ブラック企業の経営勉強会の恐怖!その全貌を語ります

店員Kです!

経営勉強会。
ご大層な名前に聞こえますが、
私の旧勤務先はブラック企業でした。

私も、店長になったあと、毎年1回開催されていたので、
1度だけ出席することになりました
(2年目はとある自然災害で中止に)

しかし、、私の所属していた会社以外、親会社やグループ会社の
店長クラスや幹部クラスが集まるその経営勉強会は
恐怖そのものであり、別次元のような世界でした。

今回はこの経営勉強会について語ります。

スポンサーリンク

ブラック企業の経営勉強会

ブラック企業の経営勉強会。
これに私も参加することになりました。
親会社とグループ会社のメンバーが集められて、
そこで会社の会長や重役が話をする、というものです。

私も、店長になったので、これに参加することになりました。
開催場所は名古屋。
そのため、新幹線に乗って移動することになります。

ちなみに、この経営勉強会、
”必ず参加しろ”との勅命(?)が下っており、
お店の状況がどうあれ、不参加は許されない雰囲気でした。

なので、私以外、全員アルバイトスタッフさんだったため
人員確保にはかなり苦労しました(汗)

実際に出れない!という場合、どうなってしまうのかは
分かりませんが、
相当危険な雰囲気でした。

実際に高熱(39度)がある社員まで会議に出てきていたので
恐ろしいことになったのでしょう…

ちなみに、新幹線はさすがにブラック企業とは言え、
経費がおりました(笑)

会場に入ってみて…

会場は名古屋の駅の近くのご大層なホテルでした。
会社もこういう会長が来るような会議だと、
お金を使うんですよね。

そして、会場に入ると同時に、その雰囲気に驚きました^^
なんかこう、、会社に心酔しているというか、そんな感じの方が
とても多かったのです

しかも、若い人が多い。
ブラック企業にありがちなパターンですが、
若い人が多く、年配の方は少ない印象でした。

先輩の店長から「うち(子会社です)は完全に
あの勉強会では、アウェーだから」と事前に聞いていましたが
まさにそんな感じでした。

お偉いさんの話し

そして、まずは会長だとか、相談役だとか、
そういう人の話が順番に始まりました。
まぁ、、内容は聞くに堪えない普通の話です。
テンプレート的なお話。
残念ながら特にためになるような話はないような印象でした。

このとき、初めて相談役と言う人を見ましたが、
会長の奥さんだったようで、
威張り散らしてるような感じの印象の方でした。
ゲラゲラと笑い、一人、野次を入れたりして
お世辞にも品がある、とは言えない印象でしたね…。

実際に先輩店長も
「あの人は嫌なおばさんなんだよ」などと言っていました(笑)

で、ここで驚いたのが、
親会社の社員たちは、全くメモを取る必要の無い話を
(やる気がないのではなく、本当に不要な話です 聞けば分かります)
目をきらきら輝かせて、会長の話にイチイチ頷くようにしながら、
メモを取っている人まで居て、少し恐怖しました。

昼食休憩

ここで昼食休憩。サンドイッチが結構な量、会場のスタッフにより
配布されました。コーヒーつき。
しかし、お偉いさんの話が伸びたため、休憩時間はわずか15分(笑)
みじかっ!…。
しかもトイレ時間含めて15分。
みんな、慌ててサンドイッチを食べるような感じでした。。。

くだらない話を伸ばされてこれでは…
ちょっと嫌な感じです!

グループ討論が始まる

その後、グループ討論が始まりました。
特定のテーマに沿って、いくつかのグループに分かれて話し合い、
それで答えを出す、という感じでしたね。

そのとき、私は親会社の社員や店長4、5人と共に
討論することになりましたが、
どの人も若く、しかも本当に熱心な感じがしました。
住む世界が違うような…
仕事そのものが人生!みたいな感じでしたね。

トークも熱すぎてちょっとついていけませんでした…
ノリとしては休日出勤当たり前!
プライベートは犠牲にして、全てを会社のために!
見たいな感じでしたね!

まぁ、要するに会社に心酔しているような、
俗に言う、社蓄みたいな人が多かったわけです。

それが良いのか、悪いのかは置いておいても、
私はプライベートを犠牲にして、全てを仕事にささげる!みたいな
感じにはなりたくない!というタイプの人なので
違和感はぬぐえませんでした。

2時間ぐらい討論させられた末に、各グループの
発表を行い、これで経営勉強会は終了。

正直なところ「何のための勉強会?」という感じでした。
何も勉強になっていない…

懇親会

そして、このあとは懇親会。
席はあらかじめ決められていたのですが、会長夫妻の席には
若い、お気に入りの社員が集められていました。

そして、会長夫妻(特に妻)は汚らしくゲラゲラと
大騒ぎ。
経営勉強会って、あなたたちが飲みたいだけだったのでは…?と
思ってしまうぐらいに嬉しそうに騒いでいました…(呆)

料理はコース料理でした。
ですが、親会社や、他のグループ社員と座席が一緒で、
普段の、私が所属する会社の人員はバラバラにちりばめられていたので、
全く見ず知らずの人と食べるような感じで、
あまり心地のよい感じではありませんでした。

表彰式

そして、この表彰式が問題。
会社の各部門の最優秀者が、それぞれ順番に前に呼び出されて
会長から「〇〇賞」が順番に手渡されていきました。

もちろん、ブラック企業の犬になっている人物や、
お気に入りの人物が順番に表彰されていきます。

やり方に疑問符を投げかけるような人には当然、
表彰状などありません
(表彰されたくもないですが…)

私の所属していた”子会社側の会社”部門で表彰されたのは
365日休まずに働いているとある店長でした^^
ちゃんと休まない人は(その人は休めるのに休まなかった)
仕事のできない人、という私の理論(?)とは正反対。

この会社では正しく休む、という当たり前のことが出来ない人を
優秀として表彰するようでした^^

そして、表彰された人に
何故か一気飲みを強要。
嫌がる社員にも「ほら!行け行け!男だろ!」みたいな発言を
会長の妻がして、無理矢理GOさせていました。

体質が古すぎてみていて呆れましたね^^

1万円でドヤ顔

そして最後に会長が、出席者全員に、
いつも頑張る社員たちに、という名目で
一人につき「1万円」のボーナスを手渡していました。

社員たちは大喜び。
ですが、私は冷めた目で見ていました。

「いつも散々サービス残業させておいて
 1万でドヤ顔するなよ!」と突っ込みたい気分です。

各社員に10万円でも足りないぐらい、
未払いの料金があったはずです。

1万円でドヤ顔されてもねぇ・・・という感じです。

このお金は、そもそも私たちのものではないのか?
という感じ…。

ですが、会長に心酔する社員たちはそんなこと
思ってもないのでしょうね…。

”1万円頂けた”と、
本当にそう思っているのではないでしょうか。

ブラック企業の怖いところはここです。
”普通の感覚”がだんだんと失われていってしまって、
”会社の犬”に変わり果ててしまう。

黒企業で働く際には、本当にこの部分には気をつけて欲しいです。

自分の会社は普通ではなく異常なのだと、
常に頭の片隅においておく必要があります。

まとめ

私が参加したのは1回だけでしたが、もう1回でおなかいっぱいです。
あんなくだらない懇親会に出るなら(ブラック体質丸見えで不愉快でした)
名古屋駅周辺を観光したかったぐらいです。

ちなみに、
1年目は店長になって最初の月だったので免除、
3年目はとある地方の自然災害が原因で中止になったので、
私が店長をやっている間に、3回、こういうことがありましたが
出席は1回だけでした。。

あんな集まり、1回行けば十分ですよ…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする