悪天候での自転車走行 体験談と危ない点について語ります

店員Kです!

以前、別の記事では書きましたが、店員Kは基本的に
電車での通勤はしません。
満員電車があまり好きではないのと、
あまり乗り継ぎの面でも良くないので…

あと、電車がなかなか来なくて待たされたり、
人身事故で電車止まったりして、時間を無駄に消費したり
するのが嫌いなのです…(笑)

それなら自転車で行ってしまったほうが時間がはっきりしていますし、
その方が絶対に良いだろう、、とそう思っています。
今では、雨でも何でも、大体自転車です。

今回の記事では、私が今までに走った色々な悪天候
(大雨、台風、雷、大雪)についての話をしていきます。

スポンサーリンク

悪天候での自転車走行

基本的には危険です。
私は(自称)自転車には結構慣れているほうですが、
やはり、あまりにも悪天候だと、結構危ないときもあったり、
ドキッとすることも時々あります。

今回は実際に悪天候の中自転車で移動した経験談と、
危ないと思ったポイントなどをまとめていきますね。
参考までにどうぞ。

大雨の自転車

大雨の中での自転車移動。
これは比較的よくあることです。
傘差し運転はアウトですし、大雨のときは、特に傘をさしても
ずぶ濡れになるでしょうから、
傘さし運転はやめましょう。

私の場合はレインコートで自転車に乗っています。
雨がそれほどでもないときは強行突破したりすることも
ありはしますけれど(笑)

大雨の際の注意点としては、
風向き次第では、目に雨粒が飛び込んできて、
非常に前が見にくいこと、後は水溜りに気づかずに突入してしまって
ずぶ濡れになることですかね…。
歩行者が近くに居る際の水溜り通過にも注意したいところです。

荷物を持っている際は、私はビニール袋に荷物を入れて
カゴに入れています。
そのまま持っていると大雨のときは中身が濡れてしまうので
(一度ズブ濡れになりました)その辺は注意しておきましょう。

滑りやすいのも注意ですね。
鉄っぽい足場のところは滑りやすいので気をつけましょう。

台風の自転車

台風のときの自転車…
これは大雨のとき以上に注意しないといけません。
私も何度か台風の際に自転車で通勤しましたが、
なかなか厳しかったですね…

進む方角と風向きが悪い方向で向かい風になってしまうと、
もうなかなか進めません。
逆に追い風になっていればスイスイ進んでラクなのですが。
(追い風のときはスピードがかなり出るので、その辺は注意しましょう。
逆に暴走してしまって、追突してしまったらお話になりませんからね…)

風が強い場合は、飛んでくるものにも注意です。
私はチラシが飛んできたことがあります
チラシだから良かったのですが、台風の日って重いものも
結構飛ばされているので、そういうものとの衝突には
注意しなくてはいけません。
怪我じゃすまない可能性だってありますから…。

また、これは一度だけしか経験が無いのですが、
風がかなり強い台風のとき、
一軒家の車のガレージの柵?が歩道に飛び出していて
道を塞ぐような形になっていたことがあり、
衝突しそうなときがありました(笑)
これは流石にちょっと恐怖しました。

木が(小さいやつですけど)倒れていたこともあります。

私は乗りますが、台風のときはやはり本来であれば
電車(止まってるかもしれませんけれど…)を使ったほうが
安全だとは思います。
台風の日だと、外に自転車止めておくとズブ濡れになりますし、
風で倒されますし…

雪のときの自転車

雪のときの自転車。これが個人的に一番危ないような気がします。
流石に大雪の日は私も自転車に乗りません。

と、いうのも相当滑りますし、
そもそも雪の積もっている箇所は走行も困難なので、
結局時間がかかってしまいますから…。

雪の日のコツとしてはなるべく路面凍結していそうな箇所
(日陰など)を通らないこと、雪の積もっている場所は避け
車道のタイヤ跡(ただし車がきたらすぐに端による必要があります)
などを通っていくと良いと思います。

幸いなことに雪の日は車の交通量も大幅に減るので
ある程度車道を通行していても、大丈夫だと思います。
車が来るたびに歩道のほうに避難する必要はありますが、
私の経験上では、ほとんど車は走っていません。

ちなみに、雪の場合は止んだあとも大変です。
数日間の間は積雪しているでしょうから、
自転車で走る際には要注意です。

特に日差しの当たらない日陰の部分は危険です。
路面凍結していますから
その部分を通るときは自転車から降りて自転車を引きずったほうが
良いと私は思います
(転倒経験があります…)

また、見えにくくなっている部分もあるのでそのあたりも
注意が必要ですね。

学生のころ、調子に乗っていたら凍結面ですべって
ぶっとんだことがあります(笑)

雷のときの自転車

これも危ないといえば危ないです。
落雷がある場合は屋内へ逃げろ…と良く言っていますし…
私はなるべく雷の際には自転車は運転しないようにしています。
屋内で時間をつぶしたり色々と。。

音がしているぐらいなら良いのですが、
近くでピカピカと光っている中、走るのは危ないのかなぁ…と。

雷が人間に直接当たる可能性はかなり低いのですが、
0ではありません。
不安であれば落雷している最中には自転車…というより
外には出ないほうが懸命だと思います。

霧のときの自転車

私の地方では霧はほとんど出ないのですが、本当に時々、霧が
出ることもあります。
霧の中での自転車走行は、走る分には全然良いのですが、
突然人が飛び出してきたり、車が飛び出してきたりした際には
危険です。
霧が濃い場合、気づくのに遅れて衝突してしまう、なんて可能性も
ありますから気をつけましょう。

私も濃い霧の中、一度だけ自転車で走行したことがありますが、
視界が悪いというのはやはりなかなか怖いものです。

猛暑のときの自転車

これは…ちょっと別問題ですが、猛暑のときの自転車…
これもなかなか地獄です。
とにかく暑い!
私の場合は、とある事情で、長袖しか着れないので
余計に暑い!もはや地獄です。

特に信号待ちとか踏み切り待ちで近くに日陰もなにも
ないような場所で止められてしまうと、かなりキツイですね。
長い信号だともう絶望的です…。

冬場は、私は寒いのが得意なので全然良いのですけどね…

無理してでも自転車に乗る理由…

私が無理してでも自転車で通勤する理由は…
単に電車が面倒だからですね…

電車嫌いというわけでもないのですが
満員電車は嫌いですし、
帰りに、電車がなかなか来なくて帰宅時間が遅くなるのも
個人的には嫌なので、なるべく電車は使わないようにしています。
最初にも書きましたが、人身事故とかもありますし…。

ついでに、日々の運動にもなるでしょうし、
交通費も浮きますから、個人的には自転車の方が良いのです。。

なので、最近は雨でも強風でも何でも、
ほとんど自転車で行ってますね…。

自営業を始めてからもうすぐ1年が経つのですが
確か電車を使ったのは1回ぐらいだったような気がします。

他はすべて自転車通勤です(笑)

流石に大雪が降ったら考えますけどね…

まとめ

悪天候のときの自転車は危険なので、乗る場合は自己責任で!
個人的に特に危ないと感じるのはやはり雪ですね。
一度派手に吹っ飛んだ(笑)ので、怖いです^^

まぁ、大雨にせよ、雷にせよ、台風にせよいつも以上に
危険であることには間違えないので、
悪天候の際に自転車に乗る場合は気をつけましょう!

ちなみに余談ですが、
昨年の春ごろ、左耳が全然聞こえない状態の時期が
2ヶ月ぐらいあったのですが、その間の自転車は
怖かったですね…

左側の路地から車が出て来ていても、分らないのですから…。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする