告白に失敗した際に背負うことになるリスク7つ!リスク回避方法は?

店員Kです!

皆様は人に告白したことがありますか?

告白は成功することもあれば、
当然失敗することもあると思います。

「大丈夫そうだ」と思っても、相手がその気ではなかった!
ということもありますからね…。

何事も100パーセントはありません。
絶対に告白成功しそう!と思っていても失敗することもあれば、
反対に絶対にダメだ!と思っていても成功することもあるかもしれません。

ですが、
告白に”痛み”を伴うものです。

痛みを伴わない告白なんてありません。
どんな人でも告白に失敗すれば多少のダメージやリスクを
覚悟しなくてはならないのです!

今回の記事では、告白に失敗した際のリスクを書いていきます。

このリスクを踏まえた上で、告白するようにしましょう。

スポンサーリンク

告白のリスク

告白にはリスクがつきものです。
告白に失敗すれば、”無傷”では済まないでしょう。
必ず、何らかのダメージを受けます。

なので”中途半端な気持ち”では告白しない方が良いです。
ダメージを受ける覚悟が無いのであれば、告白など
しない方が絶対に良いです!

例え周囲からチキン野郎と言われたとしても
チキンになった方が良いこともあるのです!

私だったら喜んでチキンナゲットになります^^

…と、チキンの話は置いておいて、告白に失敗した際の
リスク、ダメージなどをまとめていきます!

①精神的ダメージを受ける

ダメ元で告白した人も、いける!と確信して告白した人も
振られれば、やはり多少はショックを受けるでしょう。
中には3日三晩泣きつづけるような人も居るみたいですし、
世界が終わったのかのような、絶望感の中、日々を過ごすことに
なる場合もあるでしょう…。

食事がのどを通らない!なんて人も聞いたことがあります。

告白して断られた時点で基本的には
その相手と付き合える可能性としては「絶望的」です。

ただ、告白さえしなければたとえ1パーセントでも
「もしかしたら」と言う希望を抱き続けることができますよね。

告白してしまうことで、そのわずかな希望も無くなってしまう、と
そういうことです。

特に、「この告白は成功する」と言うような確信を持って
告白して、振られてしまった人ほど、ショックを受け、
立ち直れなくなってしまうことも多いようです。

②今現在の関係が壊れる恐れ

あなたと相手の”告白前の関係”が壊れる可能性があります。
例えば、仲の良い友人同士だったとしましょう。
しかし、あなたが告白したことによってそれが「壊れて」しまい、
友人でもいられなくなってしまった…
なんてケースもあります。

勿論、告白したからと言って、100パーセント、今まで通りの
関係を維持できない、というわけではありませんが、
相手も人間ですから”断った”という事実で
どことなく気まずくなるものですし、
告白した側の人間にとっても、なんとなく引け目を感じてしまって、
結局そのまま距離感が開いてしまう、というパターンです。

「これからも友達で居よう」というのは現実問題、
上手くいくこともありますが、上手くいかないことも多いです。

③言いふらされる可能性も

告白に失敗すると、相手によっては周囲の人間に
「〇〇から告白された~」と言いふらされる恐れもあります。
基本的に多くの人は、心の中にしまっておいてくれると思いますが
中には、周囲に平気で言いふらしたりする人も居ますし、
親しい人に相談したりなどして、だんだんと広がっていく恐れもあります。

基本、告白をしたら、誰かしらに広まる、と考えておいてください。
噂が広まった結果、恥ずかしい思いをする可能性もありますし、
嫌な思いをする可能性もあります。
この点は、事前に覚悟しておかなくてはなりません

④相手に知られてしまう

”自分が相手のことを好き”だと言うことを相手に知られてしまいます。
別に悪い事ではないとは思いますが、
相手次第ではそれを”利用”するような悪いタイプの人間も居ます。

「〇〇が自分の事を好き」と知られることは
場合によってはデメリットにもなります。

弱みに付け込んで何か無茶振りをしてくる人など、
性格の悪い人も中にはいますから気を付けましょう。
(…まぁ、気を付ける、と言ってもなかなか難しいとは思いますが)

⑤嫌われる可能性も

そういう目で見られることを嫌う人も居ます。
「友人」としてなら良いけど、「恋愛」方面で見られていると
途端に気持ち悪いと感じてしまい、
その人の事を嫌いになってしまうパターン。

世の中に実際にそういう人は居ます。
友人としてしか見ていなかった人に急に告白されると
「そういう目で見られていたのか」と冷めてしまうパターン。

そうすると、上でも書いた通り
”今まで通りの関係”で居ることは難しくなってしまいますし、
恐らくは、そのまま疎遠になってしまうでしょう。

仕事関係だとか、そういう間柄だとそういうことも多いです。
「あくまでも”仕事仲間”としてしか見ていなかった」 と、
そういうことになります。

⑥現実を知ることになる可能性

これも①などと少し重複しますが、
告白すれば”現実”を知ることになると思います。
例えば、”相手が自分のことをどう思っているか”

少なくともそれを知ることになるでしょう、

また、相手に既に恋人が居る場合
「恋人が居る」と冷たい現実を知らされることに
なるはずです。

とにかく、告白をすれば”色々な現実”を知ることになります。
それを全て受け入れる覚悟が無ければ、
告白はしない方が良いかもです、

⑦自分の立場が危うくなる

告白する相手が、会社の同僚だったり、上司だったり…
もしくは自分が店長で、相手がアルバイトさんだったり、
その反対だったり…
告白する相手によっては、
”断られることで自分の立場が危うくなる”可能性もあります。

変に気まずくなってしまって、本業に支障が出てしまうパターンですね。
もちろん、学校でもこの危険はありますから、
告白する相手と、自分の現在の関係性を考えた上で、
告白するかどうか、慎重に考えることをおすすめします!

リスクを抑えるためには…

告白のリスクを抑える方法はあるのかどうか…。
リスクを最小限に抑える方法はあると言えばあります。

それは、単純な回答しかできませんが
「告白までにできる限り仲良くなっておく」ということですね。

仲良くなればなるほど、当然告白の成功率は上がっていきます。

ただし、上でも書いた通り、どんなに仲良くなったところで、
100パーセント安全になることはありません。
仲良い!と思っていても、それが”恋愛面”とは限りません。

告白のリスクを0にすることはできません。
告白する以上は、ある程度、傷つくことを覚悟して
告白するしかありません。

断られたら傷つくと思いますし、
場合によっては、嫌な思いをすることもあるかもしれません。

ですが、告白とはそういうモノだと思います。

もしも告白のリスクから100パーセント身を守りたいのであれば
一番良い方法は
”告白しないこと”です。

別に世の中、恋愛をしなければいけない!と決まっているわけでは
ありませんから、告白しないという選択肢も一つの方法ではあります。

まとめ

告白にはリスクがつきものです。
失敗した時は相当つらいものがあるかとは思いますが、
なるべく早く、そこから立ち直るようにしましょう!

いつまでもズルズル引きずっていると、負のスパイラルに
巻き込まれてしまいますから注意が必要です!

ダメだったら次行くか、ぐらいの軽い気持ちで告白した方が
もしも断られた時も、それほどショックは大きくないでしょうし、
思いつめた感じで告白するより、全然良いと思いますよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする