新作ゲームソフトの入荷から発売まで。ゲーム屋の仕事は…?

店員Kです!

私は元々ゲームショップで店長をしていました。
暇そうに見えるかもしれませんが、
そこそこ忙しい日もありました^^

そんなゲームショップ。一番忙しいのは
やはり毎週木曜日(たまに土曜日とかのもありますが)
の新作ゲームソフト発売日です。

単に発売日を迎えればよい、というわけではなく
色々と下準備もあるので、なかなか時間がかかるものなのです

今回の記事ではゲームショップの新作ゲームソフトの
入荷から発売までの仕事をご紹介しましょう^^

スポンサーリンク

新作ゲームソフトの発売日

まず、新作ゲームソフトの発売日について少々。
新作のゲームソフトは、基本、毎週の木曜日に発売されます。
時々、これをずらして
土曜日(ビッグタイトルは土曜日のことが多いです)だったり
金曜日(一部ゲームメーカーは金曜日に出すことが多いです)だったり
することもありますが、
ほぼ全ての新作ソフトは原則、木曜日に発売されています。

新作ゲームソフト関連の仕事

新作ゲームソフト…
お店にとっては、かなり嬉しい売上の源になります。
特に大型のタイトルが発売されるときは、
それに命運をかけるぐらい、お店は新作ソフトに依存しています。

が、新作ソフトはただ単にボーっとしていて売れるものでは
ありません。
売るまでには色々な作業と準備が必要になるのです。

新作ソフトの多い時は結構大変だったりします。
と、いうことで新作ゲームソフトの販売までの仕事を
順番に紹介していきます。

①発売日が近づくまで

まず、新作タイトルの発売日が近づくまでに、
販促活動などを行います。
予約受付中!のダミーパッケージを作ったり、予約券を作ったり…。
人気のタイトルに関してはお店の中のモニターを使って
PV(新作ソフトの紹介映像)を流したりするなどして
予約数の増加を狙います。

また、お店のブログやツイッターなどで「予約受付中です!」みたいな
告知も行いますね^^

ちなみに発注などに関しては私の勤務先の場合は本社が
担当していたので行いませんでしたが、
各店でやる場合は、発注も仕事の一つになりますね。

発売日が近づいたら…

そして、次に発売日が近づいてきたら…。
どこのお店でもそうだと思いますが、
基本的にゲームソフトの商品そのものをお店に並べる!ということは
ありません。

見本のパッケージに値札がついていて、それをレジに持っていき、
商品を売ってもらう、みたいな感じですよね。

なので、発売日の少し前に
(私の場合は前の週の土日ぐらいで)
新作ソフトのダミーパッケージづくりと、それに貼りつけするプライス
などの準備を行っていました。

これもそこそこ面倒な作業ではあります(汗)

また、新作ゲームソフトの値段を決定するのも、私の旧勤務先では
このタイミングでした。

この時点で各新作ゲームソフトの販売価格、そして買取価格を
決定し、POS(レジのシステム)に値段を登録
していきます。

発売日前日…

基本的に、新作ゲームソフトがお店に届くのは
発売日前日の事です。
時々、発売日の2日前に送っているメーカーもありますが
基本的には前日。

これは当然のことではありますが
当日にいきなり届けられたので発売日当日の開店時から
新作ソフトを売り出すことはできません。

そういった面の配慮からも、発売日前日にお店に商品が
届くようになっているわけですね^^

で、届いた商品を「入庫処理」していきます。

基本、ゲームソフトはダンボールで届くのですが、
その中に入荷したソフトがそれぞれ入っています。

伝票も一緒に入っているので、届いた内容物に
間違えがないか一つ一つ確認しながら
お店の専用端末でそれを入力していきます
(時々、間違えられていることもあるのです)

それが終わったら、今度はお店の「予約分の確保」。
新作のゲームソフトが予約が入ることも多いです。

特に人気のタイトルなどになると予約の本数は
100本以上になることも。

予約したのに「すみません売り切れました」は
100%クレームになるので、この辺の確保は
本当に慎重に、しっかりとやらないといけません。

加えて「予約特典」や「早期購入特典」
実はこのあたりはゲームソフト自体よりも早く
届いていることも多いので、ソフトが到着するまで
別の場所で保管していることも多いものになります!

なので、ソフトが到着したら、忘れずにソフトに
くっつけておかないといけません。
そうしないとこれも
「特典がついていないんですけど」というクレームの
原因になってしまいますから…。

発売日当日

発売日前日の閉店後か、発売日当日の朝か、
どちらでも良いのですが、発売日当日の朝、開店するまでに
お店の店内に新作ソフトの見本パッケージを並べておきます。

そうしないと「あれ?ここ新作ソフトないのか?」となって
しまいますから。

そうしてオープンを迎えたお店は、
新作ソフトを売っていくわけですね。

ここまでに色々な作業がありましたが、
ようやく販売開始になるわけです。

新作ソフトの発売日は…
新作の少ない日はいつも通りですが、
新作の多い日はかなり忙しいです(汗)

特に予約100本クラスの新作ソフトが出る場合
なんかだと、休憩に行くのも苦しいぐらい。
勿論、売れるのは嬉しいことなのですけどね。

ちなみに、新型ゲーム機の発売日は
1会計ごとに、長期保証の説明などもしなくては
いけなかったため、かなり忙しいですね…

発売日を終えて…

新作ソフト発売後は、店内に展開していたモニターをタイミングを
見計らって撤去、次の新作ソフトのモニターを作ることになります。

また、毎回のことながら必ず予約のキャンセル
(連絡してこないので実質上の無断キャンセル)や、
売れ残った新作ソフトの処理
(値段を下げるなどの調整)などなど、発売後もすることが
少なからずあります。

加えて、売り切れるような新作ソフトは
リピートと言って、もう一度問屋さんに発注するのですが、
これは店ごとの判断にゆだねられていたのでなかなか難しいものでした。

どんなに人気の新作ソフトであっても、
いつかは「売れなくなります」
どこのタイミングで発注を絞り出すか、というのも
お店にとってはかなり頭を悩ませる要素の一つではありました。

結構、こういうのって、発注すると、売れなかったり
発注しないと「ありますか?」と尋ねられたり…
その加減は結構難しいものなのです。

減りゆく新作ソフト・・・

今の時代、ゲーム業界は非常に厳しいです。
新作ソフトもどんどん減りつつあり、いつも苦しんでいる感じです。

お店に居たので分かるのですが、
新作のソフトも「格差」がスゴイですね。
100本以上売れるソフトは本当にとんでもない勢いで
バンバン売れていきますし、ある程度高い値段でも売れます。

しかし、逆に1本も売れないようなソフトもあるのが事実。
特に無名のゲームメーカーさんのソフトなんかだと
全然売れないものも本当にあります。

最近は特に2分化の傾向が強く、
売れないソフトはすぐに消滅する運命にあり、
売れるソフトはいつまでも売れ続ける…そんな状態です。

なので、どんどん中小のゲームメーカーは潰れてしまい、
新作ソフトが減ったことによりお店も苦しむ。
そんな負のスパイラルが出来上がってしまってます。

やはり、時代なのでしょうね

まとめ

何気なく皆様が購入している(かもしれない)ゲームソフトは
こんな感じで、色々な作業の上で、お店に並びます。

ちなみに、上ではかきませんでしたが、ネットでの販売も
やっていました。
ネット予約が入ってる場合は、前日にダンボールに入れて、そのまま発送します。

そうしないと発売日当日までに届かないので…(汗)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする