ゲームの対戦プレイで嫌われてしまう人間9パターン!

店員Kです!

人と集まって対戦する…。
最近ではネットを使ったオンライン対戦なども流行ってますが、
対人対戦も楽しんでいる人は居ると思います。

私が店長をやっていたお店でも、対戦している人は居ましたし、
やはり好きなゲームの対戦などをすると、
盛り上がると思います。

ネット対戦とはまた違う楽しみがありますよね^^

ですが、、この対戦…
人によっては”嫌われて”しまうことも。

今回の記事では、対戦をしていると”嫌われてしまう”タイプの
人たちをそれぞれ紹介していきます。

スポンサーリンク

対戦で嫌われる行為!

対戦中の行動によっては、対戦相手から嫌われてしまうことも。
一度嫌われてしまうと、対戦相手がだんだんと減っていって
しまうかもしれませんから気をつけましょう!

「あいつと対戦してもつまらない!」だとか
「あの人とは対戦したくない!」って思われてしまったら
悲しいですからね…

では、どんな行為が嫌われるのかをそれぞれ見ていきましょう!

負けたときに言い訳する

対戦で、負けるたびに何か言い訳する人。
最初はほほえましく見ててもらえるかもしれませんが、
それを繰り返すと、嫌われる可能性は高いです。

勝つたびに「負け惜しみ」を言われたら
勝った側も面白くないでしょう…。

「今のは本気じゃなかった」
「手加減してやってるんだ」だとか…
そんな風に言って、悔しさを紛らわしたい気持ちも分かりはしますが、
ここはグッとこらえて、そういう負け惜しみを口から
出さないようにしましょう。

負けるとリセットしたり、電源を切る

対戦で、負けそうになったり、負けると
リセットボタン(最近のゲーム機はあまりないですが)を押したりとか
電源を切ったりだとか、
対戦から途中抜けしたりだとか、そういう行為を行う人。

これも、対戦相手からすると、非常に不愉快な行為です。

私も当時は未熟者だったので、
小学生のときに、とあるゲームのリセットボタンを
押してしまったことがあるのですが(汗)
その時に猛ブーイングをくらったので、
反省しました…。

他の対戦相手からするととてもつまらない行為ですから
負けは負けとして、しっかりと受け入れましょう。

負けると不機嫌になる

こういう相手とは戦いたくない!と思うものです。

対戦で負けるだけで不機嫌になっていく相手。
だんだんイヤミっぽくなったりする相手。

こんな人とは対戦したくないですよね?

それに、対戦相手に気を使わせてしまう可能性もあります。
あまりにも不機嫌になるようなタイプが対戦相手の場合、
「面倒くさいなぁ」ということで、
わざと手こずってるように見せたり、
わざとたまに負けてあげたり、
そんな配慮を相手に強いることになってしまう可能性も。

これでは相手は対戦を楽しむことができませんし、
面倒なので、対戦したくない!と思うのも当たり前のことです。

勝つと調子に乗る

対戦で勝つと、必要以上に対戦相手のことをけなしたり
するタイプの人。

負けているほうからすれば、とても不愉快なタイプです。

もちろん、買ったときに喜ぶのは良いと思うのですが、
あまり調子に乗りすぎると、周囲の反感を買いますし、
負けてけなされるぐらいなら、この人とは対戦したくない!
と思われてしまっても仕方のないことです。

時々、徹底的に相手をけなすような人も居ますが
周囲から”確実”に嫌われるので気をつけましょう!

マイルールを押し付ける!

対戦中に、〇〇禁止!だとか、勝手に自分でルールを
作って、それを一緒に対戦している人に押し付けたりする人も、
一緒に対戦したくない!と思わせてしまうタイプの人ですね。

自分に不利な〇〇を使用禁止にしたり、
相手が得意な〇〇を使用禁止にしたり、
自分勝手なルールを押し付ければ、当然、相手からは
嫌がられます。

もしも、マイルールを作る場合は、相手と相談して、
対戦に参加するメンバー全員の同意を得るようにしましょう。

勝手に自分ひとりで
「〇〇は禁止で〇〇のみにしよう」だとか、そういう
ルールを作るのは厳禁です。

一緒にプレイしている相手に、
「つまらない!」と思われてしまっても仕方がないでしょう。

相手のプレイスタイルを否定する

ゲームにはそれぞれのプレイスタイルがあります。
自分が得意としているプレイスタイルを、
相手も使うとは限りません。

つまり、
全員が自分と同じプレイスタイルで遊ぶとは限りません。
ですが、時々、自分の戦術こそ全てだと思ってしまって、
相手に自分のプレイスタイルを押し付ける人が居ます。

たとえ、自分のプレイスタイルの方が戦術的に
正しいものだったとしても、遊び方は個人の自由ですから
それを押し付けたりすることのないようにしましょう。
嫌われる原因になります!

得意気にアドバイスを始める

自分のほうが腕前が上の場合でも、対戦相手に
あーだこーだアドバイスをし始めるのはやめましょう。
簡単な感じのアドバイスならともかく、
自分が上にたったつもりで、アドバイスするような人は
嫌われますね…。
対戦はあくまでも楽しむためのものですから、
余計なお世話です^^

もちろん、一緒にプレイしている人の腕前がイマイチだと
あれこれアドバイスしたくなってしまう気持ちも
分からないこともないのですが、そこはグッと抑えて、
その人のことを尊重してあげましょう。

卑怯な手段を使う

ゲームにもよりますが、卑怯な手段を使ったり、
裏技みたいなものを使ったり、壊れ性能のキャラクターを使い続けたり…
そう言ったことでも相手から嫌がられる可能性はあります。

まぁ、キャラクターなどに関してはゲーム内で使える範囲の
ことをしているので、嫌われる筋合いもないとは思いますが、
それでも負けてる側からすると不愉快になってしまうことも
あるので、上手くその辺はバランスをとりましょう。

チートだとか、改造まがいのことをしている人は
確実に嫌われますので、こちらは気をつけましょう。

外野の口出し

これはプレイしている人以外の問題ですが
”外野による口出し”
これには気をつけましょう。
プレイしている本人たち以外で、時々「それは違うだろ!」みたいな
感じで、プレイヤーに対して口出しをする人も居ます。

これはプレイしている人からすると妨害でしかないですし、
良い気分ではないので絶対にやめましょう。

プレイスタイルは人それぞれです。
観戦している人はマナーと節度を守って観戦するようにしましょう!

対戦時に嫌われるとどうなる?

ゲームの対戦プレイで嫌われてしまうと、次第に対戦してくれる
相手が居なくなっていきます。
自分の楽しさを優先した結果、誰も相手にしてくれなくなってしまう!
という悲しいパターンですね。

そうなってしまわないためにも、対戦は一人でプレイするものでは
ありませんから、相手のこともちゃんと考えて対戦するようにしましょう。

対戦に誘っても、相手が何らかの理由をつけて、対戦を断るように
なり始めたら
「あなたとは対戦したくない」というサインかもしれませんから、
そうならないように気をつけましょう!

一度対戦したくない!と思ったら二度としたくないものです。
対戦相手なんて、他に探せばいくらでもいるでしょうから…。

まとめ

インターネットなどを利用したオンライン対戦であればともかく、
ローカルでの対戦プレイの場合、一度嫌われてしまうと大変です。

オンラインプレイはよく名前を変えたりしてやり直したりする
人も居るようですが、
ネット対戦以外の場合「名前を変えてやりなおす」なんて芸当は
できませんから、そのことをよく自覚した上で、
相手のことをちゃんと考えて対戦しましょう!

私も対戦したくない!という相手が居ます。
対戦するたびに色々うるさいことを言われてしまうと、
”楽しむ”ためのもののはずが、全然楽しくなくなってしまうので…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする