元店員が語る中古販売店の品ぞろえが徐々に悪くなっている理由!

店員Kです!

店舗にもよると思いますが、
中古の商品を販売しているお店の品揃え…。

年々悪くなってきているような気がしませんか?

例えば大手古本屋などもそうです。
家電の販売買取を始めた、と前向きなイメージに
取れるかもしれませんが、
実際には、既存商品の売り場が縮小されています。

いつも同じような商品ばかり並んでいる中古販売店も
あるかと思います。

中古買取販売店の品揃えは
年々、悪くなってきているのは事実です。

どんな業界にせよ、です。

それは何故なのか。
中古買取店に勤務していた店員Kが裏側をお教えします。

スポンサーリンク

全体的に買取が減っている事実

もちろん、会社やお店によりますから、全部が全部、
というわけではありません。
しかし、実際に店舗における買取が減ってきているのは事実です。
私の勤務していた会社では、
全店舗、買取が前年割れしていましたし、
知り合いが勤務していた別の中古買取大手も、
店舗買取に関しては減少していました。

全体的に買取というものが減りつつあるのです。

そのため、中古販売店に掘り出しものが徐々に減りつつあり、
どこのお店でも売っているようなものが大量に
並んでいたり、珍しいものが無くなってしまっているのが現状です。

特に昔のように「お宝」を探す楽しみは減っていると思います。
それには、買取が減っただけではなく、
色々な裏側があるのです。

一般の方の「売り方」が変わった

時代の流れです。
買取が減少しただけではなく、
その買取減少にも関わる事柄ですが、一般の方の「売り方」というものが
昔とは変わったのです。

どういうことかと言うと、
今の時代にはオークションやメルカリなど
「個人で売り買いができるシステム」が出てきました。
昔はなかったものです。

昔だと本当に、中古商品はフリーマーケットで売るか
お店に売却するかしかありませんでした。

ですが今は違います。
オークションやメルカリを使えば
誰でも売ることができるのです。
しかも、その売れる金額はお店よりも高い。

そして、それによって売り方が変わりました。

「価値のあるものはオークションで」
「値段がつかず、オークションに出品するのが面倒なものは
 まとめてお店に」

こういう使い分けをする人が増えました。

1個売って数千円になるようなものは
喜んで自分でオークションに出す(店には持っていかない)けれど、
オークションに出しても100円とか10円にしかならないものは
正直言えば、個人で出品するのって、簡単とはいえ、面倒ですよね?

そうです。
あまり値段のつかない
要はどこにでも売っているようなものの持ち込みは多いのですが、
貴重品やレアな商品などの持ち込みは減りました。

買取の数はあっても、
質が伴わない。
そんな買取の流れになりつつあります。

売れるものはネットで自分で売り、
売れないものはお店に持っていく。

そういう構図ですね。

すぐに価値を調べられる時代

さらに、昔とは違い掘り出しモノが減った理由の一つが
「すぐに価値を調べられる」ことです。

昔は、たとえプレミアがついているようなレアな商品でも
それを知らずにお店に売る、という人も多かったのです。

もちろん、今でもそういう人は居ます。
ですが、数は減りました。

ネットを使えば簡単に「〇〇はこのぐらいの価値だ」と
いうことが分かってしまうようになったためです。

オークションの平均落札相場を調べられるサイトもありますし、
買取価格などを掲載しているお店や、
中古の販売相場を調べられるサイトなど、
本当に色々なサイトがあります。

そのため、昔のように「知らずに売りに来る」人は減りました。

で、前はお店側も「知らずに貴重品を安く売っている」ことも
ありました。
が、それも無くなったわけです。
お客さんが商品の価値をすぐに調べられる、ということは
お店側も同じことですからね…。

お店側も「あ、これは高く売れるやつだぞ!」となるので、
掘り出し物が店頭に並ばなくなっているのです。

私のお店でも、あまり見たことがないものを買取すると
オークションの落札相場を調べたりするようになりました。
つまりは、高い商品をそのまま知らずに出す、ということが
無くなった、ということです。

店もオークションをやっている

そして、今の時代は大手のお店であってもオークションでの
販売を行っています。
店もオークションをやっている時代、ということですね。
そのため、プレミアの商品や希少価値があるものの買取が
来ると、そもそも店頭にその商品が並ばず、
そのままオークションに出品される可能性もあります。

私の勤務していたお店はそうでした。
希少価値のある高値の商品は、お店には出さずに
そのままオークションに出していました。

その方が早く売れますし、モノによってはそういう商品だと
競い合ってくれて、値段が上がることもあります。

それらの商品はお店にとって、店舗で販売するメリットが
薄れつつあるので、
店頭に並べずにオークションに出す、
そういう流れが強まりつつあります。

また、私のお店がそうだったのですが
オークション売上ノルマ、というのを本部から課せられており、
それを達成できないと激しく叱責される状況でした。
他のお店でも、少なからずそういうことはあるはずです。

しかも、無理な金額設定をされるので、
とてもじゃないですが、高額で販売できる貴重品を
お店で売ることなどできないのです。

お店に並べたくても、売上ノルマを達成しなくてはならない…
そのためオークションに皆回って行く・・・。

そんなことも実際にあります。

せどりと呼ばれる人…

中古屋で掘り出しものを見つけて、それを別の場所(ネットなど)で
売却する人達も居ます。
これの良し、悪しについては語りませんが、
これによって、お店が見落としたわずかな貴重品もお店から
姿を消していきます。

スマホなどで価格を調査したり、
自分の知識を頼りに探したりして、掘り出しモノがあれば
すぐに確保に乗り出すため、当然、お店からは掘り出し物が
消えていきます。

これらを専門にしている方たちですから
当たり前ですが、一般の方よりも早く希少価値の高い
商品を見つけることも多いので、
結果的にお店には「いつもあるような商品」しか
残らなくなっているわけです。

売る人も厳しくなった

昔よりも、売る方は「買取金額に敏感」になりました。
「これはもうちょっと高いはずだ」とかそんな感じですね。

プレミア商品を安い金額で知らずに売る人も減りましたし、
オークションと買取を同じ土俵で考えて
「買い取りやすくないですか?」という人も居ます。

実際にはオークションは次に買う人との直接のやりとり、
店舗買取はあくまでも仲介みたいなものなので
「お店」も利益を出さねばなりません。

そもそもシステムが違うので、オークションと比べられると
どうにもならないのです。

ですが、その結果、
「キャンセル」になったり
「お店が無理して買取金額を上げたり」することになり、
希少価値の高い商品を買取することができても、
その金額は昔に比べると高くなりつつあるのです。

まとめ

以上が中古販売店にお宝やイイモノが減っている理由です。
ネットが発展したことにより「希少価値の高い商品」は
ネットの方に流れつつあり、店舗の方にはなかなかそういう商品も来ない、と。

もちろん、店舗側も買取キャンペーンをするなどして、
色々な試行錯誤はしているのですが、
それでもやはり、ネットで売れる金額を追い越すことは
できません。

今後も、この流れはさらに加速していくものと思います。

恐らくは掘り出し物など、中古販売店では
ほとんど見つけられない日も、いずれ来るのでしょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする