ガムマシンを1年間お店に設置してみた結果…。その売上は?

店員Kです!

ガムマシン…。
10円玉を入れてまわすと、
カラフルなガムが出てくるあのマシンです。

随分前に一度、このブログでも話題にしましたが、
お店にガムマシンを設置して早いものでもう1年が
経過しました。

そして先日、ガムマシンの売上を確認するため、
ガムマシンの中身を開いてみました。

そこには大量の10円玉が…。

果たして、ガムマシンは1年間で利益を生み出すことが
できたのでしょうか。

ガムマシンを1年間設置した結果を発表します!

ガムマシンを店に設置した結果

自営業でお店を始めるにあたって、
色々と面白いものを設置したい!ということで、
色々探していました。

そして、その時に用意したものの一つが「ガムマシン」。
ガムマシーンだとか、ガムガチャだとか、呼び方はさまざまです。

私はガムが好きなので、
どうしてもこのマシンが欲しい!ということで、
趣味と実益(・・・いえ、ほとんど趣味かも?)を兼ねたものとして
ガムマシンを購入、お店に設置しました。

あれから1年。
ガムマシンが私にもたらしたのは
利益か、それとも悲劇か。
その結果を見ていきましょう…!

初期費用はどのぐらいかかったの?

まず、ガムマシンを設置するにあたって、どのぐらい費用が
かかったのかをお話しておきましょう。

最初に、ガムマシン本体のほう。

ガムマシンなんて、なかなかお店で売っているようなものでは
ありませんから、ネット販売で探し出して購入しました。
その金額は15000円。

もっと安いものもあったのですが、以前書いたと思いますが、
安いものを前の勤務先で購入して設置したところ、
数週間で子供に破壊されてしまいました(笑)

その教訓から学んで、高いガムマシンを購入したわけです。

で、次に中身のガム。
これも購入しなくてはなりません。

500個入りで5000円のもの…なのですが
私の場合はガムマシンとセット(おまけでついていた)なので、
これに関しては購入せずに済みました。

つまり、この時点で、
送料だとかそういう細かい部分は考えずに書くと、
単純に1万5000円、初期費用としてかかっているわけです。

1回の金額は?

私が購入したガムマシンは1個20円のタイプのものです。
20円だと個人的に高いような気がしたので、最初は10円のものを
探したのですが、残念ながら10円のタイプのものが品切れだったので
やむを得ず、20円のものを購入しました。

と、いうことで私が設置していたガムマシンは1個20円というものでした。
で、そこに私が入れたのが500個のガム。
500個が全部売れたとすると…。
1万円です(笑)

つまり…初期からついているガムでは、
全部販売したところで、ガムマシン購入時の費用を取り戻すことは
できない、、ということです。

ガムの補充は?

1年間設置していたガムマシンですが、
500個入りのガムが品切れすることはありませんでした。

つまり、500個も売れていない…ということです。
この時点で残念ながら赤字は確定。

最初にガムマシンを導入した際に「ガムが足りなくなったら
入荷すればいいや」などと思っていましたが結局そこまでには
至りませんでした^^

と、いうことで赤字は確定です。
500個全部売れても1万円。
でもガムマシンの費用は1万5000円。

そして補充していないのにガムが残っていると
いうことは…
…お察しの状態です^^

開けてみました

ガムマシンを開けてみました。
残っているガムを避けて、中を見てみると…
恐ろしいほどまでの10円玉の山が…。
もはや、笑うしかないぐらいの10円玉が入っていました。
(集計面倒くさい…!)

しかし、そのまま放置しておくわけにも行きませんから
地道な集計作業を始めました。
10円玉を10枚ずつに積み重ねて、
50枚ずつに分けて、ビニールに入れて束ねる…。
そんな作業をひとり寂しく(?)行いました笑

数十分間、十円玉のさび臭さと戦いながら
集計を続けました…。

カウンターの上は10円玉だらけに…。

で、結局8000円分の10円玉、
つまり800枚の10円玉が入っていました(笑

400個のガムが売れたわけですね。
一応、1日に1個以上のペースで開店していたことになります^^

ただし、上でも書いたとおり赤字です。
ガムマシンで利益を出そうなどとは思っていませんでしたが
(元々好きで入れただけですし)
予想通りの結果でした。

ただ、個人的には思ったよりまわりました^^
もっと売れないかと思っていたので…。

あ、ちなみに売れた400個のうち、50個ぐらいは
私が自分で回して噛んだ分ですけれど(笑)

10円玉の処理が…

800枚にも及ぶ10円玉…。
正直に言えば、処理が面倒くさいですね(笑)
銀行の窓口に持ち込んで両替でもしてもらわない限り、使い物に
なりません。
自動販売機などでコツコツ利用しても良いですが
8000円分の10円玉を使うとなると長い年月がかかりますし、
銀行の窓口に預けてしまったほうが良いでしょうね…。

ご存知だと思いますが21枚以上の利用はお店は
断ることができるので、使うことはできません。
(そもそも大人が10円玉ジャラジャラ会計時に
使うなんて、私はちょっと…)

まとめ

1年間、ガムマシンを設置した利益をまとめましょう。
準備費用が1万5000円、
売上が8000円。
まぁ、税だとかなんだとか、そういうものは除いて考えると
単純にー7000円の赤字になったわけです。

これを黒字にもっていくためには、さらにガムを補充することになりますが
ガムを補充すると大体5000円かかるので、
その時点でー13000円に。
ガム500個を販売しても、1個20円ですから、
1万円にしかならず、まだ黒字にならない…。

つまり、ガムマシンで黒字にするのはほぼ不可能ということですネ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする