事前に相談を!修学旅行に行ってはダメな人5パターン!

学校関連

店員Kです!

学校行事の中でも大きな行事が
”修学旅行”や”移動教室”、”スキー教室”などの
宿泊を伴う行事ですよね。

これらを楽しみにしている人も居れば、
あまり行きたくないなぁ…と思っている人も居ると思います。

ですが、基本的には色々な勉強にもなりますし、
嫌でも行かないといけないものです。

正直、私も面倒くさい…という思いがあったのですが、
ちゃんと行ってきましたよ^^

…ですが、”やむを得ない事情”、そして
”行けば、周囲に迷惑をかける人”
これらの場合は、その限りではありません。

人によっては安全面から行かない方が良い人、
そして、周りの迷惑になるので行かない方が良い人も居ます。

今回の記事では修学旅行に行かない方が良い人を
ご紹介していきます!

修学旅行に行かない方が良い人!

修学旅行に行かない方が良い人…。
まぁ、上でも書いた通り、基本的には参加した方が良いのです。

ですが、例外も居る、ということです。
それはどんな人か、一つ一つ見ていきましょう。
当てはまるものがある場合は、
周囲と相談するなり、自分でちゃんと考えて、
保護者や先生の意見も聞きながら判断しましょう。

修学旅行に行く、という年齢だと言うことは
まだ親や先生と相談するべき年齢です。
独断での判断はしないようにしてくださいネ。

①体調の悪い人

前日から体調不良になってしまった!だとか、
当日の朝、少し熱がある気がする…だとか、
そういう場合は、無理をしないことです。

少しでも怪しい感じがしたら、ザンネンではありますが
諦めた方が良いです。

私の学生時代のスキー教室
(私は後述の理由で参加していませんでした)では、
インフルエンザの患者が発生して、途中で保護者に迎えに
来てもらって帰る、という事態が発生していました。

こうなってしまったら、クラスメイトや先生にも
迷惑がかかりますし、
本人も辛いでしょうし、
迎えに行かされる保護者もたまったものではありません。

特に「行きたい!」と思っている人には辛い判断だと
思いますが、ダメそうな場合は決して無理をせずに、
調子が悪い場合は、素直に親に言いましょう。
その上で、相談して判断してください。

特に、インフルエンザやノロウイルスの場合、
大規模な感染を起こす可能性もありますから、
安易に修学旅行などに行ってはいけません。

②ルールを守れない人

時々、学校生活から逸脱したレベルでルールを
守れない人も居ると思います。

そういう人が、修学旅行やスキー教室に参加すれば
周囲の迷惑になりますから、
参加を見送るべきです。

先生たちは決して「来るな」とは言わないでしょう。
ですが、問題児がそういう宿泊行事についてくる、と
なれば、先生たちの頭の痛い問題のひとつとして
認識されることになります。

特に、周囲からも孤立しているような問題児の場合は、
修学旅行に行っても”まわりに迷惑をかけるだけ”です。
行かない!と言ってくれた方が先生も、クラスメイトも
ホッとする。
これが現実です。

酷い!と思うかもしれませんが、
普段嫌われるような事をしているわけですから
自業自得です。

まぁ、学年一の問題児!みたいなレベルの生徒が
修学旅行には行く!なんてあまり考えられませんが、
保護者としても、あまりに素行が悪いようであれば
修学旅行などへの参加は止めるべきです。
正直に言えば、迷惑になりますから。

③いじめが酷い場合

クラスメイトなどからのイジメが酷い場合…。
宿泊行事に参加すれば、いつもよりもエスカレートした
いじめを受ける可能性があります。

この場合は、親、先生を交えてしっかりと話し合い、
危険であるならば参加は見送った方が良いですし、
大丈夫であるのであれば、先生たちに
「誰にいじめられているか」などをしっかりと伝えた上で
宿泊行事に参加することをおすすめします。

④体質上などで参加が難しい場合

上で、私はスキー教室に行かなかった、と書きましたが
私が行かなかった理由はこれで、
太陽光に当たると、火傷状態のようになってしまう特殊な体質なので
スキー教室に行っても、スキーに参加できませんし、
迷惑をかけるだけだと判断して、
先生、親と相談した上で参加しませんでした。

中学時代も高校時代もそうです。
体調、体質上問題がある場合は、早めに先生たちとも
相談して、対応を判断しましょう。

間違っても直前になって「あ、、」みたいのは止めましょうね。

また、何らかの事情で介護などが必要な場合、
参加するのであれば、先生たちと事前に対応を話し合っておきましょう。
当日いきなり「〇〇して!」みたいのはNGです。
先生たち学校側にも「準備」が必要ですからね…。

⑤金銭的に厳しい場合

あまり言いたくはないですが、修学旅行などにも費用が
かかってきます。
参加が厳しい家庭事情の場合は、ザンネンながら
参加を見送らざるを得ません。

まぁ、修学旅行、というぐらいですから、まだ家計を自分で
コントロールしている年齢ではないでしょうから、
親から修学旅行への参加について相談された場合は、
しっかりと話し合って参加、不参加を決めるようにしましょう。

まとめ

以上が、修学旅行やスキー教室などの宿泊行事に行かない方が
良い人たち…です。

色々と事情はあると思いますが、やむを得ない場合は仕方がないです。

いずれの場合も、まだ一人で物事を決定していい年齢では無いですから
親、先生、どちらともしっかりと相談して修学旅行に参加するか
参加を見送るか決断しましょう!

ただ、上のような事情が無い場合は参加することをおすすめします!

コメント