唇が乾燥する原因&唇の乾燥対策!唇の荒れや乾燥を防ぐために…

店員Kです!

皆様は唇の乾燥を経験したことはありますか?
私はあります…!

と、いうより今も唇は乾燥しています。

唇の乾燥は放っておくと、唇から出血したりしてしまうこともありますし、
唇がガサガサになってしまったり、
見た目的にも、ちょっとみっともない見た目になってしまったりと
色々と大変です。

今回の記事では唇が乾燥する原因、唇の乾燥対策、
そしてもしも乾燥してしまった場合の対策などを
それぞれ書いていきます!

スポンサーリンク

唇の乾燥で悩む!

唇の乾燥で悩んでいる人は多いと思います。
私自身も唇が結構日常的に乾燥していて、なかなか嫌な感じです。
急に血が出ていることもありますし、
外見的にもちょっとよろしくないので、色々と試してはいるのですが
なかなか安心できる状態にならないのが現状です…

では、唇の乾燥について、それぞれまとめていきましょう。

唇が乾燥する原因は?

唇が乾燥する原因は色々あります。
まずは、冬場に空気が乾燥していれば、他の皮膚と同じように
唇も乾燥していき、カサカサになっていきます。
そのまま放っておけば唇が切れてしまってヒリヒリしたりだとか、
そういうことも実際に起こり得ます。

一応、原因としては上記以外にも

・紫外線
紫外線による唇への乾燥、ダメージがあります。
ただ単に、冬場!というだけではく、紫外線の強い真夏などにも
唇にダメージを与えてしまい、
結果的に乾燥したり、見た目が良くない唇になってしまう
可能性があります。
冬場でも当然紫外線はありますし、厳密に言えば曇っている場合などでも
紫外線はあるので、もしも唇が紫外線に弱い場合は注意しなくてはなりません!

・乱れた生活習慣
生活習慣が乱れていると、当然のことながら
唇に影響が出る可能性があります。
食生活がおかしくなっていたり、睡眠時間を削りすぎて連日、睡眠不足に
なっていたりする場合は要注意です。
私は、睡眠随感を削っているので、唇がボロボロです・・・

・刺激の強いものによる刺激
食べ物でも唇を乾燥させたり、ダメージを受ける可能性があります。
特に刺激の強いもの、辛いものなどは唇が腫れたりすることも
人によってはありますから注意しましょう(私はあります)
また、しょうゆなどの刺激の強いものでも、唇が切れているときなどに
食べる(唇につく)と私の場合は、唇が腫れあがってしまうことも
あります。。

・日々のストレス
これは唇に限ったことではありませんが、日々のストレスは
唇にも悪影響なことも。。
私も店長という立場になった直後、時間が無くなって、唇が荒れ放題に
なってしまったことがありました。。

・病気などの可能性も
もちろん、あまりにも酷い場合、病気の可能性もあります。
皮膚系統の何らかの病気やアレルギーが発生している可能性があるので、
手におえない場合は、一度医療機関を受診するのもありだと思います。

唇の乾燥への対策は

次に、唇をなるべく乾燥させないようにするためには
どうしたら良いのか?
それを書いていきます。
乾燥させてしまうと、色々と厄介ですからね…。

・リップクリームを使う
王道な対策方法です。
私もリップクリームを使っています。
リップクリームは色々と種類がありますが、
どれが合う、どれが合わない、は個人によって違いますから
自分で一番合うリップクリームを探すことをおすすめします。

もしも分からなければ販売店の方にどのような症状に
なっているのかをお話すれば、その状態に合うリップクリームを
紹介してくれると思いますよ!

・舐めない、触らない
これも大事なことの一つです。
唇が乾燥してくると、ついついそれが気になってしまって
唇をペロペロと舐めてしまうこともありますが、あれは唇に逆効果です。
やると、短時間で唇のコンディションが悪くなりますから、
絶対にやらないようにしましょう。

また、触らないことも大事です。
気にして唇を触ったり刺激を与えていると唇が腫れたり、乾燥を
促進したりする可能性もありますから、こちらについても最大レベルの注意が
必要です!本当に触っていたり、舐めていたりすると、すぐに唇が
ボロボロになってしまいますから要注意です。

ちなみに、歯で唇を噛むような行動もしてはいけません。
以前、乾燥が気になってそういうことをしてしまったことがあるのですが、
唇がかなり腫れました。

・生活リズムを見直す
上でも書いた通りに、生活リズムの乱れから唇の乾燥を促進したり、
唇のコンディションを悪化させたりすることもあります。
そのため、自分の生活リズムが「悪いなぁ」と思う場合は一度、生活リズムの
見直しを行ってみることをおすすめします。

例えば、食生活が乱れきっているのであれば、
それを改善した方が良いですし、
睡眠時間が絶対的に不足しているのであれば、
30分でも1時間でも睡眠時間を増やすことができるように努力していきましょう。

少しでも生活リズムを見直すことで、何か変わってくる可能性もあります。

・病院に相談
どうしても症状が改善しない場合、命云々ではないにせよ、
何らかの病気やアレルギーを引き起こしている可能性は十分に
考えられます。
症状の改善が望めず、どんどん悪化していったり、
酷い場合は、一度病院に行ってみた方が良いと思います。
ちゃんと診断してくれると思いますし、適切な薬などを
処方してもらえると思いますから、その方が安心だと思います。

もしも乾燥・荒れが酷くなってしまったら?

どんなに対策をしても唇の乾燥や荒れは酷くなってしまうこともあります。
しかし、唇の乾燥や荒れが酷くなってしまうと、本当に人に見せたくないような
見た目になってしまうこともあります。
私も、唇の状態が酷い時は、手で覆ったりしています(汗)
もしもひどくなってしまった場合の対策としては…

・マスクをする
今の時代、風邪の予防などでマスクをしている人はたくさん
居ますから、マスクをするのも一つの方法です。
マスクをして唇を隠していれば、唇がどんな状態になっていたとしても、
相手からは見えることがありませんし、
「こんな状態の唇を見せたくない…」という場合には、とりあえずおすすめかつ、
簡単にできる方法なので覚えておきましょう

・唇用の軟膏などを使ってみる
薬局などに、唇の荒れなどに効く軟膏があります。
リップクリームは基本的なものだと、唇の感想を防ぐためのものですから、
切れてしまったり、ボロボロになってしまっている状態の唇だと
あまり効果が出ません。

そのため、荒れた唇の治療薬などを購入して使ってみることをおすすめします。

リップクリーム売り場の側に置かれていることも多いので
そこから確認してみるか、お店の人に尋ねてみると良いと思います。

私も、メディカルリップという軟膏を使ってみましたが
少し楽になりました^^

ただ、リップクリームと同じで効果が出るかどうかは
人によって個人差がありますし、
どの薬が効くかどうかも変わってきますから、この点はしっかりと見極めるように
していきましょう!
自分に合わないと感じたら、すぐに使用を中止することも大切です!

まとめ

冬場は特に唇の乾燥で苦しんでいる人も多いと思います。
私も、毎年、唇の乾燥には苦しんでいます。

乾燥の原因や対策などを知っておけば、多少は知らないより良いと思いますから、
しっかりとその対処法を知り、
なるべく唇を乾燥させないようにしていきましょう。

個人的には、舐めたり触ったり気にしたりが、一番唇に良くない
(状態がものすごく悪化する気がします)と思うので
その点は気を付けてください!

今の季節は特に大変ですが、頑張りましょう!
(私は春でも夏でもダメですけれど…汗)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする