誘導されるでしょう(これもやっちゃいけないことなのですが)

現実的な対処法は
「さっさと辞める」ことです。
そんな違法な連勤をさせて、手当も出さないようなバイト先よりも
良いバイト先はたくさんあるはずですから。

もしくは「泣き寝入り」。
これはおすすめしませんが連勤が辛くないのであれば、泣き寝入り
するのも一つの手段なのかもしれません。
手当は出ないので、私としては「ふざけるな!」と言いたい気分ですが、
それでも「今のバイト」に満足しているのであればこの方法を
取るしかない、というのが悲しいですが現実です。

連勤をやめたい場合はどうすれば?

違法か、違法でないかはおいておいて、
「とにかく連勤をやめたい!」という人も居ると思います。

アルバイト先の連勤が辛く、日常生活にも支障を及ぼしたり、
体力的に休日が欲しい場合、どのようにすれば良いか。
対処方法としては、バイトの出勤日(シフトなど)を決めている責任者に
相談するしかありません。
黙っていれば、相手はそのままスケジュールを組むでしょうから、
連勤が辛い場合は、必ず相談をまずはしてみてください。

ただし、相談をしても「人手不足だから」だとか
上手く言いくるめられる可能性も高いです。

が、本当に無理なのであれば、ちゃんとしっかりそれを伝えてください。
曖昧な態度や気弱な態度を見せれば、バイト先の責任者は
必ず、言葉巧みにあなたをそのまま連勤させようとします。

で、責任者が「連勤を無くして欲しい」というあなたの言葉に
耳を貸さなかった場合…
そうなってしまったら、道は2つに一つです。

「辞めるか」「我慢するか」

冷たいようですが、本当にこれしかありません。
アルバイトの弱い立場の現実を知っているからこそ言います。
これしか、できません。

言っても理解してくれない責任者にそのまま言い続けても
結果は変わりません。
最後には逆切れされて、待遇が非常に悪くなるでしょう。

ですから、責任者が、言っても連勤を減らしてくれなかった場合は
「泣き寝入り(我慢)」するか「退職して別のバイトを探すか」
しかないのです。

ただ、自分の体的にもう我慢できない!という状況なのであれば
必ず、そのバイトを辞めるようにしてください。

倒れてからでは、遅すぎです。

まとめ

アルバイト先の連勤において、たとえ、バイト先が違法に
連勤させているのだとしても、それが原因でバイトの方が
罰せられることは無いはずです。

ですが、体にも限界があります。
無理だ!と感じたら無理をしすぎず、まず相談してみることを
おすすめします。

相談しても、取り合ってもらえなかったりした場合は、
残念ですが、退職を視野に入れるしかない、というのが
アルバイトの現実だと思います。